北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
ヒーリングNOSAKO
2015年 01月 24日 | |
先日書きましたが、今年のわが家の牛舎には子牛が一頭残っています。
先の春に生まれ、そのまま家において将来母牛になってもらうための牛です。そんな牛を<育成牛>といったりしますが、いずれ、そんな子牛が一頭いて、その成長が今年の冬の楽しみのひとつです。

牛は人の思いや世話とは違うところで減ったり増えたりするものみたい。
ケガや病気もあるし、いろいろな事情で手放す牛もいる。一方で、将来を見込んだり、いなくなった牛のかわりにしようと新たに家においたり迎えたりする牛もいる。そして、そんな新入りはやはり気になり、ひいては成長が楽しみになるものです。今年久しぶりに入った新人、もとい、新牛は、「久しぶり」も加わって、なかなかかわいい。

生れたときから家にいるのでざっとその可愛さは次のとおり。
生れてすぐから人を避けることなく、物静か。
しばらくすると他の子牛が皆いやがる風邪薬を無言で飲み、耳にチクン!とくる(ような気がする)耳標も暴れることなくつけさせる。
好物にガツガツくいつくこともなく、本当に手のかからないいい子牛。そう、いい子牛・・・・・・?!

実はちょっとのんびり屋。いや本当はかなりボーっとしている気が(以前にもちょっと書いたかも)。
少々心配。だ、大丈夫?!
でも最近は少し、ほんの少しだけど、やる気を少し感じます。本当にちょっとなんだけど。

本名は「こよし」。でもボサーッとしているので「ボサこ」。それが転じて「のさこ」。さらに少し恰好をつけてアルファベット表記の「NOSAKO」が愛称。
牛も人もきっと縁もの。
うちのNOSAKOは相変らず。でもそんなNOSAKOに癒されているこの頃です。

f0236291_1545543.gif




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2015-01-24 15:12 | ■ ひみつのプロジェクト | Comments(7) |
Commented by 悦ちゃん at 2015-01-24 18:21 x
私が牛を見ても皆、同じように見えてしまうでしょうが、毎日お世話をしていると性質などもわかるのですね~
「その道の達人」と言う言葉を思い出しました!!
Commented by kamatsuta2 at 2015-01-26 06:02
悦ちゃんさん、牛もいろいろでおもしろいんですよ。ただ、見分けるポイントは耳につけた番号!これをみれば誰でも間違えることがありません!(と、へんなところでいばってみる(笑))。いつもコメントくださってありがとうございます。
Commented by みゆ at 2015-01-26 12:24 x
NOSAKOちゃん、可愛いですね~。
ゆっくりのんびり成長して、元気に育ってほしいですね。

「ジタバタするようになった」の文を見て
ジタバタするなよ世紀末がくるぜ♪、と、つい歌ってしまう私…年がバレますね(^^;)
Commented by kamatsuta2 at 2015-01-27 11:59
みゆさん、あ、私ももうその歌が頭の中をまわりはじめました、と、そんなトシですね(笑)。
Commented by タック at 2015-01-30 19:04 x
いたいた、私の周りにも通称モサ子でしたが、久し振りに会ったら別人かと思うようなテキパキとしたオバサンになって居ました。

○○によって変わったとか。○は??
Commented by ハピライフネットのにゃんこ at 2015-01-31 00:29 x
こんにちわ!始めておじゃまさせていただきます。
挿し絵がとってもステキです。
牛さんのお世話、寒い中大変そうだな〜と思いました。うちも動物が暮らしの中にいたらもっと癒されるだろうな。ブログ応援します。ポチッと。
Commented by kamatsuta2 at 2015-01-31 14:17
タックさん、えー○○はなんでしょう?!私もテキパキさんになりたいので知りたいところです!(笑)お返事遅れてしまいました!すみません~♡(と、♡でごまかす)。

ハピライフネットのにゃんこさん、はじめまして。コメントも応援もありがとうございます。牛がいての山の中なので、寒いけど牛さまさま、、、という感じで日々叱咤激励です(笑)!
<< 近況ざっくり。 ページトップ TAAさんのがっかりな寝起き >>
The Original Skin by Sun&Moon