北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
川の水の春の色
2016年 03月 29日 | |
週末にお客様があり、楽しい一夜を過ごしたので気分もすっかりリフレッシュ。冬の間じっと静かに家の中にこもっていた暮らしのモードも一気に春モードになっています。
そしてそんな春モードであらためて周囲をみわたせば、バッケにフクジュソウにスイセンの芽・・・あたりは春の色に満ちはじめています。
けれどそれだけじゃぁ、ないのです。

川の水は季節で結構色が違う。
夏は夏の日差しにキラキラ輝く白い色。秋は落ち葉や木の実の色とともに。
冬は暗く鈍いけれど、春になればそれは一気に澄み渡る。雪解け水の勢いが川底を洗い、川底の色が川の色を作るからです。

今年は雪が少なくて雪解け水も少なそうだと心配していたけれど。
安心、今年もちゃんと春の色に。

f0236291_1393089.gif



▼ 水色はうまく撮れなかったけれど。川近影。
f0236291_13112354.jpg
▼ 飛行機雲ぴゅん。
f0236291_1311492.jpg
▼ お椀も徐々に春モード。今朝はいただきもの(促成栽培)のウルイの味噌汁。
f0236291_1312873.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 植菌パズル ページトップ 愛すべきお店屋さん >>
The Original Skin by Sun&Moon