北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
必ず会いにきたい人
2016年 05月 27日 | |
f0236291_5425522.gif


それくらいなら電話でぱぱっとすむのでは?忙しがりの器極小の嫁はそう思ったりもしちゃいます。
TAAさんも「まぁ電話でもすむといえばすむけどね」。でしょ!

でもね、いいの。本当はそれが会話、対話ってものだから。
最近は電話、メール、スタンプひとつ。会話はとても簡単、便利。
でも本当は会話って、対面でしかなりたたなかった時代がある。そしてそのやり方のあたたさよ。

「必ず会いにきたい人」は、そんな愛すべき対面主義の人(性格も少々含む)。
その用事が小さければ小さいほど、その魅力はきらきらと輝きを増す。
そして、手間の割にかからない用件の時間に反比例する何かをいつもおいていってくれる。
忙しいときは本当に困るんだけど(器極小)、実は本当はそんなに困りもしないかな、そう思わせる何かもある。
多分。

AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2016-05-27 06:39 | ■ 愛すべき隣人たち | Comments(6) |
Commented by miho at 2016-05-27 13:16 x
小さな『村』(=自治会)の中の話ですが、
『回覧板』ってそんな感じがします。
FAXとか一斉メールとか、たぶん今どきはもっといろいろありますね。時代に遅れていてわかりませんが。

でも、回覧板を回す。
『あるき』っていうシステムもあります。(呼び方は地域によっていろいろ、たぶん。)
高齢だから、電話だと『伝言ゲーム』になったり、最新のツールは使えなかったりするという理由はもちろんあるけれど、要件以外の小さな対話の積み重ねが、実は人間関係の潤滑油だったりするかもと思います。

「もう!メールにしてよ!」とイライラしたりもするんですけどね(笑)
Commented by 悦ちゃん at 2016-05-27 15:50 x
昔は電話、なかったですね~ 実家に電話が入ったのは中学生の頃でした
したがって来客も予告なく突然でした
それはそれで済むんですね

今は文通と言う言葉も死語になったのでしょうかね~
Commented by 芋焼酎 at 2016-05-27 20:56 x
亜希さんへ
亜希さんのLINEスタンプの発行予定はないのでしょうか。
私はスタンプは使うタイプの性格ではないのですが、亜紀さんのスタンプは
使いたいと強く思っています。
是非とも、出してくださいね。
Commented by ホドホド at 2016-05-28 18:36 x
それぞれの性格で行動も「あれれ・・・⁉」と違和感を感じる事ってありますよね。でも当人には ♪当たり前ぇ~~♪ その分こちらが「you変だよ!」と思われているわネ・・(正直、少し変デス)  加齢と共に 半歩 譲る事を覚えました。
Commented at 2016-05-28 19:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kamatsuta2 at 2016-05-30 06:03
mihoさん、要件以外の小さな対話の積み重ね、大事にしたいなぁと思うこの頃です。要件のみですませたいときももちろんありますが、それが正解というのではないかもしれないですね。でもそれには結構心の余裕も必要で、なかなかうまくいきません。私も「もう、メールにしてよ!」が多いかも・・・(笑)

悦ちゃんさん、実は学生のころの寮は少し前まで電話もない寮で、互いの連絡がドアへの張り紙、という形式が残っていたんです(私の時には内線電話というものがついたのですが)。携帯もない頃だったので、連絡はまだどこか対面式だったかも。文通も子供のころは憧れのひとつでしたよね(今はそれがSNSなのかな)。

芋焼酎さん、そうでした、ラインスタンプ!芋焼酎さんのスタンプデビュー(?)を応援するためにも作らなくてはいけませんね。作ったらご連絡します!(笑)

ホドホドさん、加齢とともに半歩・・・わ、わたしもその境地かも。以前はもっとガツガツしていたのですが、大人になった、ということで・・・(笑)※コメント読んで「は!」って思いました。緊張、うつりますよね!それはいけない。次からは「楽しい」がうつるよう楽しみます(笑)!内緒話もありがとうございました(笑)!
<< どうしても書き(描き)たかったもの。 ページトップ 俺たちの下積み時代 >>
The Original Skin by Sun&Moon