北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
七代目一茶
2016年 07月 11日 | |
この週末はオクラハウスの手入れ仕事を集中して頑張りました。
風通しや草勢の調整のために、オクラは下枝を落としたりする手入れがあるのですが、いつもついつい後回しにしがち。一方通路も枯れ葉、落ち葉か散乱しはじめ(悪い菌の繁殖もとになる)気になっていたこの頃でした。それを一気に整頓、片づけ。そして通路に肥料をやったり、水もやったり。オクラ満足、私も満足。

さて、そんなオクラハウスには、毎年一匹の住民がいます。
「ケロ」と鳴き声は実は聞いたことがないけれど、絵に描くとそう添えたくなる小さなカエルです。
毎年必ず一匹いて、ハウス仕事の友として、挨拶もするのが通例でした(こちらが一方的にだけど)。
毎年同じカエルではさすがにないと思うけれど、同じカエルのように毎年親近感を持ち、歴代みな「一茶」と名付けるのも恒例の楽しみ。
あわせると、毎夏繰り広げられる、ハウスでの嫁の独り言―「やや一茶!」「はいはい、一茶、どいてください」てな感じ。

けれど今年その一茶に異変が!
あぁ、どうしよう、こ、こわい。
一茶暦7年、こんな一茶がやってくるとは思ってもいませんでした!

f0236291_5412030.gif


▼ オクラの花の横顔。
f0236291_5414888.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2016-07-11 05:49 | ■ 愛すべき隣人たち | Comments(6) |
Commented by 悦ちゃん at 2016-07-11 07:36 x
動物も小さいのはそれだけで可愛いですよね~
カエル 小ガエルが突然変異したのでなく、別品種のカエルなのでしょうかね~

「明日への力になっている」のコメントに共感です
日本中(いや海外の方もいますね)で、どんなに大勢の方が力をいただいていることでしょう
Commented by kamatsuta2 at 2016-07-11 08:45
あ、間違えた!
ちなんだのは、「蛙飛び込む〜」ではなくて「やせ蛙〜」です。
時間ができたら、イラストの方も直しておきます!
Commented by ホドホド at 2016-07-11 13:41 x
あらら・・・出ましたか⁉ 体調7センチぐらい、 胴回りの太さはボョョ~ンって感じ?・・・なんも悪さはしませんが苦笑いで逃げるのみですねぇ~(;´Д`)トホホ  (人好きのケロちゃんは居てほしくない)  
Commented by miho at 2016-07-11 16:15 x
ちっちゃくてかわいいヤツ、わが家ではお風呂場や、たまに家の中にも来ます。
「おうち帰らなアカンやろ・・・?」
とか話しかけてます。
さすがに名前まではつけないですけど。

ぴょんぴょんしながらも、なかなか外へ逃げられないところは、AKIさんちの一茶と同じく『どこかドジ』。。
Commented by g-psy at 2016-07-11 22:31
一茶の進化。
ポケットのボールに入ってしまうどこかのモンスターのように。
捕まえて変顔させて遊びたいような・・・

今日も真面目なAKIさんに脱帽。
Commented by kamatsuta2 at 2016-07-12 06:05
悦ちゃんさん、小ガエルの突然変異ではないことを祈ります(笑)いや、一茶であってほしい気もするのですが・・・

ホドホドさん、やっぱり逃げるのみですよね。これからますます成長したらどうしよう!!

mihoさん、では、その子にも一茶という名前をお使いください(笑)。いつか巨大化するかもしれないけれど・・・(笑)

g-psyさん、え、どこか真面目?!
<< おしゃべりなお店屋さん ページトップ あなたの背中 >>
The Original Skin by Sun&Moon