北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
売らないお店
2014年 11月 15日 | |
それはもう一月半以上も前の秋の日のこと。
どうしてもTAAさんが食べたいという白菜を買うために、地元の商店へ白菜を買いに行きました。
街にある大きなスーパーのように多種多様ないろとりどりの商品があるわけではないけれど、必要なものはある、そんな地元の商店です。
が、その日に限って白菜がありませんでした。
どうしよう。困っているとお店の母さんがでてきて畑の白菜を持っていくか?と言ってくれました。
あぁ、ラッキー!素敵すぎ!これだから小さなお店は素敵です。
・・・・・・とひとり農村のささやかな絆の輝きについてうっとしながら、持ってきてくれた白菜へお金を払おうとすると、母さんは目と鼻をフン!とするように、強気でこう言いました。
「買うんだったら、売らないよ」

絆うんぬんとは全く別問題。ヒトとして、かっこよすぎ!

f0236291_644431.gif




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< ふくらむチカラ ページトップ おにぎり係 >>
The Original Skin by Sun&Moon