北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
センチメンタル・サイロ詰め
2014年 09月 27日 | |
更新がうっかり滞ってしまいましたが、このところ、サイロ詰めをしていました。
サイロ詰めは、冬の間の牛の餌の準備の仕事。飼料用デントコーンを刈って、刻んで、サイロに詰める作業です。
毎年恒例なので毎年毎年作業自体は同じなのですが、毎年恒例なのに思うことはちょっとずつちょっとずつ違っています。
特にこの何年かは深刻な?人手不足(わが家も近所も)。近所同士や知り合い同士で声をかけあい、手伝いあっていた作業のやり方もなかなか思うようにいかなくなってきたのです。うーん、悩める過疎高齢化?!

いずれ、そんなこんなで今年のわが家はいよいよ(?)”家どおし”。それは、家族だけでコツコツ作業をすることです。
コツコツ・・・すなはち、黙々、地味地味?

自由な時間、気ままな段取り、オヤツだって独り占め!もちろんそんな気楽なところもあるけれど、やっぱりもう少し人がいた方が楽しいな、とも思いました。
ヒトって財産。大事にしなくちゃ。それは一番思いました。

f0236291_205912.gif


f0236291_2059246.gif


で、これを数日ひたすら繰り返す。・・・・・・・つかれる!!
そうして、夜に思うのは、あぁ、懐かしきあの頃のこと。そこにあるのは、賑わい+尊敬のきっかけ。

f0236291_20594891.gif



さて、わが家のサイロ詰めはいったいどんな方向へ?
TAAさんは悩み、私はハラハラ。来年以降が楽しみなような怖いような気もしてきたそんな今年のサイロ詰めでした。

(ちなみに、過去のサイロ詰めについては、こちらから。いろいろありました→サイロ詰めいろいろ

▼ デントコーン運びの「はっ!」(後方の色づきはじめた山も注目)。
f0236291_2154123.jpg
▼ 渾身のロープ締め(運搬前の大事なひと手間)。
f0236291_2154525.jpg
▼ デントコーンの根元はそろえて。(手作業仕事の密かなポイント)
f0236291_2291624.jpg
▼ そうして次は、センチメンタル・稲刈りへ。週明けくらいから。
f0236291_21553816.jpg
▼ そして静かな夕暮れ時。
f0236291_21562686.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2014-09-27 22:13 | ■ 牛のしごと、牛のこと | Comments(11) |
Commented by 伊達っ子 at 2014-09-28 08:41 x
サイロ詰め本当にご苦労様です。
デトコーンってかなり大きいんですね。
ロープ締めが渾身の綱引きのように見えます(^^;
「人は財産」とても良い言葉です。東京に住んでいると助け合いの大切さを忘れてしまうので身に沁みました。
稲がすっかり垂れ下がり豊作の予感が見て取れます。
次は稲刈りと大変ですが頑張ってください(^^v
夕暮れの写真がいいですね。これを見ているだけでお酒が進みそうです。
Commented by うるかす妻の夫 at 2014-09-28 08:59 x
こんにちは。
毎年恒例のサイロ詰め話。今年で何回目の話だろう? でも、そうですか、今年は高齢化と人手不足の話ですか。以前の賑やかだった頃が読んでいる私も懐かしく思い出します。
Commented by 悦ちゃん at 2014-09-28 15:39 x
高い背丈のデントコーンを刈るのも、サイロ詰めの際の足踏みも大変な力仕事 どんなにかお疲れだったかと思います
AKIさんは謙虚なので「イライラ光線を出す」と書かれていますが、じっと作業をなさっていたことでしょう
本当に本当にお疲れ様でした!!
Commented by ぴーまん at 2014-09-28 16:18 x
サイロ詰めの風景とっても懐かしいです。万歩計の件とか(笑)
実家でも恒例行事でした・・・今は熊の被害がハンパないとかでやらなくなりました。でも、高齢化で人手がないのも大いなる理由かも。ものすっごい重労働ですからね。真夏の乾草入れも然り。
今後のこと・・・考えちゃいますよね~ うん、センチメンタル!
AKIさん、本当にいつもごくろうさまです。
楽しいイラスト大好きです。いつもありがとうございます。
Commented by BARON at 2014-09-28 16:41 x
人手不足・・・切実ですよね、今までお手伝いにいらしていた
イラストの皆様はどうされたのでしょうか・・・?
子供たちが独立したら私AKIさんちにお手伝いに行っちゃおうかな。
田植え・稲刈り、昔取った杵柄で何とかなりませんかねえ。
もちろんボランティアで。
お義母さまの素敵なランチも魅力的^m^
Commented by 芋焼酎 at 2014-09-29 05:01 x
暦、届きました。
今年もアキさんの丁寧で、明るい色使いで、
私の知らない岩手の季節の行事が満載に
紹介されていて、見ていてあったか〜い
気持ちになりました。
綴じ込みもコイル穴になって、めくり易いですね。
ありがとうございました。
ところで、義母のお店って、何かお店を開いておられるのですか?
西村眞次
Commented by ぽんきち at 2014-09-29 09:40 x
こちらは関東なので、田んぼはあれど・・・な土地です
それでも小さい乳牛の牛舎が二軒ほどあります
牧草ロールはTVで見たり、こちらでも読んだ事があるのですが・・・が!
先日、おぉぉぉ~な物を見ました
こちらは稲刈りしてはせ掛けしない機械でガー!!ってやって藁も短くなっちゃうタイプの収穫が多いのですが
その稲藁を機械で小さいロールにしているのを見ました!
本当にコロンって小さい稲のロールを機械を走らせて集めてブザーが鳴って後ろからコロン♪を繰り返しやっているのを見て
へぇぇぇぇぇぇ~と
人間の身長よりデッカイ牧草ロールは見た事はあれど
50センチも無く見えるちっちゃいロールがドンドン出来る様が可愛くて可愛くて(笑)
近くの乳牛のお宅が持って行くのかなぁとワクワクしてみてました
Commented by ゆりりん at 2014-09-29 11:24 x
サイロ詰めに歴史ありですね。
ゆいという言葉を知ったのも、サイロ詰めからでした。
過去のサイロ詰めも読ませていただき改めて、”助けられたり助けたり”
”人ってたいせつ”って言葉が心に沁みました。

次は稲刈りが待ってますね。
私も週末ほとり刈りを手伝いに実家に参上します。
秋仕事は力仕事が多いので、休養も上手に・・・ネ!
Commented by ちねつちゃんのともとも at 2014-09-29 13:21 x
AKIさま

2015年いわて暮らしの季節暦をさっそく入手しました。
さいたまで、ひさしぶりに岩手を感じながら来年は過ごそうと思います。
Commented by 騒ぐ血 at 2014-09-29 22:47 x
うーむ家族だけなんて
信じられない
うーむ
敬意をはらわなくっちゃあ

そしてこのブログ
Commented by のだなのだ at 2014-09-30 13:21 x
う~ん いよいよ恐れていた人手不足ですか(怖) このデントコーンはトウモロコシの実がよく入っていると実に重いんですよね。運んでいる途中でポキリと折れたりしますからね。荷造りのシーンなど身につまされます。疲れて面倒臭くなったりしたら、刈り取る者がつい超特大の束を作ってしまい(一日畑に放置してやや乾いて軽くなってから運ぶので、決して自分では運ばない) 「モ~いい加減にせーよ、持ち上がらんぞ・・」なんて亡くなった親父に何時も言われたものです。
<< 釜津田エレキテル ページトップ 夢見るオクラ >>
The Original Skin by Sun&Moon