北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
葉っぱがえし
2013年 10月 03日 | |
今日は用事で郵便局へ出掛けました。すぐ近くの地区のちいさな郵便局です。
用事をすませ、その帰り道、車を走らせると、車のフロントガラスのむこうに釜津田の山並みがありました。
そして風がひゅるる~と吹くと、その山がいっせいにさざめきました―正確には山の木々の葉っぱのさざめき。バサバサバサ~っと、葉っぱを裏っかえしにされながら、でもその裏っかえしにされた葉がいつもとは違う色でさざめくような。

実は、そんなさざめく木々の裏返った葉の色がきれいだな、と思います。
物言わぬ山や木が何かを言うようにも感じます。それくらいの風だから自転車を漕ぐのは大変だっただろうけど、車ではなく自転車でゆっくり外を眺めればよかったな、と少し残念な気が今でもしています。
ちなみに、春の新緑の林、夏の牧草地、家の裏の水路のそばのフキ並木(?)など、木の葉や草のさざめきポイントがいろいろあります。
それはまたいつか。

f0236291_2333526.gif



▼ 釜津田近影。曇天でうまく色がでなかったのですが、山の色がだいぶ褪せてきました。色づきまではあと少し。
f0236291_2344322.jpg

▼ 唐突ですが、いつもどおりふてくされているちゃこさん。
f0236291_23444866.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
<< 秋空の一等地 ページトップ 稲刈りとゆかいな面々~田んぼの... >>
The Original Skin by Sun&Moon