北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
わが家の春休み
2015年 04月 06日 | |
桜の便りに入社式に始業式。TVやラジオ、新聞では春の話題がいっぱいのこの頃ですが、こちらも最近は春休みを感じる日々を送っていました。学校の春休みを使って姪っ子たちが遊びにきてくれていたのです。
二人の姪っ子のうち一人は少しのんびりめに。
そうしていろいろな刺激的な日々をあちこちにふりまいていってくれました。
その中で特にも刺激的だったのは、アラ10(あらてん)な乙女の悩み。
よく言えば年の功軍団のわが家では、その繊細な違いはもう遠すぎて、感じるのは可愛さのみ。

おかげで気持ちは(気持ちだけは)しばし若返り、こちらも楽しい春休みを過ごした気持ちです。
それにしても、若さってまぶしいな。
しみじみ感じる、田舎のじじばばおじおばの春休みです。

f0236291_6453788.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2015-04-06 06:51 | ■ 日々のこと | Comments(2) |
Commented by 悦ちゃん at 2015-04-06 15:22 x
「若さがまぶしい」そうですね~   我が家の孫は二歳
「幼さがかわいすぎ」と言う感じです
舌っ足らずな発音が可愛く、たまに明瞭な発音が入ると「はっきり言える言葉もあるのね~」と感心しています
Commented by ゆりりん at 2015-04-07 09:18 x
ひとつ、ふたつ、みっつ・・・・ここのつ、歳につがつくまで子供だと誰かに聞いた記憶が・・・。
子供の世界でも、やはり10才はもう子供ではないんですね!
私の姪っ子達はすでにおじおば卒業しちゃい、ちょっと寂しくなりました。
AKIさんの姪っ子ちゃんは忙しいお年頃になっても、ずっとお泊りに来るといいですね。
卒業するその日まで、どうぞ夏休み冬休みと楽しいおじおば生活を満喫して下さいマセ♡
<< びょ・う・よ・み ページトップ キツネナイトと次の夢 >>
The Original Skin by Sun&Moon