北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
センチメンタル・サイロ詰め
2014年 09月 27日 | |
更新がうっかり滞ってしまいましたが、このところ、サイロ詰めをしていました。
サイロ詰めは、冬の間の牛の餌の準備の仕事。飼料用デントコーンを刈って、刻んで、サイロに詰める作業です。
毎年恒例なので毎年毎年作業自体は同じなのですが、毎年恒例なのに思うことはちょっとずつちょっとずつ違っています。
特にこの何年かは深刻な?人手不足(わが家も近所も)。近所同士や知り合い同士で声をかけあい、手伝いあっていた作業のやり方もなかなか思うようにいかなくなってきたのです。うーん、悩める過疎高齢化?!

いずれ、そんなこんなで今年のわが家はいよいよ(?)”家どおし”。それは、家族だけでコツコツ作業をすることです。
コツコツ・・・すなはち、黙々、地味地味?

自由な時間、気ままな段取り、オヤツだって独り占め!もちろんそんな気楽なところもあるけれど、やっぱりもう少し人がいた方が楽しいな、とも思いました。
ヒトって財産。大事にしなくちゃ。それは一番思いました。

f0236291_205912.gif


f0236291_2059246.gif


で、これを数日ひたすら繰り返す。・・・・・・・つかれる!!
そうして、夜に思うのは、あぁ、懐かしきあの頃のこと。そこにあるのは、賑わい+尊敬のきっかけ。

f0236291_20594891.gif



さて、わが家のサイロ詰めはいったいどんな方向へ?
TAAさんは悩み、私はハラハラ。来年以降が楽しみなような怖いような気もしてきたそんな今年のサイロ詰めでした。

(ちなみに、過去のサイロ詰めについては、こちらから。いろいろありました→サイロ詰めいろいろ

▼ デントコーン運びの「はっ!」(後方の色づきはじめた山も注目)。
f0236291_2154123.jpg
▼ 渾身のロープ締め(運搬前の大事なひと手間)。
f0236291_2154525.jpg
▼ デントコーンの根元はそろえて。(手作業仕事の密かなポイント)
f0236291_2291624.jpg
▼ そうして次は、センチメンタル・稲刈りへ。週明けくらいから。
f0236291_21553816.jpg
▼ そして静かな夕暮れ時。
f0236291_21562686.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 釜津田エレキテル ページトップ 夢見るオクラ >>
The Original Skin by Sun&Moon