北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
今年の市場 ~短角子牛のキツネ市場~
2013年 11月 01日 | |
昨日は子牛の秋市場がありました。
こちらでいう年に一度の短角牛の子牛市場で、どきどきわくわくそわそわの日です。
もうすぐ新月をむかえる細い細い月がきりりと白く輝くまだ夜があけぬ3時、4時から子牛積みのトラックがやってきて、子牛とともに今年も市場へむかいました。
市場は二日間あるのですが、昨日はその二日目。なので、子牛を積みにきてくれた牛積みさんから、朝のうちに昨日の市況を聞いたのですが、それがびっくりするような高値だった、という報告。
二日間ある市場のうち、一日目が高値だと二日目は安くなる(その逆もあり)といわれることもあるので、その高値に半信半疑ででかけました。
というよりも、本当に誰もが「え?」と聞きなおすような値自体に半信半疑でもありました。
が。本当にそのとおり。しかも前日よりもさらに高値の取引きで、本当にびっくり仰天。

市場は売る人(子牛売り。私もこっち側)、買う人(肥育屋さん&これからいい子牛を生産したい繁殖用の雌子牛買い)、いろいろです。
それぞれの立場によって、トーンはいろいろだと思うけど、なんにしても昨日、会場には「おー?!」「おぉ~?!」そんなウェーブが巻き起こっていた気さえします。
今まで昔話としてだけ聞いていたけど、子牛はときどきこうやって飼い主たちがびっくりするようなことをするみたいです。すごいな、子牛。

狐につままれたような一日だったな、と思います。
一夜明けて今思うと、今回おおきく買い付けにきたという購買者(そのため、唐突な高値になった)は実はキツネだったのかなとも思います。


f0236291_1145588.gif



▼ 市場の朝。短角牛がいっぱい。
f0236291_11481455.jpg
▼ 「お~」がいっぱい、にも見える(かな)。会場、購買、販売者席。
f0236291_11474043.jpg
▼ 駐車場の牛道具屋さん。子牛の高値に、例年よりもにぎわっていたような気もしたりして。
f0236291_1149246.jpg

▼ 最後におまけ。上のイラストでは字がつぶれてしまいましたが、秋田のSさんが持っているのは「鹿角短角牛のビーフジャーキー」。おすそわけ、いただきました。短角もいろいろ。市場に行くとそういうことも面白いです。
f0236291_11511422.gif




人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2013-11-01 12:05 | ■ 牛のしごと、牛のこと | Comments(6) |
Commented by ひろすけ at 2013-11-01 12:49 x
秋田のSさんには気の毒でしたが、高値が付いたのは繁殖農家さんにとって喜ばしい事でしたね♪♪おめでとうございます。
キツネ市場・・・いつもながらの的を得たネーミングに、本当にキツネではありませんように!とお祈りした私です(笑)
Commented by ゆりりん at 2013-11-01 14:39 x
高値に安値、売る側、買う側、どちらの側にいるかで複雑なのですね。
売る側は高値は歓迎だけど、買って育てようと思って来ても買えないとなると・・・・。
そして高値で買って育てて、いざ成牛の市場で安ければ採算があわないだろうし・・・・。
消費者にとっては安いのは歓迎だし・・・。
あ~考えれば複雑です!
でも取りあえずAKIさんにとっては、ローンにもろもろの請求書がしっかり払えるので、今回高値でほんとに良かったですね。
Commented by 悦ちゃん at 2013-11-01 15:52 x
よかったですね~
手間暇、愛情をかけて育てた牛に高値がついて・・・

ビーフジャーキー、美味しいですよね~
高いのでたまにしか口に入りませんが・・・
Commented by ニシノソラ at 2013-11-01 19:40 x
今まで拝見したイラストの中で、AKIさんの目が一番大きく見開いているような気がするので(笑)かなりスゴイ!出来事だったのですね。ココ半年ほど、ネットのサイト等でも「あまり知られてないけどスゴイお勧め品」見たいな感じのコメントで短角牛の事が書かれていたり、テレビでもちらっとみたことがあるような。東北の事はほとんど知らない私の目や耳にも短角牛の文字がちらほら・・・ますます広まっていきそうですね!
Commented by 和三郎 at 2013-11-01 20:03 x
短角牛の価値が認められてきたということでしょう
生産農家の努力が報われたということです
来年の市に向けて励みになりますね^^
Commented by kamatsuta2 at 2013-11-02 05:14
今回はみんながみんな「異常」というような市場だったので、どちらかというと困惑の方が大きかったかもしれません(請求書の束を見る目は変わりましたが(笑))。
短角牛に対する評価はまだしばらく動向をみないとわらないな、という気もしています。めずらしく、ちゃんと勉強しなくちゃなーとも思っていたり(笑)。
なんにしても、狐じゃないといいな、とやっぱり思います(笑)。

昨日から稲こきをはじめました。今日が本番。今夜はきっと新米ですYO!
<< ボン! ページトップ 脱穀機の勢い >>
The Original Skin by Sun&Moon