北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
インスパイア・ザ・ネクスト
2007年 09月 19日 | |
今日からやっとサイロ詰めです。
今年は例年よりちょっと遅め。早く終らせてすっきりしたかったので、やっと、といった感じ。

サイロ詰めは、牛の飼料作り。デントコーンを細かく刻んでサイロに詰めておくのです。
って、書くと一行ですんでしまうのですが、牛11頭分の冬(約半年)の餌なので、結構な量がある。
近所の人に手伝ってもらって数人でとりかかっても3日~4日ぐらい。
デントコーンを刈る係、刻む係、サイロの中で踏みつける係があるけど、私はたいてい踏む係。
踏む係は一日中、約8時間サイロの中ですごすことになる。こうなるともう我が家だ。

だけどその期間限定数日間の我が家は風通しがほとんどなくて、ひたすら暑い。喉の渇きが一番つらい。
だから今年はペットボトルのスポーツドリンクを持参してみることにした。
適当なところに置いておくとあっという間に刻んだデントコーンに埋もれてしまうし、ポケットにいれておくわけにもいかないので、天井からぶらさげて。

これが結構よかったです。今時ど根性の部活動だって練習中の給水があたりまえの時代(私が部活に燃えていた青春時代は練習中水を飲んではいけなかった。時代は変わるのだ~)。
サイロ詰めだって給水が最先端のはず。何よりも、「我が家」は快適にあらねばならぬ。
どうせなら、今は変哲もしゃれっ気もないサイロも進化して、いつか車みたいにドリンクホルダー搭載とかになったら素敵ないものか。

インスパイア・ザ・ネクスト~自画自賛、大絶賛提案中!とか思ながら、つまり長時間作業で集中力を欠きながら、今年もサイロ詰めの秋を過ごしています。

f0236291_2223922.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< ジョーズのテーマ ページトップ サイロ詰めのリズム >>
The Original Skin by Sun&Moon