北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
ビネガー少年の少々の憂鬱
2013年 12月 10日 | |
今日は日中10度近くまで気温があがりそうな予報の釜津田です。雨も少し降るのかな。この何年か12月も雨の日が増えたな、とふと思うこの頃でもあります(以前は12月と言えば雪だったケド)。

さて、昨日ツイッターにも少し載せたのですが、先の週末は薪ストーブの煙突掃除もしました。
冬の間はだいたい月に1回くらい?今回は少し早目でしたが、寒さが厳しくなるのにそなえる寒さ対策のための掃除。そう、煙突の掃除をするとストーブの薪の燃えがよくなって、断然あたたかくなるのです。
パチパチパチ、薪のはぜる音も軽快に。

と同時に、冬はストーブは調理器具のひとつ。朝のお味噌汁、ちょっとした炒め物、湯沸し、煮物・・・時間のすこしある日には一切ガスを使わないごっこにもえ、薪をくべては鍋をあげさげ、プチサバイバル調理も楽しみます(時間があるときだけだけど)。
となると、いろいろと使い勝手も気になるところ。そのせいか、このところ急激にストーブ回りの小物が充実。
火ばさみスタンド、サイドテーブル、軽い薪入れ・・・。あぁ便利。ちょっとのことで暮らしってよくなるのだなぁ、としみじみです(大げさ)。

が、その横で「ヴ~~~~~」とビネガー少年は恨み節。
なにはともあれ、みんな大好き、冬の薪ストーブまわり。

f0236291_5495853.gif



▼ パチパチパチ。
f0236291_5501371.jpg
▼ 煙突掃除の午後。
f0236291_5502410.jpg


最後に。昨日は「鳥取」の漢字を間違えてしまいました。鳥取のみなさんすみません。そしてお詫びして訂正デスー。

人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
<< 町の小さな編集室 ページトップ 砂丘と砂漠とタペストリー >>
The Original Skin by Sun&Moon