北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
いつもより痛め
2005年 09月 14日 | |
昨日から、秋の大仕事のひとつ、サイロ詰めがはじまっています。
サイロ詰めは、牛の大好物のデントコーンをサイロ詰めて飼料をつくること。
わが家では親牛10頭分のサイロを用意するのに、3~4日かかります。
大規模な牛飼い農家では、一週間以上かかることも。
時間と根気を要するサイロ詰めですが、これが終わらないことには、夏の間放牧地にいる牛たちを、冬、家に迎えることができない・・・。
そんなわけで、釜津田では、只今サイロ詰めのシーズン。
あちこちで、デントコーンを刻むカッターの音が響いています。

そして、今年のわが家のサイロ詰めはこんな感じで、さらにいつもより痛めです。
f0236291_21502089.gif

f0236291_21505626.gif



今年のデントコーンは実がよく入って、大きくて頑丈。
だから、当たるといつもより痛め。
でも、TAA曰く、痛い痛いも豊作のうち・・・みたいです。
f0236291_21513236.gif


もしかして、騙されてる?

▼ サイロ詰め概要。
f0236291_21493751.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 太陽電池仕掛け ページトップ 9月18日 ユイトリで大忙しの日々 >>
The Original Skin by Sun&Moon