北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
きっと誰もが通る道
2016年 01月 22日 | |
まだまだ子どもで青臭かったあの頃をキュンと思い出すことがある。
ダメだ、ダメよと言われればなおいっそう向こうを向いたあの時代。

最近、牛のこよしが反抗期(多分)。
せっかく与えた乾草を蹴散らし、跳ね上げ、そして騒ぐ(遠くにとんだ草が、今度は「届かない」と)。

なんか思い出すんだよなー。具体的に何を、とは言わないけれど。

f0236291_5525964.gif


▼ なかなか描けませんが、ワサビもコツコツとっています。雪をかぶって真っ暗なハウスです。
f0236291_632098.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2016-01-22 06:05 | ■ 牛のしごと、牛のこと | Comments(6) |
Commented by BARON at 2016-01-22 09:33 x
AKIさんがそういう格好をしていたのは想像出来ないから、一般的な反抗期の象徴ですね。子供も3さい位で反抗期来ますもんね、おんなじだあ。
Commented by 悦ちゃん at 2016-01-22 09:42 x
牛にも反抗期がありましたか?~  知りませんでした~
私が尊敬している友人が毎日、親にひどい言葉を吐き、反省しても又同じ繰り返しをしていたと聞き驚いた事があります
それが正常な成長過程なのだとあらためて思い出しました

先日の雪かき 初めてから終わるまで2時間(午後4時から6時まで)
ずっとは続けられないので近くの利根川に架かる橋の上まで雪景色を見に行って来ました 残照に映える上州の山々 富士山に似た山容でとても美しい赤城山の景色を楽しんで来ましたよ
デメリット(雪かき)の中のメリット(山の美しさ観賞)といった感じでした~
Commented by ツインズママ at 2016-01-22 12:50 x
牛の反抗期ですか!
全ての牛が同じように‥とか、なぜでしょう?
エサに対する、いや飼い主に対する自己主張でしょうか?
成長過程だとしても苦労しますね。

遅ればせながら、岩泉町が停電だったとは知りませんでした。
復旧 良かったですね。水分を多く含んだ湿った雪は倒木につながり
場所によっては陸の孤島になりがちです。
雪かきも思い雪は腰にきますよね。
雪国の宿命ですがお互い頑張りましょう。
Commented by ゆりりん at 2016-01-23 00:00 x
牛さんの3歳と言えば人の何歳なのでしょうか?
反抗期だから14.5歳位?
でも、ダダのこね方は2,3歳の感じでかわいいですね。

ところで、わさびのハウスは雪が降っても大丈夫なんでしょうか?
Commented by kako at 2016-01-24 13:20 x
我が家の末娘のエマにご飯と言うとお腹空かないの答え!だからやせっぽっち。他の猫たちに食べられちゃって最後はお腹を空かせています。
一番の大猫ダコタが先月亡くなったので餌を食べられちゃう心配はだいぶ
減ったのですがね。
Commented by kamatsuta2 at 2016-01-25 06:54
BARONさん、いやいや、実話です、スカート踏んで歩いたいい時代です(笑)

悦ちゃんさん、デメリットの中のメリット、いいですね。そうでなくちゃ!見習います!

ツインズママさん、自己主張ですよね、きっと。わかりやすい自己主張で、いいといいえばいいでしょうか(笑)。雪、そちらも気をつけてくださいね!

ゆりりんさん、人でいう年齢を知らないのですが、確かに14、5歳くらいかも。でも自己主張の仕方は子どもですね(笑)。ワサビのハウスは雪が沢山積もると壊れる恐れがあるのでいくらか雪落しをします。こちらではそこまでの心配はあまりないのですが。

kakoさん、あら、エマちゃんはかわいいですね(笑)。いつかもりもり食べて大きくなりますように!
<< シーズンズ 北国の冬のお寺編 ページトップ 多めの雪の多めの話 >>
The Original Skin by Sun&Moon