北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
稲刈りの思い出 ’14
2014年 10月 03日 | |
そうはいっても(どういっても?)、やっぱり多少は田んぼと稲穂のみえる思い出話も。
とはいっても、ざっくり、パパパッと。
今年の稲刈りとその思い出は、こんな感じでした ↓。

f0236291_1632615.gif


サイロ詰めもだんだんに、こんな風に小さく、でもひとつずつ、自分たちで楽しみながらすすめていくようになるのかな、そんなことも思いました。
そんなこんなであらためて、今年も稲刈り(&ハセ掛け)、無事了。

▼ たとえばこんな金色のふち。
f0236291_1662999.jpg
▼ このアングルも好き。稲束の横顔。
f0236291_1671892.jpg
▼ 作業途中。
f0236291_1675731.jpg
▼ 川面のそよぎ。
f0236291_16101446.jpg
▼ 久しぶりに釜津田近影。
f0236291_1611175.jpg


AKIs人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
Commented by のだなのだ at 2014-10-03 17:34 x
オー!ついにAKIさんも農機具の「小にして大なる」仕組みに気づきましたな。真に偉大なる物・者は足元にあるか、隣で寝ているんだ。で、私は寝てばっかりでその偉大さに誰も気付いてくれず今年も狂騒の秋祭りと稲刈りが始まろうとしています。
Commented by 悦ちゃん at 2014-10-03 19:57 x
どんな仕事もそれぞれに大変さがあるでしょうが、農業は体力も使い天候にも左右されたりと厳しいことがありますよね~
秋の大仕事が終わったのでしょうか?
一休み二休み出来るとよいですね~
Commented by 芋焼酎 at 2014-10-04 04:59 x
「落ちたての恋が1番綺麗」ってドキッと来ました。時間が経つといい思い出に変わっていきますね。
Commented by 伊達っ子 at 2014-10-04 06:21 x
稲刈りご苦労様でした(^^
どでかい台風が来る前に作業が終えて良かったです。
これで一段落というところでしょうか?
稲束の横顔に川面の写真が美して癒されました。
前から思ってましたが写真の撮り方がとても上手ですね(^^v
そちらはもう紅葉がはじまりましたか。
東京は昨日気温が30度近くの真夏日になったりと気温が変動しております。。。
Commented by BARON at 2014-10-04 09:51 x
家族だけでやるのは大変だけど、気楽さみたいなものはあるのでしょうね。たとえば麦茶だけで済ませられちゃうとか。
Commented by kamatsuta2 at 2014-10-04 15:34
BARONさん、そうですね、お昼も「あとちょっとこのTVを見てから、、、」とかできますし(笑)。

他のみなさんもありがとうございます☆
Commented by ろうばい at 2014-10-05 23:02 x
エレキテル、、(・・?  !!「ダメよ~ダメダメ、、でしたのね~ww
ハセかけ
ベテランの余裕と若さの馬力が見えましたよ~
ハセの上の切り口・掛けたてのハセの輝き 良いですね~
稲刈りの時の匂い 思い出しました 気持ち良くなる田んぼの匂いです!
小にして大なる仕組みへの感動 ほんと、ちょっとした事を考えついて工夫出来る人って凄いですね~
(家族だけの作業の日「あとちょっとこのTV見てから・・」 ですね♡)
平穏で美しいAKIのひとぐらし! 
懐かしい イラストとお写真 有難うございました

こちら1日⛆☔⛆でした 台風が近づいてきてます
その前に終了して良かったですね!
<< 秋の夕暮れと婆ちゃんとビネガー ページトップ 釜津田エレキテル >>
The Original Skin by Sun&Moon