北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
はたらき者のお尻
2016年 03月 13日 | |
すっかり春めいている今日この頃。
雪はとけ、畑も土がすっかり見えるようになりました。
それはそれはとても気持ちがいい日々だけど、アスファルトではない畑の道は、土がぬかるみ、ぐっちゃぐちゃ。
そこをハウスへたたたっと走ると、お尻にぴちゃん!と泥がはねます。
ちょっとしゃがんで作業をすると、長靴についた泥がズボンのおしりに転写されます。

お猿のお尻は赤いけど、はたらき者のお尻は黒いのだ。
そう思い、やや自己演出も加えながら、汚れたお尻にひとりフフフと思っています。

f0236291_11465083.gif



▼ 畑近影。今日もこんな青空です。
f0236291_11493879.jpg
▼ 雪がとけたら玉ねぎの芽が無事にいました。これからが楽しみ。うれしい春。
f0236291_1150481.jpg
▼ こちらはネギ。植えっぱなしでこの前までは雪に埋もれていたけれど、これからは貴重な野菜のひとつに。
f0236291_11504370.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2016-03-13 11:53 | ■ 季節のおたより | Comments(6) |
Commented by g-psy at 2016-03-13 12:18
雪解け期の未舗装エリアってホントに歩きにくいんですよね。
あと、雨の後の畑も。

ところで、長靴って普通の長靴ですか?
私のイメージでは農家さんの長靴は地下長(地下足袋の布の部分がゴムで出来ているやつ)なんですが…
自分で使ってみると本当に使いやすいですよね、脱げたりずれたりしないから。
問題はサイズがなかなか見つからないことですが。
合うのがあればお薦めです。

Commented by 悦ちゃん at 2016-03-13 14:32 x
ぬかるんだ道は歩きにくくて大変ですよね~
子供の頃は殆どが未舗装の道でしたのでわかりますよ~
一生懸命働こうとして急いで歩くので泥も撥ねるのですから、自分を褒めた方がよいと思いますよ~

雪の冷たさで溶けてしまわず、元気でいたネギ 素晴らしい生命力ですよね~
Commented by ゆりりん at 2016-03-14 09:10 x
私も子供の頃のお尻は、AKIさん風に言うととっても働き者のお尻でした。
雨の日長靴をはくと、ふくらはぎから太もも、ひどい時はお尻まではねがあがってました。
子供心に気にして、内また外またそ~っと歩いたり色々試しましたが、ずっと働きものでした。

たまねぎやねぎは雪の下で冬を越したのですね!!
収穫し忘れとかではなく、あえて冬越し野菜にするのでしょうか。
そのほうが美味しいとか?
Commented by りくりいさたろ at 2016-03-14 16:21 x
確かに泥汚れは畑仕事にはつきものですものね。
正しい栽培としては3月までに玉ネギの追肥しなければならないらしいのですが野菜作り2年目の私なのでこれから追肥します






働き物のお尻とはさすがですね。

野菜作り2年目の私本当は3月までにたまねぎの追肥しなければならないのですがまだなんです。

はやくしなければならないですね。

が昨日までのポカポカ陽気が嘘のような今日のみぞれです。






せんz
Commented by ホドホド at 2016-03-14 17:17 x
前にTVで歩き方で≪ハネがあがる≫とか言ってました。 が人それぞれに歩くクセがありますからネ・・・but、お尻の泥?・・・ハイ、働き者の立派な証拠デス・・・(^^;)
Commented by kamatsuta2 at 2016-03-15 12:56
g-psyさん、地下長、初めて知りました。田植えなどで使うやつかなぁ。今度探してみますね!楽しみです!

悦ちゃんさん、雪解けの後に顔を出すネギには私も同感の思いです。これからあたたかくなるともっとシャキッとしておいしいですよ!

ゆりりんさん、研究熱心なお子さんだったのですね!よ!働き者!と今なら私が声をかけます!(笑)玉ねぎは夏にまいて冬越しさせて育てるそうです。以前はこちらは寒すぎでできないといわれていたのですが、近年育てる人が増えて・・・。温暖化なのか、品種の改良なのか、というあたりです。ネギはほったっらかしの結果です(笑)。

りくりいさたろさん、私は玉ねぎははじめてでおむかいのおばあちゃんにいろいろ教わり育ています。りくりさたろさんも教えてください☆

ホドホドさん、そうそう、働き者の証、ということで(笑)!
<< お調子者の迷路 ページトップ そして、こよし、母になる。 >>
The Original Skin by Sun&Moon