北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
早めのバッケと水遊び効果
2015年 02月 26日 | |
このところ、あたたかな日が続いています。
先日は一晩中、雨がざあざあ降ったくらい。
(それはこちらでは珍しいことで、例年だと今はまだ雪の降る季節なのです。)
そしてそんな暖かさの影響か、家の裏の水路ではバッケがちらほら見え始めました。
バッケはフキノトウ。私はそれを刻んで味噌にまぜたバッケ味噌が大好きです。

そんなわけでこの何日か、いつもの年よりかなり早めのバッケ採りを楽しんでいます。
ちゃぷん、という水の流れも気持ちいいこの頃です。

f0236291_22593662.gif



▼ ということで、バッケ。本当のスナップ写真だけど春のたよりということで☆
f0236291_2352719.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆


▼ 唐突ですが、ちゃこちゃん近影(左)。先の日曜日。家から出て日向ぼっこしているところ。
&一応女の子だけどりりしかったちゃこちゃん(右)。大事な一枚。そしてご報告あり。下のリンクで。
f0236291_23265162.jpg f0236291_23221948.jpg
 



ご報告(ちゃこさんについて)

お気づきの方もいるかもしれませんが、先日ちゃこが亡くなりました。以前から少し不調はあったのですが、今年に入りそれが少し悪化していて静かに様子を見守っていました。もうすぐ11歳になるところ。何もなければまだもうすこし長く元気だったのかなと思います。そう思うと、淋しさに申し訳ない気持ちが大きく混じります。
最後はTAAさんと私が揃うのを待つようにして、二人の手の中にいてくれました。いっつも無口だったけど、最後まで無口。でも私たちにとっては感謝しかないちゃこでした。
ちゃこはもう見えなくなってしまったけれど、これからもここにはちゃこが出てくるかな、と思っています。
というのも、ちゃことはうんと一緒にいたから、これからもあちこちでちゃことの可笑しなできごとを思い出しそうだからです。ちゃこさんはどう思っていたかわからないけれど、私は本当に楽しかったな、と思います。多分TAAさんも。
本当はここには載せずに伏せておこうかな、とも思っていました。
ただ、これまでちゃこを応援してくださっていたみなさんへご報告とお礼をちゃんとお伝えしたかったです。
長くちゃこをみてくれて、かわいく(多分そのはず(笑))思ってくださってありがとうございました。そしてこれからもずっとよろしく!

次回にはまた普通の日記にもどります。本当にありがとうございました!
<< 美景とさっそく ページトップ 今日の満足 >>
The Original Skin by Sun&Moon