北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
端午と魔物とTAAさんとハエ
2016年 06月 10日 | |
乾草取りも無事終わり、さらにほっと一息しています。そしてまた、季節がどんどんすすむことにあらためてびっくり!な今日この頃。時のすすみの早いことよ(そういえば今日は時の記念日?)。

さて、そんな中、昨日は旧暦の端午でした。
町の様子を伝える知り合いのたよりに「ユムギショウブ」もありました。それはユムギ(ヨモギ)とショウブの葉を束ねて軒下に下げる(あるいは屋根の上にあげる)もので、わが家のあたりではしませんが、こちらで身近にみることができる「いい風景」のひとつです。
と、そう。わが家のあたりでしないためか、それは密かに憧れのひとつ。毎年いいなぁ、と眺めます。
そして、だからでしょうか。TAA氏のとある季節の行動が「除け(避け)」つながりでユムギショウブとつながりました。
ユムギショウブは魔除けのお飾り。端午の季節は魔除けの季節。とともに虫やハエも飛び出して、虫避け、ハエ避けもはじまる季節・・・。

端午によせて、虫の季節のおたよりでした。どんとはらい!

f0236291_721440.gif



▼ 乾草取り。ぎりぎり雨に追いつかれず!
f0236291_783164.jpg
▼ 昨日は電牧もはりました。こちらはクマ避け&シカ避け。
f0236291_785063.jpg
▼ デントコーンも無事芽生え中。
f0236291_791361.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 草取りはじめ ページトップ タケノコ剥きの極意 >>
The Original Skin by Sun&Moon