北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
薪 道
2015年 01月 18日 | |
このところ、すっかり冷え込んでいる釜津田です。
年明けから穏やかな気候が続いていたので、寒いのは好きではないけどやってきた寒さに冬を思いだし、どこかほっとする気持ちもしている今日この頃です。寒い時期にはそれなりに寒くないと、と思うのです。

さて、そんな中ではあるけれど、寒さがくると実は今年は特別少し悲しいことがあったりします。
薪ストーブの薪がなんだかいまいちな状態なのです。
シューシューシュー。薪をくべると聞こえてくるのはそんな音。本当はパチパチ、メラメラ、そしてカッと熱く、暖かくなるはずなのに。おかしいな、なんでかな。うううん、原因はわかっています。

薪がね、まだまだ生木みたいなのです。
水分が多い薪は燃えません。薪って、乾いてこその薪です。
だからそれなりにいろいろ工夫はしてるつもり。ひと冬の薪をつむ薪置き場では乾いた順につかえるよう順序良く積み上げるし、風通しだってそれなりに。でもどうしてか、今年の薪はいまいち生木。少しだけ準備が遅かったのかもしれません。

願わくば、今日運んだこの薪は、パチパチ、メラメラ燃えますように。数日おきの薪運びは今年はつねにお願いつき。
そしてそんなお願いとともに、薪作りの奥深さをいろいろなところからひしひしと感じている今年です。

f0236291_9371456.gif


ちなみにお願いの結果については、いつもより多めの「・・・」に静かに語ってもらいました。

AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2015-01-18 10:06 | ■ ひみつのプロジェクト | Comments(10) |
Commented by miho at 2015-01-18 17:41 x
まさに!
薪の調子が悪いと、夫のご機嫌もイマイチです。
わが家の場合はお風呂なんですけど、薪がいいとお湯もいい感じで、体がほかほかあったまるんですよね。
Commented by 悦ちゃん at 2015-01-18 18:29 x
やっぱり寒の内ですね~  こちらも初雪が降りました
たまに庭の片隅に薪が積んである家があります
見ると屋根には煙突が・・・
でもそれは乾燥して出来上がった薪を買ってきたものだと思うのです
AKIさんのお家の薪は生木を切るところからはじまるのでしょうね~
完全燃焼しないと煙ったりして大変ですよね~
Commented by kamatsuta2 at 2015-01-19 08:50
mihoさん、薪のお風呂、いいですね。湯加減もまさに変わりそう。そして相変らず、なんだかステキそうな旦那様です。違いがわかるってやつですね(笑)!

悦ちゃんさん、正しくは、切ってもらった生木を、薪の大きさに切るところからがわが家の作業かも。いくらかは木から切ることもありますが。それにしても、そちらにもやはり薪ストーブがあるんですね。あったかいですもんね。ふふー♡
Commented by PONCO at 2015-01-19 08:56 x
南関東ですが家も薪ストーブで、近所の山から切り出したり、切ったのを貰ったり(シイの間伐材)でせっせと割って積みます。
熱量上がらないと悲しいですよね・・・。
私は2年以上乾燥させるので使ってませんが、水分量計を使ってみては?。
Commented by たき at 2015-01-19 11:05 x
いつもブログ楽しみに見ています!

まきストーブの薪
ストーブに入れる前に、ストーブ側に積んでみてはいかがでしょう?
昔、通っていたピアノ教室が、薪ストーブで暖をとるところで、
薪を燃やす前に、ストーブ下に入れて乾燥させていました。(2日間は置いてたと思います。適当に入れようとして怒られた記憶があるので)

もうやってるよ!
という事でしたらすみません。

生乾きの木 燃やすのって、匂いもきつくなるのでおせっかい承知でコメントします。
Commented by mexicali at 2015-01-19 13:42 x
こんにちは!
薪ストーブが魅力で昨年購入し楽しんでます。
我が家では、石油ストーブが主ですが、庭先の小屋に時計型薪ストーブを設置しました。
薪は、倒木杉を利用して週末の時間のあるときだけ、揺れる炎や石焼き芋作りに利用してます。
チェーンソーや斧も同時に購入し、時々薪割りもします。
 大きな震災が来ても、暖は取れるし、温かいものも料理できるし・・・。
いざとなったら活躍ですね、わが家の時計型ストーブ。
Commented by ゆりりん at 2015-01-19 16:42 x
あこがれの薪ストーブ♡
えんとつ掃除に続き、またしても裏の苦労を知ってしまった。
しっかり乾燥してないと燃えが悪いんですね。
でも、パチパチと音を立てながら、時に小爆発かと思うようなパチンとはじけるような音をたてて燃える薪ストーブが大好きです。
ゆらゆら燃える炎を見るのも大好きです。
いつか・・・の為にしっかり勉強せねば。 
ステキさも大変さも色々教えて下さいネ!
Commented by kamatsuta2 at 2015-01-21 11:48
PONCOさん、二年以上乾燥させるなんて、完璧な薪ですね。本当はそんな風なのが憧れです。水分量計なんていうものもあるのですね。ふむ!

たきさん、いえいえ、いろいろ参考になります。また教えてください。そしていつも見てくださってありがとうございます!

mexicliさん、火の管理はありますが、停電のときにもやっぱり薪ストーブは便利です(大雪のときには停電の時もあるので)。石焼き芋もいいですねー!

ゆりりんさん、苦労、とまではいかなくても多少コツはやっぱりあるなぁ、と日々思います、薪ストーブ。私ももっと使いこなせるようになりたいです。
Commented by ろうばい at 2015-01-21 23:27 x
薪ストーブ! あったかそう~
大寒にぴったりの話題ですね~
生木を焚くと煙突にタールがこびりつくから
良くないとか 聞いたような・・
冬の日暮れは早く3時には薪運びが子供の頃の仕事でした
が、細かいささくれが嫌だったけど・・・
焚きつけは得意でしたよ~
当方初雪がサラッと降り寒くて手がカジカミました
お久し振りです~
カキコ、何度も試してますが認証してくれません
今度はどうでしょうか!?
Commented by kamatsuta2 at 2015-01-22 10:58
ろうばいさん、そうそう、タールがついてよくないんです。わかってはいるんですけど、、、!そしてそちらも雪のようでしたね。暖かくしておすごしくださいね。カキコ、できましたねー。(私がうれしい!)
<< ちなみに・・・・・・ ページトップ 市場奥食堂の不思議 >>
The Original Skin by Sun&Moon