北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
キノコ料理の妙
2016年 09月 28日 | |
昨日はマスタケを食べました。魚のマス色だから「マスタケ」というキノコです。
初夏のころから見かけることもありますが、メインの出時はわが家的には今頃。そして昨日はその初物という次第。
そして、いつもどおり煮つけにしようと切ったマスタケを鍋に入れ火にかけたら、その事件は起こりました。

ぐつぐつぐつ。
ふわ~~~~ん。
それはマスタケのいい香り。食べごろの短いマスタケの、それはまさにその短い食べごろの証しのひとつ。

愛の告白と人助けとキノコ料理はタイミングが大事。
あらためてそう思い、昨夜はそんなキノコ料理の妙を堪能できたいい夜でした。

f0236291_733168.gif



▼ マスタケはマスの色(これはすでに切ったもの)。
f0236291_755273.jpg
▼ そして煮つけ(ちょっと盛り・・・)。
f0236291_76122.jpg
▼ ちなみに昨夜はマイタケ(栽培もの)のおつゆも食べました。里芋と間引き白菜で、秋感たっぷりな夜でした。
f0236291_764327.jpg


コメントへのお返事もそろそろまた書きますね。長らく失礼していました。

AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 彼らの隣人 ページトップ 9月のふもと >>
The Original Skin by Sun&Moon