北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
1月の畑
2014年 01月 27日 | |
この週末は不思議な天気だった釜津田です。
土曜日はものすごくあたたかく、あちこちで雪解けがありました。けれどそれも束の間で、翌日(つまり昨日)は吹雪。でも雨もふったりして、本当におかしな天気でした。みなさんのところはどうでしたか?

さて、そんな天気に驚きつつ、あんまりあったたかくなっても困るなぁ、とぶつぶつも言いつつ、でもせっかくあたたかくなったので、外を少しぶらぶら。1月の畑をみてきました。

まずは、この黒い扉をとおっていきます。
f0236291_5544568.jpg


といっても、雪で動かない扉なので、この隙間からずずずいっと。
f0236291_6195858.jpg


すると、こんな世界がひろがっています。わーい!
f0236291_625317.jpg

あたり一面こんな感じ。冬の畑は真っ白けです。


けれどよく見ると畑のなごりも・・・。元ネギ畑のネギの緑。
f0236291_683668.jpg


元食用菊畑のわびさび食用菊。
f0236291_694314.jpg


そしてこれは大根穴の目印。
f0236291_611856.jpg

一瞬ドキッとしちゃうけど、この下には大根が藁と土におおわれて寝かされています。大根穴からほった大根は春までつやつやぴかぴかです。でもまずは、この雪をほることがちょっと大変・・・!

ハウスは雪まみれ(吹雪のあとだったので余計に雪まみれですが、うー、さむさむ!)。
f0236291_6123961.jpg

今年はそうでもないですが、雪が沢山積もったりすると雪の重みでハウスの骨がゆがんでしまうことも。そのため、少し丈夫な骨組みを使います。車もハウスも寒冷地仕様。けれどこんな冬のハウスでも育つ作物があって、たとえはそれは花ワサビやほうれん草など。特にほうれん草は、最近は「寒じめ」ほうれん草がこちらでよく作られています。私は今年植え付けに間に合わなかったけれど、来年は自家用分だけも何か上手に作れたらな、と思っています。

ネコたちは、あわよくば暖かな家の中へ・・・と思っているとか、いないとか?!
f0236291_6161726.jpg



と、1月の畑は白くて寒くて何にもないようだけれども、よく晴れた日にはなかなかきれいな景色がひろがります(デントコーン畑)。ときには外をこうして見て回るもいい冬の畑です。
f0236291_617204.jpg




人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
<< ちょっとパタパタ中 ページトップ ちゃこさんにごめん >>
The Original Skin by Sun&Moon