北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
レベルBT
2015年 12月 19日 | |
雪はないし、日中はあたたかいこともあるけれど、朝夕はやはり冷え込んでいるこのごろです。そしてまた、釜津田の冷たい風!
そんな昨日、TAAさんが牛の世話へいく支度をしている隣人(私だけど)に、悲しそうな声をだしました。
「イイナ、それ、あったかいでしょ。本当は俺も欲しかったんだよね・・・・・」。
それはとてもあたたかい新しい手袋。
中はほわほわ、厚手で丈夫。だけどとてもしなやかで、箒をにぎったり、スコップをつかんだり、バケツをもったりするのもとてもスムースなすぐれもの。ただ問題はちょっとお値段が高かったこと。
私はすいと買ったけど(のんきだから)、TAAさんは値段と寒さを相互に比べ深く複雑に考えて、そのときは「不要」と判断したのだとか。
けれどやっぱり寒さはこれから。
だんだんに防寒手袋が恋しいレベルの寒さになったみたい。安いのじゃなく、ちょっと高めの本格的なやつを、ね。

寒さにはいろんなレベルがあるように思います。
薪ストーブをつけたいな、と思いはじめるレベル(秋口)。
薪にはナラの木がいい、と思いはじめるレベル(ナラの薪は暖かいから)。
もう一気に、外に出たくない!レベル(そして日がな一日ストーブの火にあたり、ナモミにおこられる)。
防寒手袋が恋しいレベル(レベルBT)は、上から二番目くらいのところ?

あらためて、冬はまだはじまったばかりかな、とも思い、新しい防寒手袋の購入をすすめはじめたところ。そしてまた、そんな感じのこの頃の釜津田です。

f0236291_692578.gif



▼ 昼11時の霜柱。
f0236291_6102537.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2015-12-19 06:18 | ■ 季節のおたより | Comments(7) |
Commented by 悦ちゃん at 2015-12-19 08:10 x
寒さが益々厳しくなっているのですね~
氷点下の寒さは滅多に経験しないのですが、身体にこたえる寒さですよね~
木によって暖かさが違うとは知りませんでした~
ばい菌もその種類によって感染のスピードが違いますものね~
「ノロウイルスは名前はノロでも、感染のスピードは速い」のだそうです
「ノロ」はのろいから命名されたのではないですものね
この話をある集会でしたら、皆さん爆笑でした!!
Commented by よっしー at 2015-12-19 09:50 x
手袋って冬の作業に死活問題ですもんね。たまたまいつもの手袋なくて、ぺらぺらのをつかったらすぐにべちゃべちゃになりました…
寒い地域でこだわるべきなのは、雪かき用品、暖房、身につける物ですね~
Commented by BARON at 2015-12-19 15:29 x
AKIさん、サンタさんになってTAAさんにプレゼントしては?
Commented by ゆりりん at 2015-12-19 22:57 x
TAAさん、なんだか昔の私みたい!
以前は買い物はじっくり考えて、迷ったらやめる派でした。
でも、やっぱり欲しいと思った時には売り切れてたりしてて・・・。
どこを探しても無くて・・・無いとますます欲しくなり、ずいぶん悔しい思いをしました。
買いそこなった品々が今も目に浮かぶ位に・・・。
なので今は出会っちゃったと感じたら買うことにしてます。
TAAさんもお急ぎ下さいませ。
お気に入りの手袋が売り切れないうちに!

Commented by kamatsuta2 at 2015-12-20 06:46
ゆりりんさん、本当ですねー、売り切れないうちに手に入れなくちゃ!というか、BARONさんのおっしゃるとおり、サンタが登場すべき?!(笑)
悦ちゃんさんのノロ話、私も爆笑。そしてへー!です。
よっしーさんの、寒い地域でこだわるものには全く同感です。雪かき用品もあなどれないんですよね!
Commented by 芋焼酎 at 2015-12-21 04:36 x
ナモミさんってナマハゲ??の事でしたよね。もうお越しになったのかな?
Commented by kamatsuta2 at 2015-12-21 06:30
お越しになるのは1月なので、お越しにならないように気をつけているところです(笑)
<< 山道と白うさぎ ページトップ 山猫軒への道 >>
The Original Skin by Sun&Moon