北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
「ミルフィーユの日」(兼)2013年秋まつり録
2013年 10月 07日 | |
ツイッターにも少し書いたのですが、昨日は秋祭り、けれどその秋もまつりもそこそこに、なにやらあわただしい一日でした。
実は秋祭りの途中で山の放牧地で元気に過ごしているはずの子牛が一頭見当たらない、と連絡があり、急きょ山へ子牛を探しに行くことになったのです。
そしてしばし子牛さがし、いろいろありつつひょんなところで子牛を発見、事なきを得はしたのですが、その後も、具合を悪くしていたその迷子牛を家に連れて帰ったり、様子をみたり・・・・・・。

しっかりと「牛が見つかってよかったネ会」もしていたりはしましたが、もう何がなんだか途中からよくわからなくなってきたのが実態です。
でもちょっとだけこうも思いました。「今日一日はまるでミルフィーユのようなだったな」と。
クリームのかわりに「いろいろ」がひたすら重なるミルフィーユ。
今ふと思ったのですが、最初はうまくこなそうと思うけど最後には「えい、やけくそ!」と開き直っちゃうあたりもミルフィーユ的かもしれません。

いずれにしても、そんなわけで今度からあわただしくなった日を「ミルフィーユの日」と呼ぶことにしようかな、と思います。
すこーし、気持ちが落ち着きます。

f0236291_012517.gif


f0236291_015178.gif


f0236291_021854.gif



▼ 秋祭りの串もち。今年は結局食べそびれ。
f0236291_032832.jpg

▼ 子牛捜索隊。子牛の様子はまたあらためて。
f0236291_034874.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
<< 今日もステキ ページトップ 静かなフライパン >>
The Original Skin by Sun&Moon