北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
手を叩く道
2014年 09月 02日 | |
遅ればせながら先日乾草とり(二番草)が終わり、少しほっと一息な気持ちの9月のはじまりです。
オクラもこれからは少し収量が下がる時期で、あわせて生活もオクラ中心からこれからはじまる秋仕事などを中心に考えるような時期になってきました。わが家だけ、かもしれませんが、そんな感じで作業も暮らしも毎日も、一年の中でいろいろな流れがあるなぁ、とあらめて思うこの頃でもあります。
そうしてそんなこんなな変化の中で、またここもすこし張り切って楽しもうかな、そんな風にも思っています。どーぞよろしく。

さてそうして長らくのんびり更新をしていた間、こちらはすっかり季節がかわってきています。
その一番は田んぼかも。どこの田んぼも一斉にスズメ追いのテープが張られ、今年一番早く穂をたれはじめたのはどこの家の田んぼか、そんな話題が楽しみのひとつ。
わが家でも、パン、パン、パン!朝な夕なと畦道を手をたたきつつゆく人が、、、。

畦道の奇行、もとい、田んぼのスズメ追いは季節のお仕事、重大任務。
ヘンな人・・・・・・とは小さい声でだけつぶやいて、その背をながめる季節のこちらです。

f0236291_9412354.gif



▼ 手を叩く道。
f0236291_9481581.jpg
▼ ちなみに今年の新作スズメボイ(追い)。ロボットみたいでちょっとかわいい。雨降りで少し残念なショットでした。
f0236291_9483893.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 朝、雨につき。 ページトップ 山のシガワリ >>
The Original Skin by Sun&Moon