北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
夢見上手
2016年 12月 21日 | |
ちょっと前からのことですが、立て続けに異口同音に耳にしていたことがありました。
「で、買いました?」「そう、買いにいくんで」・・・なんたらかんたら。
毎年聞く台詞ではあったけれど、今年はなんだかいつもとは違う風に聞こえました。
それは多分そう言ってくれた人たちがみな、とても楽しそうに見えたからかもしれません。
さも当然。「え、まだなの?だめだよ~、買わなきゃ!」

何の話かといえば、年末恒例くじのこと。
静かな山の中でみる夢は、どこかのんびり、あたたかい。
「何がいいってね。え、違うよ。夢見ること自体が楽しいんだよ。今からだったら10日間は夢見れる。あー、いいね、しあわせだよね」
旅のように過程を楽しむ楽しみを。そんな夢なら買ってでもみたい。まだ間に合うので、今さらながら買う算段もばっちりに。

ちょっとばたばたしている年末、でも夢見上手にあやかってしあわせな時もすごしたい。みなさんも、ね。

f0236291_11112533.gif


万が一(?)夢に届いてしまった時のために、名前と顔の紹介を控えさせていただきました。
羽振りがよくなったらわたしだけご相伴に・・・大作戦。
人の夢もまた楽し。

▼ 家では朝鮮漬けが思ったよりもちょっと美味しくできています。おいしくむしゃむしゃ食べています。
f0236291_11161076.jpg

お礼とお知らせ。「河北新報」さん(12月18日付け)で季節暦を取り上げていただきました。うれしいです。そしてまた、冬至からはじまる季節暦、これを機にまた手にとっていただけたらさらにうんとうれしいです。

それから、「ちゃこ」の方も楽しく続けています。張り切ってみたり、ちょっと遠くから眺めてみたり。ただ、数人一度にくると手狭ということがやはり実感。いろいろ試したり工夫してみたいな、と思っています。

AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< この頃と連休の計画 ページトップ 素敵ステーキとインドな楽しみ、... >>
The Original Skin by Sun&Moon