北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
ぐるっと岡山―京都の旅
2017年 01月 26日 | |
すっとん、とご報告が遅れましたが、先日旅に出てきました。恒例の(?)冬の小さな旅企画です。
例年は近場ですませることが多いのですが、今年は思い立って思い切って身銭切って(当然ですが)本州をえいと縦断、西日本方面へ行ってきました。

行ったのは岡山、京都。実はそこに縁のある牛がそれぞれいるのです。
ひとつは数年前にわが家からお嫁にいった短角牛(生体)。
もうひとつは数年前にわが家からお嫁にいった短角牛・・・の木彫。
地域や農家の周辺には今もいろいろな交流があるのですが、数年前もそんな交流が盛んだった時期。いろいろなめぐりあわせの中、牛を介したつながりがちょこっとずつでもあったのです。

そうして行った今回の先々では、おかげさまでとてもいい再会ができました。
それぞれの牛に加え、岡山で短角牛に目をつけてくれたTさんと再会(あわせて牛の世話をしてくれているKさんと初対面)。京都では肉をあらゆる意味で大切にしてくれている焼き肉屋さんのK社長と再会。各夜や朝や途中には、観光要素もしっかり、ちゃっかり。再会にしても牛にしても道中観光にしても、それぞれに「へ~!」や「すごい!」、「なんのこっちゃ~!」な物や話を実際に見たり直接に聞いたり、本当にとてもいい旅でした。

ちなみに、つながりのはじめは「数年前」と書きましたが、それぞれ話をしているうちに「数年前」というよりは「十年前」に近いことが判明。月日が経つのは早いけれど、月日が経ってまためぐりあう楽しみもあるんだなぁ、となんだかおかしく、そしてこれからのこともまたおもしろくなりました。

絵はいつもより少し大きめにアップしています。クリックすると大きく見れると思います。
他人の旅路は時に「???」なものですが、目下大盤振る舞いで楽しかった思い出の押し売りしているところです。

f0236291_6241768.gif



▼ 岡山・備中高梁の棚田の風景(放牧地として転用しているもの)。色を添えるは案内してもらったT田さん。
f0236291_6245762.jpg
▼ 棚田の牛たち。石垣と牛がよく似合うことがとても新鮮。いろいろなことを考えました。
f0236291_6263751.jpg
▼ そしてうちから嫁いださくらちゃん。立派に大きくなっていてむしろびっくり!
f0236291_6292423.jpg
▼ 放牧地の草の他、イネのサイレージを食べていました。さすが南国(稲作適地)。贅沢~。
f0236291_6302582.jpg
▼ 思っていたより大きく、思っていたよりかわいかった子。
f0236291_631776.jpg
▼ 京都北山・焼肉南山さんの盛り合わせ。特別に短角牛肉も含めた食べ比べができる盛り合わせにしていただきました。面白かった!
f0236291_6325928.jpg
▼ 南山さんで最近できた地下施設も見せていただけました。すごかった!
f0236291_639639.jpg
▼ 枯らし庫というのもあって、独自の肉の管理ができるのです。
f0236291_6412122.jpg
▼ さらに奥にはキッチン付きの研修室も。ここがまた素敵でした。食育だけでなく肉の職人を育成するプログラムが独特です(二つ上の厨房の画像は職人さんのデモンストレーションと仕事の場)。
f0236291_6415742.jpg
▼ たれ短角(うちの町の短角牛のマスコット。下の大きい方はとてもレアものなんですよー。”ちゃこ”にも欲しくて、うらやましい!)。
f0236291_643769.jpg
▼ そして最後にTAAさんの牛。お店の前に大事に飾っていただいて、こちらも元気にしていました。
f0236291_6444255.jpg


岡山・高梁市の短角牛の放牧については「山地畜産」で、南山さんや南山さんのミートカレッジについては店名および「ミートカレッジ・ギューテロワール」で検索すると詳しくて正しい情報が集まると思います。気になる方がいましたら。また、南山さんのギューテロワールは一般公開もしているそうなので、近くにおいでの方はぜひ。興奮しますわ!(私だけ?)

久々更新。満足度満タン、旅日記でした!


★ AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< ワサビの花芽と山のキリンと(追... ページトップ 今年の凍み大根仕込み >>
The Original Skin by Sun&Moon