北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
冬のはじめの物語
2014年 10月 23日 | |
最初それはガヤガヤ、ギャーギャー、ガーガー・・・そんな風に聞こえました。
何かな?何かな?と思ったら、それはハクチョウたちの声でした。
あくまでも私の勝手なイメージだけど、ハクチョウの優雅なイメージとはなんだかちょっと違うそのガサガサした声に、あぁ、もうそんな季節か、と思いました。
白鳥は冬のはじまり、冬の鳥。
曇っていたので姿は見えなかったけど、こちらはもう、冬のはじめになったみたいです。

f0236291_5265987.gif



▼ 一方こちらは切り干し大根。これは中干し中のところ。
f0236291_5294248.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2014-10-23 05:32 | ■ 季節のおたより | Comments(9) |
Commented at 2014-10-23 06:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 悦ちゃん at 2014-10-23 07:44 x
白鳥ですか~
生の声、聞いたことないです
感動を共有できる仲の良いご夫婦にほっこりします♪

こちらで見られる真っ白な鳥はシラサギ  田で餌をついばんでいる姿を見つけると、その美しさに暫し足を止めてしまいます!!
Commented by ひろすけ at 2014-10-23 12:20 x
先日の新米、羨ましく拝見しました。ピカピカつやつや、美味しそうですねぇ。
白鳥渡来・・・季節暦では霜降ですもんねぇ。今年は冷え込みが、やけに早く感じられます。
Commented by kako at 2014-10-23 12:52 x
とってもステキなお便りですね。我が家できけるのは猫の餌催促の声だけです。
Commented by ゆりりん at 2014-10-23 17:13 x
冬の始まりを白鳥の鳴き声が告げるなんて、とても素敵ですね。

因みに私の冬の始まりは、キャミソールからババシャツに変わる日。
靴下を重ね履きする日。
パジャマの下に腹巻する日。(親父用でなく可愛いやつですよ~)
今晩何にしようかと迷った時、鍋ものにしちゃう日・・・かな。
Commented by 伊達っ子 at 2014-10-23 17:59 x
朝に白鳥さん達の大合唱とは素敵(?)ですね>^_^<
切り干し大根が良い具合ですね。油揚げや根野菜とで煮付けで食べるのでしょうか?
ハタケシメジは以前岩手に遊びに行った時に初めてみました。
食べる機会は無かったのですが写真を見ると美味しそうですね。
東京はやっと少し野菜の高騰がおさまりました(^◇^;)
白菜も丸で棚に並ぶようになり冬の始まりを感じております。
先週は丸で250円でしたが購入して浅漬けで食べました。
実家の仙台では白菜の塩漬けを多めに仕込んで、毎日モリモリ食べていた記憶があります。そちらではどのようにして白菜を食べますか?
これからも楽しみにしていますo(^o^)o
Commented by miho at 2014-10-23 22:41 x
素敵なタイトルですね!
白鳥のお話なところが、もっとすてき!

やはりやはり岩手は遠い・・・同じ日本国内とは思えない物語で、今、感動に浸っています。
(BSの自然を映し出す番組のようです。ナレーションのおねえさんの美しい声まで聞こえてきます。)
Commented by kamatsuta2 at 2014-10-24 09:20
ゆりりんさんの冬のはじまりに思わず(笑)。すっかり私も同じかも(笑)。冬のはじまりはいろいろですね。

昨日は共進会で(普通の成績でした(笑))、今日はこれから子牛下げ(来週の市場にむけて子牛たちを山から連れて帰ってくる)。バタバタしているのですが、みなさんのコメントを読んだりするひとときがしばしいっぷくのとき。お返事かけないのですが、ありがとうございますね☆
Commented by トラ子 at 2014-10-24 17:49 x
こちら北海道。
昨日、田んぼの中の道をウォーキングしていたら、騒々しい鳴き声が。
見るとハクチョウが11羽、落穂ひろいをしていました。
鎌津田の空を飛んでいた白鳥かな?…なんて…思いました。
<< 挨拶の達人 ページトップ 近頃のことと今年の新米 >>
The Original Skin by Sun&Moon