北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
旅は道連れ、そして。
2016年 01月 14日 | |
実家からはもうだいぶ前に戻ったのですが、その後少しのんびりしていて絵日記を休んでいました。
そして、その実家から戻る前に、実はちょっと旅にでてもきました。
方向は西。本州をぬけて四つの国からなるところです。

さてそこでは、いろいろ楽しい何日かを過ごしました。
これまでお名前だけは存じ上げていた坂本家の竜馬さん(の銅像)と握手をしたり、山の上の植物園を観にいったり、島を二つもめぐってみたり、電動アシスト付き自転車を初体験したり。海辺のポイントにいることが多かったので、タコを干す様子をはじめて生で観ていっぱい写真を撮ったりもしてしまいました。
どれもこれも旅の思い出。その土地ならではの物や風景。
けれどそんな中、一番印象深かったのは、一緒に出かけたR子さんの現地在住のお友だちに会ったときのこと。
天気が良くていい観光ができた、と報告をすると、その天気の良さの加減をこう言いました。
「そうそう、今日は瀬戸内海もきれいだったもん」

そっか、こういうところで「瀬戸内海」は登場するんだ。一気に瀬戸内感倍増。
美味しいものに珍しいもの、いつもとは違う景色に空気もいいけれど、こんな台詞をすらりと聞くのもとてもいい。
旅は道連れ、そして素敵な案内人。
おかげですっかりパワーアップし、新しい年を元気にすすみはじめました(やっと!?)。

f0236291_22593869.gif




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 寂しがり屋の仏様 ページトップ なりきり鑑賞会 >>
The Original Skin by Sun&Moon