北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
アイドルの来宅にて
2016年 11月 09日 | |
先日、バクロウさんがやってきました。
バクロウさんは資格をもとに牛の売買をする人で、時折釜津田にもやってきて農家から牛を買っていったりしていくのです。
特に市場が終わり放牧地も閉じるこの時期には、バクロウさんが年の挨拶もかねてやってきてくれるのはほぼ恒例で、「バクロウさんが来てるよ」などと近所から話が聞こえてくると”あぁ、もうそんな季節なんだなぁ”と思ったりもするくらい。
いずれ先日はそんな風にバクロウさんがやって来た日。さらに、昔なじみの義父と久しぶりに再会したといって、家にも寄ってくれました。バクロウさんもご機嫌、義父もご機嫌。そして私も密かにご機嫌。
実はバクロウさんはいつも二人組。父さんとその息子。そして息子さんは近隣の牛飼い界きってのおしゃれボーイ。私と同い年のTくんを“ボーイ”というのもなんですが、いつまでもそう呼ばせるようなパワーがそこに。
今回も、一日の牛仕事の後なのに、頭にまいたタオルはパリッ。
しかもおしゃれなブランド物!
あぁ、日頃の努力よね。アイドルは一日にしてならず。牛の仕事はかっこいい、そう信じ体現し続けるその姿の裏あるたゆまぬ努力を勝手に感じ、あらためて感心しきり。そして何より目の保養。病み上がりには特に素敵な午後でした・・・♡(←!危険な”♡”締め)

f0236291_6243710.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 昨日のできごと ページトップ 農家の夢見る休日 >>
The Original Skin by Sun&Moon