北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
雪の造形コレクション
2015年 02月 14日 | |
昨日の吹きだまり山脈の関連から、今日は雪の造形集めをしてみました。
家のまわりだけだからほんのちょっぴりなのですが、それでも結構いろいろ集まりました。
世界にも近所にももっといろいろあるだろう、と容易に想像はつくけれど、今日はひとまずこれで満足。
なので今日は久しぶりに写真付きコレクション日記。

今日はこのあと近所の除雪をはりきって少々。少々だからはりきった、とも。

f0236291_232943100.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2015-02-14 23:46 | ■ 日々のこと | Comments(8) |
Commented by カンナ at 2015-02-15 00:00 x
わーい!この前から雪の記事、寒さと美しい風景の記事とイラストを観ながら、「あと写真があれば…」と思っていました。ありがとうございます。
先日からの寒波の後、こちらも雪景色ですが、近畿北部の雪は湿って重い雪。こういう景色にはならないんです。同じ雪なのに、不思議ですね。
Commented by BARON at 2015-02-15 16:44 x
うわ~、今日のはまた凝っていましたね!
よく見るといろいろな形や模様があって
楽しいですね。
いつもながらAKIさんの観察力に脱帽です。
最近こういうのを発見するアンテナの機能が
鈍っている私、ちょっと感度上げなくては(^○^)
Commented by もっこ at 2015-02-15 22:19 x
初めまして。20年ほど前にお隣りの田野畑村で7年間暮らしました。雪の多さは釜津田といい勝負だったような気がします。今は少し南の方の沿岸地方におりますので、雪のお話には「そうそうそうだった…」と懐かしい気持ちになります。雪は厄介だけど、でもやっぱり好き。あの芸術作品は人があまり足を踏み入れないような場所だからこそ見ることができる、ヒ、ミ、ツ、の楽しみですよね。
Commented by 悦ちゃん at 2015-02-16 06:45 x
雪の造形コレクションの数々をありがとうございました♪
初めて見るものばかりでした

寒さはまだまだ厳しいですが、寒さの底は通り過ぎたのかしらと思うと少しホッとします
買い求めた三色のヒヤシンスの球根が花を開き、甘い香りを漂わせています
テーブル上に春の訪れです♪
Commented by miho at 2015-02-17 12:54 x
わああ・・・・・このように楽しんだらいいんですね~。
ぼお~っと眺めるんじゃなくて、こういう目を持たなくちゃ。
タメになります。

・・・でもこちらは、ほぼ解けてしまって、今度の積雪はいったいいつになるやら。。
Commented by ゆりりん at 2015-02-17 17:23 x
雪の波紋、想像どうりでした。
そして、雪解けの屋根を大陸移動に例えるなんてさすがです。
そういえば、いわては屋根の雪おろしってみませんね。
だから、溶けて落ちるまでの雪の移動が面白いんですよね。
少しずつ動いたり、いっきに落ちたり・・雪解け時は下を通る時ちょっとスリルがありますが・・・。
Commented by 芋焼酎 at 2015-02-18 04:42 x
ゆりりんさんのコメントにある、岩手では雪下ろしを見ないと言うことが、気になります。
家が丈夫だという事?屋根の角度が急で勝手に落ちるという事?
生まれが博多で、神戸に住む者には想像がつきません。教えて下さいませ。
Commented by kamatsuta2 at 2015-02-19 23:14
芋焼酎さん、雪がすくないってことかな、と思います。岩手でも多いところでは雪下ろしをすると思いますよ!

そしてもっこさん、はじめましてです(なのにお返事しそびれてシツレイシマシタ)。ヒミツの楽しみ、がとってもいい感じです。そうあらためて思うと、ますますコレクションが楽しくなりそうです。

他のみなさんもありがとうございます。読み逃げです♡
<< 今日の地震と長いまつ毛の話 ページトップ 雪あがりの風景 >>
The Original Skin by Sun&Moon