北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
今年のポチ
2009年 09月 22日 | |
さて、マツタケ話に続き、今回もサイロ詰め話がしつこく続いておりまする。
サイロ詰め、以前は頭の上から刻んだデントコーンの塊が、アメアラレのように、いや、親の敵のように降って来て、それに痛いとうめいたり、刻み係のTAAに逆恨みを抱いたりが常でした。
それが、秘密兵器の登場により、革命的に快適(と言い切るかどうかは迷うけど)になったのは四年前のこと。

以前にも書いたけれど、肥料袋をつなげただけなのに、それをカッターの煙突(刻んだデントコーンが飛び出してくるところ)にとりつけただけなのに、本当に快適。
近所のTさんの家のサイロ詰めで目撃して以来、真似しはじめたのがことのはじまりなのですが、その快適さにすっかりはまり、今年ももちろん大活躍。
特に今年はその出会いからちょうど5年の記念すべき年ということで、
袋の色使いから縫い合わせるためのテープの配色、さらには補強ゴムの採用に至るまで工夫をこらし、気合いを入れて作ってみました。

通称”ポチ”と呼ぶそれの、今年版はこんなもの↓。
ついでに作り方も載せてみました。あくまで我が家流ですが。
備えあれば憂いなし。いつ、どこで、どんな理由でサイロ詰めをすることになるかわかりません。正しく覚えておくと、いつかどこかで役に立つ、かも。

f0236291_22264413.gif


f0236291_222777.gif





AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2009-09-22 22:25 | ■ 牛のしごと、牛のこと | Comments(0) |
<< ちょっといい場所 松川温泉 ページトップ 噂の真相 >>
The Original Skin by Sun&Moon