北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
オクラはじめ
2016年 04月 08日 | |
今週は少しパタパタしていたのですが、昨日、かねてより「やるぞ、やるぞ」と思っていたオクラの畑準備(圃場準備というみたい)にとりかかりました。
今年も規模はハウス一棟。低飛行ながら絶対安定路線の我がオクラづくりですが、まずは畑への水まきから。冬の間もハウスの中は雨や雪が降らないので、畑づくりの前にはこうして水をたっぷりまき、畑の水分を補うのです。

畑へたっぷりと与える水は沢水。ポンプでくみ上げ、ホースをつなぎ、畑で散水作業です。
芽ぞろえをよくするには、均一な条件で種をまき、育てるのが大事なので、水まきもハウス全体、畑全体に均一にくまなくするのが基本です。
が、基本って大抵つまらない手間がかかる。水まきの場合ももちろんそうで、基本のまき方を守っていると、ひたすら時間がかかる仕組み。
あぁ、面倒くさい。おまけにだんだん眠くなる。TAAさんが来てかわってくれないものかしら。畑の中心で嫁はいつでもどんどん夢をみます(手を抜く方向へ)。

が、そんなとき、作業のやる気を引き戻すものがあるのです。
半透明のハウスは外からも中からも程よくお互いがうっすらとみえ、ハウスを見通せる畑の前の道路を人や車が行き来すると、お互いにそれとなく視線を交し合ったりできます。
と、行く車に背筋をシャン!帰る車に構えをシャキン!いうなればそれは人目の効用?!

いろいろ煙たがりがちな人目だけど、時々便利に使います。
まずは、山里の程よい交通量によるそれが、いい塩梅に働いた、昨日はそんな今年のオクラはじめ。
暖冬(暖春?)を受け、例年より少し早めのスタートです。

f0236291_1462851.gif



▼ イラストにもちらりと登場していますが、日当りのいい場所でスイセンが咲きはじめました。いよいよ花咲く春のはじまる釜津田です。
f0236291_148038.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
Commented by 悦ちゃん at 2016-04-08 22:01 x
「適度な距離感」と言う言葉が本日読んだ本に載っていました  超難しい仕事も疲れますが、単調な仕事も別な意味で疲れますよね~
前々から何故、川の流れやたき火の炎を見ていると安らぎを感じるのだろうと不思議に思っていました
もしやパソコンで調べたらわかるのではと期待し検索してみました 出ていました
要約すると規則的と不規則の丁度、間のような物なので安らぎを感じさせてくれるのだそうです
「半透明で、うっすら見える」から思い出したことです
Commented by ホドホド at 2016-04-09 11:47 x
人の目 をいい塩梅にキャッチする事が出来るってもうベテランさん!  私は外に他人様の気配をかんじた時は髪に櫛入れてからドアから出る事(?)もありますが、あとはボオォ~ッ・・・の時あり。  変化料理、同じ事の繰り返しをしている者には感心と驚きです。
Commented by kamatsuta2 at 2016-04-09 15:27
悦ちゃんさん、ほぉぉ。今日はひたすら感心で拝読!なるほどです。

ホドホドさん、髪に櫛を入れもせずにいるわが身を思わず振り返ってしまいました(あわわ!)。人の目は基本気にせず、でも時にはうまく使えるようにもなりたいなぁ、と思っています。
<< 姫さま農業 ページトップ 同じだけど違うもの~変化(へん... >>
The Original Skin by Sun&Moon