北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
仔牛の季節~ぴりか編~
2015年 03月 20日 | |
さて、昨日最後に載せた子牛の名前を明かしてしまうと、それは「ぴりか」という名前です。
毎年子牛の名前を考えるのは楽しみのひとつ。
親牛(父、母)の名にちなむのが牛飼い界の定番のような気がしますが、わが家では最近は親牛どちらかの名前にちなみつつ、その年々でシリーズにしたりしています。
「まめ(豆)」をつけたこともあれば、流行のドラマの登場人物にちなんだことも。
ちなみに今年はお米の名前になっています。

と、話が少しそれたけれど、昨日載せたそのぴりか。
なんだかとても面白いです。いつも子牛はそれぞれどれも面白かったり、可愛かったりするのですが、親牛とも仲がいいのに人にもとても慣れてくれていて、ちょっと賢そうな風に首をかしげていろんなことを見ていたりします。
こんな牛はやっぱり家におきたいね、と、もはや人の方が惚れ込んで気配も。
ちゃこがいなくなったので余計可愛くみえるところを加えても、私もとても気に入っています。
母牛たちの心配な出産シーズンを終え、子牛たちの成長が急激に楽しいです。
牛飼い的に一年で一番いい季節のひとつかな、とも思います。

f0236291_2264224.gif




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2015-03-20 22:10 | ■ 牛のしごと、牛のこと | Comments(8) |
Commented by 悦ちゃん at 2015-03-21 08:32 x
ぴりかちゃん、可愛い名前ですね~  お米の名前にもありましたか?~
♪ピーリカピリカ・・・ピリカという歌詞の歌を思いだし、調べたらアイヌ語で「美しい」の意味だそうです

「子牛の成長が楽しみ」よくわかります  二歳の孫の成長がわたしの楽しみです
「○○ちゃん」と呼ぶと「アアイ」に近かったのに、最近は「ハアイ」に近い発音になっています
語彙数も日増しに?増えとっても可愛いです 完全な婆バカです
Commented by みゆ at 2015-03-21 11:05 x
ぴりか、ってアイヌ語で「美しい」という意味だそうです。
きっと、毛並みの美しいハンサムボーイになるのでは?(^▽^)
Commented by ei5184 at 2015-03-21 19:13
数年振りのコメントです。以前のコメント時はエキサイトブログはしていなかった!
ですが、地震以前からですので五年位前からのファンの一人です!!
かってTVでもしっかりご尊顔を確認しましたし、皆様のご活躍も結構詳しい?!(笑)
この時季新しい家族が誕生するのですね~ だってはるちゃんがお母さんですものね!
「ちゃこ」ちゃんも、きっと喜んでいますでしょう!
此れからも楽しみに拝見しますよ~

Commented by ゆりりんj at 2015-03-23 09:22 x
ぴりかちゃんにこまちちゃん、かわいい名前ですね~。
お米シリーズと聞き、ほかの子牛の名前も知りたくなりました。
他につやひめ、コシヒカリ、ひとめぼれ、はえぬき、きららにななつぼし・・・などなど妄想中です。
地元のいわてっことどんぴしゃりも外せませんよね。
変わり処で熊本県の森のくまさんはどうでしょう。
あっ!牛の名前にくまさんはやはり変ですよね~(笑)
Commented by きむごん at 2015-03-23 20:56 x
ピリカって美しいという意味ですよね。そうやって呼ばれていれば、ピリカちゃんはますます可愛くなりますね。ちなみに北海道米で「ゆめぴりか」という品種がありますが、とってもきれいな形で味も上品です。
Commented by kamatsuta2 at 2015-03-25 06:06
ぴりかにそんな意味があったとは!と衝撃の朝です!私たちはきむごんさんのいう「ゆめぴりか」(北海道のお米)から取っただけだったのですが、意味を聞いて名付けてよかった、、、、と少し得した気持ちになったりもしています。きれいな言葉があるものなんですね。ふむ、いい朝です!

ei5184 さんも数年ぶり、光栄です。最近はさぼりがちなブログですが、どうぞ今後もよろしくお願いいたします☆
Commented by ろうばい at 2015-03-26 00:09 x
ぴりか=美しい ステキ!
で、何頭になりましたですか~
皆スクスクと逞しく育ちます様に!

すみません<(_ _)>私もポチ!だけで失礼してました
画像認証の謎(・・?が解りました~

Commented by ゆりりん at 2015-03-26 16:53 x
PS
チャコちゃんがいなくなった淋しさを、新たな子牛達の誕生で少しずつでも、AKIさんの心が慰められ癒されていく様子に、こちらも少し安心しました。
<< 夢見るワサビ屋 ページトップ やさしいの素 >>
The Original Skin by Sun&Moon