北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
子リスたちの発表会
2016年 10月 17日 | |
気持のよい秋晴れだったこの週末、先日お伝えしたとおり「子リスたちの発表会」へ行ってきました。かわいいクリ型の招待状に誘われてバイクでとことこ秋晴れの中をでかけてきたのですが、かわいいクリ型の招待状のとおり、いや、それ以上にとてもかわいらしく、そしてとても素敵な発表会でした。

いつもはお父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんさらには近所の人たちまでてんてこまいにさせるやんちゃなリスたちの上手な絵、上手な字、すっごく苦労して仕上げたであろう自由研究の大きなまとめ。噂の「劇」は地域色豊かで子リスたちの演技もすばらしく(素晴らしすぎるくらいだったかも!)、いつもはお父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんさらには近所の人たちまでてんてこまいにさせる(←しつこい?)やんちゃなリスたちの大いなる可能性がきっらきらと輝いているようでした。

近所では学校行事にマメに顔を出す地域の人がとても多くてそれがほほえましくもあり、でもほほえましいくらいで終わっていたりもしていたのですが、なんだかそんな風に顔を出したくなる気持ちがうんとわかってしまったかもしれません。つまりもう、ただただかわいい。そしてもう、ただただありがたい(完全におばちゃんモード)!

山の小さな学校は本当に小さい。だからみんなで大事にするけれど、大事にしてもらっているのは私たちだな、と思うことの方がうんとある。それは親リス氏たちやボスリス方(つまり先生方)のおかげのひとつだけれど、小さな子どもたちに・・・もとい、小さな子リスたちに年寄り(私も含む)はやはり元気をもらうのです。

それにしても本当に見応えあったな、子リスたちの発表会。
絵が小さくなって見づらくなってしまったけれど、劇中には”絵を描くのが好きなアキコさん”という村人もいたんですよ。どこかでよく見かける茶色のエプロンを腰にちゃんと巻いていたりして。
本当にいろいろなことに感謝もいっぱい、な素敵な山の一日でした。

f0236291_9212895.gif



▼ おじいさんのために村人みんなが「う~ん、う~ん」と悩んでいるところ。私的には結構好きな一場面でした☆(渋好み)
f0236291_9571658.jpg
▼ 秋晴れの放牧地。
f0236291_9573435.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 稲こきと新米街道とお月さま ページトップ 新入り目線 >>
The Original Skin by Sun&Moon