北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
ふくらむチカラ
2014年 11月 17日 | |
また少し前のことですが、今年もマメ打ちが終わりました。
マメ打ちはマメ(大豆)の脱穀です。いろいろな方法があると思うけど、わが家では(私は)、ちょっとのマメなので基本的に手作業。二股の木の枝で乾いたマメの束をバンバン叩いて脱穀します。
叩くたび、はじけるマメの莢と弾けとぶマメの粒がのどかな作業。少々眠くなるのが玉に瑕。

そしてそのマメ打ちでもうひとつ玉に瑕(というほどでもないけど)なのがときどきマメが元気よくどこかへ飛んで行ってしまうこと。もったいない、もったいない―目を皿にして、貧乏性の私はマメをひろいあつめるけれど、なかなかすべてを拾うことは難しいみたい。

つい何日か前の夕暮れのこと。
雪交じりの雨が降ったその日、件のマメ打ち作業をした場所へいくと、この前まで姿をひそめていた取りこぼしのマメたちが雨にふくれて大きくなって、そこに姿を現していました。
ゴーロ、ゴロ!

こんなに取りこぼしてたんだ。貧乏性は大きくがっかり。
一方で、そうだった、マメってこんなに膨らむんだった!そのいい膨らみっぷりにあらためて感心。
年にも寒さにも負けず、夢もこれくらいふくらませたいところ。
少なくとも、この力を応用し、忘年会シーズンのかくし芸とかで農家な手品とかできないかな。


f0236291_621112.gif



▼ 現れたマメたち。よく見ると、あっちにも、むこうにも。
f0236291_614586.jpg
▼ 今年のマメはよかったです。粒ぞろいでシミもなし。
f0236291_6152398.jpg
▼ マメ打ちで。はじけた莢は花みたい。
f0236291_6154873.jpg
▼ 遅ればせながらただいまの暦。日本は冬至。岩手では木も人も冬籠りの準備の季節。
f0236291_6161475.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 猫たちのたまり場 ページトップ 売らないお店 >>
The Original Skin by Sun&Moon