北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
過ぎてしまった春風の話
2014年 06月 06日 | |
今日は前置き無しでイラストへ↓。
f0236291_9511359.gif


そして、昔の人はマメだなぁ!としみじみ思うこの頃です。ふぅ(羨望のため息)。


▼ ところで先日はちょいと山へ。放牧地のあたりではツツジの花が見ごろでした。
f0236291_1050420.jpg
▼ 見ごろ。
f0236291_10503025.jpg
▼ 一方、今日は放牧地の作業日(うちではTAAさん)。それにあわせて先日生まれた子牛と親牛も山の放牧地へ行きました。
f0236291_1050535.jpg
▼ そして最後に「季節暦」。今日から芒種。種まきや麦の刈りいれ、田植えの目安の時期だとか。イラストは北限のお茶のひとつといわれる気仙茶(陸前高田市)の茶摘みです。
f0236291_10514448.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2014-06-06 11:02 | ■ ダメ嫁ぶりのこと | Comments(6) |
Commented by yuko at 2014-06-06 13:13 x
AKIさん、TAAさん こんにちは(^O^)
昔の人はマメだなぁ~ ですか?たしかに...昔は機械も少なくほとんどが手作業でしたね~最近思うのですが、昔の日本は四季があり春夏秋冬が分かりやすい季節だったような気がします。ここ数年、春と秋が短いように思います。 そして朝晩と日中の気温差が激しいです!
新潟県でハウス野菜を作っている方が、「室温管理が大変だと」言ってました。 だから、春風大根づくりのタイミングが難しかったのではないでしょうか? ところで春風大根作りとは、切干し大根の事ですか?
自然相手の仕事は大変ですが、負けないでガンバッテください♥
いつも空から神様が見守ってくれてますよ!
 
Commented by 悦ちゃん at 2014-06-06 13:20 x
群馬では冬の空っ風を利用して大根を干し、沢庵を漬けています(私はしたことがないのですが・・・)
岩手では切り干し大根なのですね~
来年こそは是非AKIさんも挑戦してみてくださいね
Commented by ゆりりん at 2014-06-06 14:50 x
同じく、昔の人は本当にえらかったと思います。
そして同じく、季節があっと言う間に、移り変わるのも・・・・・。
一か月の、いえ一年の早い事・・・年とったせいかな?
本当に一日一日を大事にと思う今日この頃であります。

つつじ、とってもきれいですね~行ってみたくなりました。



Commented by ZRX1200 at 2014-06-07 16:32 x
寒い風も利用してしまう、人間の知恵ですね。寒いのは大嫌いだけど、その中で努力工夫して生きる人間の姿が大好きです。
「春風大根」売り出しましょう。
何で、凍み大根、切り干し大根、あんなに美味いのでしょう萎んで繊維状になった所に、味噌汁とかの味がしみ込むからでしょうか?とても美味しくて好物です。
Commented by ろうばい at 2014-06-09 00:38 x
おっとー忘れていました「季節暦」
「小満」切り取ってファイルに保存して「芒種」にしなくちゃアセ・・
「春風大根」おいしそう~サラダ風の酢の物に良さゲ!
こちらは冬の寒風の頃につくります

テシバ なるほどね~
そういえば 春先に楽をしようと「手無しササゲ」なるものの種を撒いて楽しみに待ってました
しか~し 待てど暮らせど芽が出てこない!
安物だったから 腐ったのか はたまたひからびてダメになってしまったか?!とほじくってみました
!?! 影も形も無い ナイ!?!
カラスに穿られてしまったカモカモ・・・・・残念!
Commented by kamatsuta2 at 2014-06-09 05:31
yukoさん、少し間があいてしまいました。朝晩日中の気温さでハウスの管理が大変、というのよくわかります。そうなんですよね。春風大根は切り干し大根です。春風で作るのがいいな!と思ってそんな名前にしてみました。

悦ちゃんさん、はい!来年こそは!(と毎年思う(笑))

ゆりりんさん、年々、年も季節も時間も早くなります・・・ね(笑)。つつじ、今がちょうどいい季節です。山の緑もきれいなのでなおさらなんですよ!

ZRXさん、私も思います。なんであんなに美味しくなるのでしょう!私も大好物です!

ろうばいさん、手無しササゲ、残念?!がっかり!!
<< 咲いてしまったフジの花の話 ページトップ 木のテシバとササギのテ、つづき。 >>
The Original Skin by Sun&Moon