北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
近年とても張り切っているもの
2015年 01月 07日 | |
今日は朝から冷たい風と雪がふきつけている釜津田です。
今年は年明けからずっと穏やか、あたたかだったので、今年最初の厳しい冷え込みかも。寒に入ってもいるし当然といば当然なのかな、とも思います(暦をめくってくださいねー)。

さて、そんな年明け7日目の今日ですが、今日もまたお正月の話。実は近年とってもはりきっているものがあるのです。
それはお正月料理づくり。
長く下準備係をしていたものが、この二、三年、事前準備係から調理係までをしていたりするのです。ふふ。
ただ、煮しめ、昆布巻き、なますや黒豆、フキの煮つけ・・・・・・料理は頭に入っていても、そして、長い下準備係期間があったとはいっても、一からやるとなるとやはりそれなりに「?」や「!」があっちこっちに。
結果、12月は後半半月は正月料理のことで頭がいっぱい!

けれどやってみれば面白いな、とも思っています。
食材は買うものも多いけれど事前に山や畑でとったり収穫して準備しておくものもあって、つまりまずは、一年かけて食材をそろえる楽しみ。
次に、クルミ和えやきんぴら(タラコ和えにする)など私的「こちらっぽい」ものの味の探求。
それは、基本的に何が本当の味かわかっていないので、探求せざるを得ないからではあるけれど、何かを機に、それらを近所の人にいろいろ聞くのもまた楽し、でもあるのです(大抵が想像以上に楽しい展開になっていく)。
あとは、世間一般のおせち料理などなどのいわれも急に身近になって、お節ばんばい!って気持ちになる。
作っても沢山あまっちゃったりするし、ずぼらが転じて夢中になりすぎるので気がつくと疲れちゃったり。でも、これでひとまず家中がいいお正月になって、ひいてはいい一年になる気がするのです。
一般的にはわからないけど、私としてはなんだか大事。

これから先、どんな展開になっていくのかわからないけれど、ひとまず今はそんな感じの私のお正月料理道。
というわけで、いろいろ張り切る(そして張り切った分のんびり飲んじゃう)この頃のお正月です。


f0236291_148132.gif

f0236291_1481569.gif



▼ ちなみにお雑煮はこんな感じ。去年は大根やニンジンも入れちゃったけど、本当は鶏肉とごぼうだけのシンプル醤油味だったそう(で、今年はそのバージョン)。鶏肉はあればヤマドリが一番ご馳走です。
f0236291_14115648.jpg
▼ クルミ和えは結構好き。薄味をつけたかんぴょうをクルミだれで和えたもの。でも味付けはいまいち不安。
f0236291_14124173.jpg
▼ そしてお正月の釜津田です。雪少な目、穏やかな年明けでした。
f0236291_14302520.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 市場奥食堂の不思議 ページトップ 正月かわらず >>
The Original Skin by Sun&Moon