北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
咲いてしまったフジの花の話
2014年 06月 09日 | |
今朝同じタイトルで別の記事を書いたのですが、なんだかちょっと違うなぁ、と思ってしまい、書き直すことにしました。
今朝のものを見てくださったかた、ごめんなさい(コメント、ありがとうございました。うれしく読みました!)。

と、あらためて、書いていたのはフジの花の話。山に(こちらでは)ふじ色の滝のようにみえるあのフジです。
どこにでもきっとそんな話はあるのかな、と思いますが、こちらでもフジの花はきれいだったり、山仕事的には困り者だったりするということとはまた少し違う流れで、暮らしに便利な一面ももっています。
それはマメ(大豆)の播き時を教えてくれる役目。
今時のマメ播きではなく小さな畑でいろいろな作物をつくっていた頃の(つまり少し前の畑での)ことなので必ずしも今にあてはまることではないのですが、マメ播きはフジの花が咲く頃がちょうどいいというものです。
しかも、それはなんと気候的な話だけでなく、山に棲むハトをも巻き込む壮大な話!

カレンダーでもテレビのニュースでもインターネットでも、今はなんでも教えてくれる時代。
だけど(だから?)こんな話は貴重で素敵。もうわかっているかとは思いますが、断然うっとりしてしまいます。
それに加え、昨年から愛しの納豆作りのためにマメをおままごと畑に播いたりしていると、それをますます感じます―「フジの花 いまかいまかと待つうちに 何故か咲いてた 悲しき春(AKI)」を過ぎれば(つまり播きそびれた)さらに、うっとり度は増すばかりです。

ブザーでも開花音(着信音風に)でもバッチでも教えてくれない自然の流れ。それを知るってすごいなぁ。長くなったり、紆余曲折あったりしましたが(書き直しのこと)、少し前のフジの花が咲いた頃、今年はそんなことを思っていました。

f0236291_1050192.gif


ちなみにこの話は、ときどき行く町の資料館(岩泉町歴史民俗資料館)調べ。
資料館はいつも楽しいです。
▼ いつもありがとうごうざいます。資料館な二人(Mちゃんは当時)。
f0236291_1112025.gif
▼ そしてフジの花。(去年の撮影)
f0236291_112216.jpg
▼ マメ(ハトの好物期)。
f0236291_112862.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2014-06-09 11:12 | ■ マメなマメの話 | Comments(9) |
Commented by ひろすけ at 2014-06-09 13:28 x
気にしていたはずなのに・・・そうなんです、ちょこちょこ見ているうちは一向に変化がないのに、ちょっと気を緩めてしまい、ハッと気づいた時にはもう・・・私もよく仕事で電話をしなければならない時間を逃してしまいます(泣)
気を付けていた時は尚更に、ショックは大きいですよね(ToT)
鳩が動けない時期、というのは知りませんでした。先人の知恵って本当にすごいですね。
山の藤の花は(木は?)、街中でみられる棚に這わせたのに比べると凄く大きいですよね。種類が違うんでしょうか???
Commented by miho at 2014-06-09 15:45 x
マメの蒔き時を知るために、というのはうそですが、山の藤を植えてるんです。トタン屋根の小さな車庫兼作業場が、藤棚っぽくなってきました。だから、咲きそうなときはわかりますよ。
(ついでですが、ここ、雨天バーベキュー決行の大切な場所です。)

FBでひとつめの記事のことも知っていたのですが、見逃してしまって、ちょっと残念かも・・・。
Commented by rui at 2014-06-09 16:30 x
今年、ミドリのカーテンにと思い、パッションフルーツとキワーノを購入し、ゴーヤはもらってきました。でもAKIさんみたいにお世話をしないで人任せ( ̄。 ̄;) しかも実がなる(予定)ものばかり・・・ニヤッ
マメなAKIさん、尊敬です❤
Commented by りくりいさたろ at 2014-06-09 16:37 x
なるほど勉強になりました。
福島にもこの花が咲いたらこの種まいてみたいなのはあると思うのですが、、、。
オクラはお店に苗が並んだら種まくのがいいらしいです
なぜなら寒さにとても弱くて無事に育たないとのこと
私も何回もだめになりましたので、、、。
Commented by ゆりりん at 2014-06-09 17:01 x
フジの花と豆蒔きとハトの関係面白かったです。
昔の人は自然から、色んな事学んでたんだなぁと改めて実感しました。

フジの花と言えば、先月の半ば過ぎ、新潟に山菜採りに行った日の事。
杉の木に絡みつき、てっぺんまで上り詰めたフジの花が、緑の中とてもきれいでした。
山のあちこちにそんな光景を目にし思わず”わ~きれい、まるで紫色に飾られたクリスマスツリーみたい”と言ったら、地元のいとこが”山の持ち主が、手入れしなくなったんだよね”と一言。
初めて山のフジって木を痛めるから歓迎されない植物と知りました。
見る側だけならとてもきれいなんだけど・・・・。

母はいつも蒔いた豆をハトさんに食べられてます。
見られない時間にと、早朝や夕方にと工夫してましたが、いつもハトさんの胃袋へ・・・。
どこで見てるんだかと地団駄踏んでましたが、時間ではなく時期だったんですね。
納得です。母に教えねば。もう食べられたかな?


Commented by きむごん at 2014-06-09 19:45 x
自然からのシグナルを敏感に感じることって大切ですね。
私も空を見上げながら季節を感じることが大好きです。
Commented by ろうばい at 2014-06-09 23:53 x
ありますよね~そうゆう事 各地によっていろいろ
自然から学ぶ!最近の異常気象も対応できてるか 不安ですが
さすがAKIさん 芽の付け所がwwww
(わたしもいつも蒔き時 苗の植え時間違えてばかり。。。とほ)
ハット!? そういえば
手無しササゲ ハトさんのご飯になったのカモ?じゃなくて~
Commented by ろうばい at 2014-06-09 23:56 x
www!
ブログランキング ポチ!っとして 確認したら
ナント 5000!っとなってましたあ~
Commented by kamatsuta2 at 2014-06-10 06:00
ひろすけさん、なんだかちょっとほっ(笑)。ありがとうございます(笑)。フジの花、そういえば種類はどうなんでしょうね。考えてことがなかったです。へー!

mihoさん、FBもみてくださっていたのですね。昨日の朝の分は、今日載せようと思ってます。せっかく描いてもったいなくなったので。いろいろすみません~☆

ruiさん、緑のカーテンも今はお洒落になったのですね。パッションフルーツのカーテン・・・素敵そう。あ、私はマメじゃないです!(といばる!)

りくりいさたろさん、オクラ、そうなんです。寒いと芽がでないんですよね。なるほど、苗がでてからならいいですよね。なるほど!

ゆりりんさん、そうなんですよね、フジは山の手入れ的にはあまり歓迎できないみたい。うちでもフジのあるところは「荒れてるー」って思う見たいです。ハトの地団駄、わかります(笑)時間でも時期でもなく食いしん坊のハトにはやはり勝てないのかも(笑)。

きむごんさん、空もいいですよね。私も同感です。

ろうばいさん、あ、「芽」のつけどころ(笑)。ランキングもいつも気にしてくださってありがとうございます。むむ、やる気!(笑)
<< 自省の歌の生れたところ(咲いて... ページトップ 過ぎてしまった春風の話 >>
The Original Skin by Sun&Moon