北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
カラカラコロン
2014年 03月 14日 | |
少し前のことですが、、、彼らは時々ちょっぴりお茶目。

f0236291_6115780.gif




ところで今年はとてもすごいことを知ってしまいました。

f0236291_6121938.gif


ザ・農村’s ポジティブシンキング。なんかすごいなーと思っています(そのポジティブ?さと関係性を)。

(関連リンク)
http://kamatsuta2.exblog.jp/20286862/(”彼ら”について&一寸二分の魔法)
http://kamatsuta2.exblog.jp/21108567/(寒さと彼ら)


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2014-03-14 06:39 | Comments(7) |
Commented by 悦ちゃん at 2014-03-14 07:03 x
AKIさんは早朝に起き、家事や牛さんの世話を立ち続けでずっとしていらっしゃるのだろうと思っていましたので、コーヒーを楽しんでいる時間もあることを知りホッとしました

私も毎食後、楽しんでいます
美味しくて香りが良くてなんと素敵な飲み物だろうと毎回思いながら・・・

Commented by タック at 2014-03-14 11:33 x
今年も何箇所かのお雛様めぐりをしてきました。

吊るし雛の飾りひとつひとつの云われを知ると見方も
変わりますね。
Commented by BARON at 2014-03-14 11:51 x
そっか、AKIさんはチューチューが苦手なんでしたっけね。
よりによって苦手な人のところに出現するんですよね!!
勘弁してほしいわと思いますよね!
Commented by みゆ at 2014-03-15 09:54 x
ネズミ=豊作の証なのですね。
作物がたくさん収穫できると、蔵がいっぱいになる。
蔵がいっぱいになると、ネズミのエサも多くなって増える…、ということでしょうか。
本当、こういうポジティブシンキング、いいですねー。
「愛すべき考え方」という気がします。
Commented by ZRX1200 at 2014-03-15 20:32 x
しばらくです ネズミさんも、ドジふんじゃいましたねww
前に話した事が有るかもしれませんが、家では婆さんが居る頃は、新巻き鮭を自宅で造ってました。
ある朝、カーテンを開けていない縁側のガラス戸が「ガタガタ」。カーテンを開けたら、猫さんが新巻にかぶりつき、窓枠に爪をたててぶら下がってました。目線は同じ高さ。突然のはちあわせに、僕も猫さんも一瞬止まりました。僕と同じに猫さんも「ナヌッ?」っと思ったでしょうね。
Commented by ゆりりん at 2014-03-15 23:12 x
なんと!! ミズキ団子でネズミまで作っちゃうとは、なんてユニークなお義母さまなんでしょう。
でも、ネズミまで豊作になってしまわないか心配でございます。
Commented by kamatsuta2 at 2014-03-16 06:11
>悦ちゃんさん、朝のコーヒータイムは欠かせないです。結構のんびりしていますよ。ふふふー。

>タックさん、お雛めぐり、いいですね。一度ゆっくり行ってみたいんです。言われもいろいろ知りたいです。いつか教えてくださいね!

>BARONさん、そうそう苦手なんです。でも鉢合わせしない限り気づかなかったふりを決め込んでいます(笑)

>みゆさん、そう、愛すべき考え方ですよね。困るところもいいところも、考え方や場面場面で違うんだな、と思います。(あ、真面目(笑))

>ZRXさん、その状況、なんだか目に浮かびます(笑)。車の事故の多い季節、気をつけてくださいね。

>ゆりりんさん、義母だけではなくこちらでよく作られていたものみたいですよ。へー!ですよね。ちなみにみんなの話をよく聞いていると、彼らのことは「ネズ公」「ネズこ」などと呼ぶ人が多いみたいです。余談でした(笑)。
<< 昨日は牛の日 ページトップ お産の季節 >>
The Original Skin by Sun&Moon