北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
はるちゃんのご機嫌な一日
2013年 12月 04日 | |
f0236291_9295094.gif



そう、唯我独尊、マイペース。はるちゃん・・・だけじゃなく、牛は結構かっこいい。
けれど狭い狭い牛舎の中であの巨漢(成牛は600~700キロくらい?雌の場合)。
へんなところでつまずけば、何がおこるかわかりません(チビでさえ怖かったし!←プチ・トラウマ)。
いやいや、そんなことだけではなく、いつもと違う食べ方をすれば調子が悪くなることも。
そういえば、放牧地なら、人目がなくてもあまり心配することはないのになぁ。
なんだかちょっと逆みたい。牛舎と放牧地の違いをちょっと思いました。
それに先日のみすぎて具合を悪くしたことも・・・。

なんにしてもこれからはやっぱり牛を気にしつつの季節。
気持ちを少し(少し?)引き締めなおし、頑張る所存のところです。


▼はるちゃん。ぶれぶれー。(注:はるちゃんは私のかわいがっている親牛の一頭です。最近登場していなかったので念の為補足デス)
f0236291_9301563.jpg
▼ それから昨日はハウス仕事も(山仕事帰りのTAAさんにたのむ、の図)。冬野菜(自家用)を少し播いておく計画です。
f0236291_9312859.jpg

そして今朝は氷点下4度(8時すぎ)。外は真っ白な霜の世界の釜津田でした。



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2013-12-04 09:41 | ■ 牛のしごと、牛のこと | Comments(4) |
Commented by 悦ちゃん at 2013-12-04 14:38 x
大事にならないでよかったですね~
でも自由な外の世界(牛舎外)に出て行かないのは、牛の防衛本能なのでしょうかね~
外にはもう食べ物がないことを知っている?・・・
Commented by ゆりりん at 2013-12-04 17:59 x
私がはるちゃんでも、きっと好きなだけ自由を謳歌した事とでしょう。
だってついこの間まで、全て自由だったんですもの。
もちろん、ふすまに乾草もたらふく食べたに違いありません。
でも、人間も牛も飲み過ぎ食べ過ぎには注意ですよね(笑)

そうでした、子牛ちゃんの前足のけがは完治しました?

それとハウスは雪が降っても大丈夫なんでしょうか?
Commented by 芋焼酎 at 2013-12-05 04:26 x
冬野菜の種まき?ですか。釜津田でいくらハウスの中とはいえこの時期に播いて育つのですか?先日、家庭菜園を始めた須磨の素人の疑問です。アキ先輩、教えて下さい。

Commented by kamatsuta2 at 2013-12-05 09:00
芋焼酎さん、ホウレン草や小松菜などは冬作物として出荷をしている人もいますよ。なので冬の間に育てられるものもあるので、家庭用に何種類か播いてみようかな、というところです。ただもう大分寒くなったので、年内に播かないとさすがに芽はでにくいかもですが、暖かな日をねらって、ハウス内にトンネルなどもすればいけるかな、と思っています。かくいう私も冬のハウスははじめてなので、まだ試行錯誤です。失敗したらご報告します(笑)。

悦ちゃんさん、ゆりりんさんもいつもありがとうございます。子牛の前脚はまだちょっと悪いです。でも元気ですよ。ありがとうございます☆
<< 肉球数え ページトップ 今年の流行語 >>
The Original Skin by Sun&Moon