北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
昨日は山上げ
2016年 05月 10日 | |
昨日は牛たちの山上げでした。牛たちを山の放牧地へ連れていく日です。
これから半年(10月末まで)牛たちは山の放牧地で牛たちだけで暮らします(野宿ですよ!)。
そんな牛たちのサバイバルキャンプ(違うか?)に初参加するのは、ぴりかとこま(ち)ちゃん。
どちらも去年、子牛の時には親牛とともに山で暮らしはしましたが、その時は親が世話をしてくれるし牧野も違う場所でした(牧野は全部で四か所ある)。
今年はそんな親牛もおらず、本当に二頭きりの山暮らし―だ、大丈夫か?!
ぴりかとこまちゃんののんきぶりを知っているこちらは内心ハラハラ。
そして牛積みの人たちも心配をしてくれました。
それは、「この牛たちはこの山(放牧地)を知らねぇからな」とちゃんと周囲に他の牛たちがいるのを確認してから二頭を牧野へおろすこと。
「ほら、あっちにいるぞ」と声をかけ、二頭も他の牛の群れをちゃんと(たぶん)見たのを確認して、みんなでそこを離れました。

二頭(や他の我が家の牛たち)に会うのはこれから月に一回くらい。
山の中で牛たちが牛たちだけで暮らしている―なんだか不思議な感じですよね。いや、牛たちとの付き合いが長くなれば長くなるほど、不思議さは増しているような気がします。そして今年は二頭がいるせいで余計に不思議に感じました。
いずれ牛たちは牛たちの世界へ。今年もまた、昨日はそんな山上げでした。

f0236291_13422868.gif


ところで牛たちはこんな風に山を覚えていくのかな。
f0236291_13431932.gif



▼ はじめての山に腰引けぴりかさん。
f0236291_13452566.jpg
▼ まだ腰引け。
f0236291_13454354.jpg
▼ でも最後には思い切ってジャーンプ!(ある意味極端)
f0236291_13461097.jpg
▼ そして他の牛たちに混ざり半年をここで過ごします。中にいるのは牛まぶりさん(放牧地の看守さん)。山にいる人間はまぶりさんひとり、の世界。
f0236291_13463394.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 夢見るリスな生活・釣り編 ページトップ 今日は山上げ >>
The Original Skin by Sun&Moon