北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
そして、こよし、母になる。
2016年 03月 11日 | |
先日、こよしのお産がありました。
こよしといえば、わが家の牛舎きっての不思議さん。
とてもいい牛なので母牛とすべく家に残した牛だけど、生まれたときからどこかちょっとぼ~っとしていて、大きくなってからもぼ~っとしていて、これで本当に親牛になれるかなぁ・・・わが家だけでなく近所の人たちも心配したりおかしがったりするそんな牛。
けれど先日無事子牛を生み、そして親牛になりました。
お産もお産後もやはりこよしはこよしらしい。けれど少しずつ母牛になっているみたい。

牛のお産のある今の時期はお産がなくてもなんだかてんやわんや。
毎日動物園のようだし、予定がくめなくてばたばた度も急上昇。でもちょっと感動もする。
世の中にはそれぞれの場所や事にそれぞれそこでしか感じられないものやことがあると思うけれど、これもまたそのひとつだな、そんな風に思います。

f0236291_931077.gif



▼ かわいい子っこ。
f0236291_9365925.jpg
▼ でも結構きかん坊そう。
f0236291_9372236.jpg
▼ 生まれたてのくるくる巻き毛。
f0236291_9381716.jpg
▼ そして仲良し。
f0236291_9383967.jpg

▽ 今日は震災から5年目の3月11日。5年前の3月13日、親せきを探しに海辺の町へいったけれど写真は一枚も撮らなかった。私の中の震災の記憶。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< はたらき者のお尻 ページトップ 最近の流行りもの >>
The Original Skin by Sun&Moon