北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
猫たちのたまり場
2014年 11月 26日 | |
本人たちから実際に聞いたことがないので本当のところはよくわからないけれど、
多分猫たちはあたたかい場所が好き。
定番のコタツ以外でこちらでは、
それは干して並べられたクルミの上とか(つまり日向の)、
牛舎の二階の藁の中とか(ワラ+下からは牛の熱気、上からは日のぬくもり)、
畑のハウスの土の畝の上とか(日当たり最高、土はふかふか)
家々の玄関の戸口の死角とか(戸があいた瞬間に家人の目をすりぬけてあたたかな家の中へ入れるポジション)
そして最近発見した場所―それは薪ストーブがあつく燃える家の壁からニョキッと外へ突き出しているそのストーブの煙突まわり。多分アツアツ。でも、あたたかさ、即効性。

煙突は猫たちの一等地。知らなかった。でも確かにあったかそう。
次に猫にもし生まれたら、そしてそれが北国だったら、薪ストーブの、少なくとも煙突のある家をめざそうと思った。

f0236291_5315598.gif



▼ で、猫たち。火傷しないかちょっと心配―by.TAAさん。
f0236291_533945.jpg
▼ 近頃の夕暮れ。
f0236291_5345035.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 曇り空の日 ページトップ ふくらむチカラ >>
The Original Skin by Sun&Moon