北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
風待ち人
2013年 12月 25日 | |
今朝は氷点下9度の朝だったという釜津田です。
伝聞系なのは私が実際に温度計をみていないからなのですが、とにかくそういうことみたい!
突然に、凍み豆腐、凍み大根づくりの季節だな・・・と思ってしまった今朝でもあります。

さて、このところ、雪にうかれる話が続きました。
雪無し県で育ったせいか、雪はいまでもはしゃぐ対象でもある私なのかもしれません。
わー!きゃっ!パシャパシャ(カメラのシャッターの音)♪ ・・・そんなはしゃぐ人間のまわりにはいたって冷静な人たちがいるのが世。我が家もまさにそんな感じ。
雪景色を窓から眺め、義父は大きくためいきをつきました。
「風が吹かねぇなぁ」

TAAさんいわく、この時期に吹く風は山の木に積もった雪を吹き飛ばしてくれるのだそう。
木の上に雪がいつまでもあることは、山の木の枝折れをおこしたり、山仕事自体が滞ってしまうことも。雪の積もった山の木の下で作業をすると、ドサッと雪がおちてきて、まるでコントのようなんだよねーと、そんな話も聞いたことがあります。

それで義父は風待ち人。
山の中ではいろんな風を待つのですが(下の「釜津田・風物語り」参照~)、こんな季節にも風が大事なんだな、と思います。
風もすごいし、人もえらいな、ともなんだかちょっと思います。

f0236291_1015695.gif



釜津田・風物語り
1 風を読む人々 
2 ハウスに乗ってどこまでも
3 風を読む人々2 

人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2013-12-25 09:30 | Comments(4) |
Commented by ひろすけ at 2013-12-25 12:37 x
シリーズ物?を載せて頂いてありがとうございます!!
8年以上前のなんて、凄く懐かしかったです❤
春や夏にそちらへお邪魔する途中、大規模林道を通る事が多いのですが、確かに枝が折れていたり、木全体が逆Uの字に湾曲していたり・・・雪の多さを物語っているのだろうと主人と二人いつも話しています。
この時期の風は冷たくて、出来れば吹いて欲しくないけれど、実はとっても大きな役割があったのですねー。
枝(木?)切りは冬場もされているんですか?
Commented by 悦ちゃん at 2013-12-25 13:18 x
ほぼ雪降らない所で?十年 雪は大変と思っても・・・滑る 、お使いに行くのが億劫程度
山の木の大変さまでは想像できませんでした

厳しさを体験したればこその春の幸せもあるでしょうが・・・
Commented by ゆりりん at 2013-12-26 01:11 x
冬の北風は、寒がりのわたしの体感温度を下げるので苦手でした。
でも時と場合、いえ場所によっては、冬の寒い季節でも風がとても必要なのですね。
これからは、単純に風が強くていやな日だなと思わず、山やいろんな場所で風さんなりの役割をはたしているんだわと思うことにします。
そしたら、ちょっぴり北風が好きになるかも。
Commented by みゆ at 2013-12-26 01:30 x
風は、ただ吹くだけじゃなくて
いろいろ役立ってくれているのですね。

風を待つお義父さま、なんだか渋くてかっこいいです。
<< ヤジバの伝説 ページトップ 雪の顔コレクション >>
The Original Skin by Sun&Moon