北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
秋仕事、ひと段落!
2015年 10月 25日 | |
今月は本当に多忙なひと月でした。
稲刈り、ハセ掛けにはじまって、週末ごとに秋祭りや法事に敬老会、ほかにも外出用事も多い秋で、昼も夜も会議がやたらとありました(一部は毎年恒例のことなのですが)。そして子牛の共進会に、子牛たちの牛下げ(今週の市場にむけて)。それぞれその時々に時間を割くのはもちろんですが、地域や家族、牛などの用事はその前後にもいろいろと気働きが必要で、それがひとえにせわしない気持ちを作り出していたのかも。いずれ、ふー今日ももう終ってしまった~、が口癖のこのひと月でした。
そしてそう振り返ることができるのは、そんなせわしない秋の用事の中でも大きくそして欠かせないものが昨日無事に終わったから。
それはそう、稲こきです。
稲刈りから約三週間。ハセにかけ、天日で干した稲を昨日やっとこき終わりました。
あぁ、気分すっきり、ほっと一息!
そして昨夜さっそく食べた新米の味は、今年もやっぱりおいしかった!
香りをかいで、つやを見て、、、お決まりの新米の儀式(?)もちゃんとしました。
そしてジャジャン!と今年の新米!↓
f0236291_14325066.jpg


ちなみに今年の「新米ご飯がすすむくん」は、この日のために用意して冷凍しておいたイカとサンマのお刺身、春菊やブロッコリーなど今畑にある野菜を少々、そしてこの秋の山の実りのアミコ(きのこ)おろしに本シメジの芋の子汁風。
作業の後のご馳走(というほどでもないけど)づくりは面倒ではあるけれど、年に一度の新米ヌーヴォー、演出第一主義で最後まで頑張りました。

本格的な秋じまいは牛(親牛)たちの牛下げが終わってからですが(来月はじめ)、ひとまず本当にひと段落。
今年は忙しかったけど充実の秋だったな、と思っている今日一日です。

▼ ところで先日の共進会。結果はぴりかさん三等賞(ほぼ参加賞に匹敵)でした。で、ぴりかさん(こっちを向かず、がさすがはるちゃんの子、という感じ)。
f0236291_14571344.jpg
▼ こまちさんは一等四席(一等の上に優良賞(一頭)があるので全体の5位ということ)。我が家には充分満足な結果でした。こまちさん、おつかれさま。
f0236291_1458396.jpg
▼ ちなみにこまちさんは後姿がチャームポイントでした(かくっとしてて幅がある、とか)。
f0236291_1563190.jpg
▼ 予選敗退後、隣人ならぬ隣牛と友好を深めていそうだったぴりかさん。
f0236291_1513537.jpg

共進会には、メールでも応援をいただきました。お礼とご報告が遅くなってしまいましたが、結果は、以上のような感じでした。また、どちらの牛も親牛として家にこのまま置くことにもなりました。いい親牛になるよう、世話をしたいと思っています。

と、おまけの分が余計に長くなりましたが、
以上、近況報告スナップ版でした。
あぁそうだ。今日は時折、雨が雪に変わったりしていますよ。里の今年の初雪です(早い!)。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 牛飼いの型枠 ページトップ 秋仕事大詰め中 >>
The Original Skin by Sun&Moon