北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
真夜中の怪音4 小正月期編
2016年 02月 27日 | |
沢の水音や向かいの家の牛のくしゃみが聞こえるような静かな山の中の夜。
けれどときどきいつもと違う音が響くことがあります。
天井を何かがかけていくような音、
クルミの実のなる季節にガードレールに何かが当たる音、
白菜漬けの季節に台所から響く包丁の音。
そして最近はコツン!と何かが板間の床に落ちる音・・・・・・。

先日は旧暦・小正月。
そろそろお供え団子たちが「早く食べて!」と言い出しています。

f0236291_6301520.gif



怪音シリーズの日記(1~3)があったはずなのですが、自分でもみつけられませんでした(悲しきテキトー人間)。
でも、それぞれの音と状況を想像いただけると幸いです。
そして、他にもいろいろあるなぁ、とのんきに思い巡らすこの頃です。

▼ というわけで、今年も飾りました。ミズキ団子。
f0236291_633115.jpg
▼ いつもどおり牛舎にも。
f0236291_634685.jpg

今日の写真はどちらも超ピンボケでごめんなさい。

AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 今日の方向 ページトップ 畑わさび採種技術研修会 >>
The Original Skin by Sun&Moon