北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
カテゴリ:■ ダメ嫁ぶりのこと( 25 )
| |
|
2012年 04月 26日 | |
先日、義父母、ばあちゃんがそろってお出掛けした日の事。
かねてから、一度試してみたかった未知の味料理をつくってみました。
普段は保守的な料理が多いので、かなり大きな攻めでした。
ただ、何分うろ覚えな料理だったので、見事に失敗してしまいました。
でもよかったな、と思いました。
食べるのはTAA氏だけ。失敗しちゃった♡のひとことで許してくれる人物です(妄想)。

二人の食卓はスペシャルな食卓。
チャレンジ精神にみち溢れ、冒険心と期待と不安(食べる側の)が入り交じる。
作り手側としては、失敗を”攻め”で誤魔化せるところもスペシャルです。

f0236291_1581153.gif



ちなみにちなみに、今回のワンプレートディッシュも”攻め”のひとつ(普段は一品ごと)。
だって洗うの楽なんだもん。もとい、お洒落なんだもん。
そしてお味噌汁は前日の残りで。
わが家的二人の食卓は、大いなる怠惰もそこかしこに隠し盛り。
2012年 02月 26日 | |
昨日は雪が降りました。
久しぶりの積雪です。
午後になり、降雪の勢いが少しおさまったところで、TAA氏とともに家まわりの除雪、雪かきにむかいました。

こちらの今年の冬は、雪が少な目の冬。
だから少しばかり、雪にうかれていたところがあります。
そしてものすごく私事だけど、海をわたって異国の風に吹かれたいなぁ、そんな思いがなぜか高まっている今年(といっても、まだふた月にもなってないけど)。
だからでしょうか、雪積もる凍った川をみて、つい思い浮かべてしまいました。
「・・・エゲレス。」

イギリスがエゲレスになまってしまったのはさておいて、
冬の川にはときどきドキリ。
不思議で不確かな氷と雪の造詣が、こうして深層心理を浮かび上がらせる。
生活必需、目下最優先事項であるべき雪かきだってさぼらせる。

f0236291_11152650.gif



▼ 昨日の道路状況。
f0236291_11164334.jpg
▼ TAA氏の除雪。
f0236291_11172027.jpg
▼ そしてこれはイタリア。
f0236291_11175449.jpg

2012年 02月 05日 | |
明日は小正月(1月15日(注)旧暦)。 ※←2月5日の日記です。
ということで、今日はミズキ団子作り。ミズキ団子は小正月のお飾りです。

ミズキ団子は作りは今年で2年目。
一年目の昨年に習ったとおり、五穀豊穣、家内安全、家族円満、アンチエイジング・・・諸々を祈っていろいろな形のお団子をつくりました。
例えばササギ、例えばバラ、例えばオクラに、例えばウシ・・・そう、昨年通りのラインナップ。
だけどなんだか昨年と様子、様相が違いました。

ササギはおせんべいみたいに。
オクラは閉じた傘のように。
牛にいたってはこちらにはいないイノシシのように。作り直してみてもなんだか違う。去年の傑作(自称)の数々は、ビギナーズラックだったのかもしれません。

いずれにしてもわかったこと。
一年の祈りをこめるミズキ団子作り。
私のやる気はどうもそこまでは達しておらず、あくまで工作レベルにとどまっている。

f0236291_6392686.gif



▼ ミズキ団子(玄関仕様)。
f0236291_6413194.jpg
▼ 今年もちゃんと牛舎にも。
f0236291_642125.jpg
▼ そして今年の牛(奥が作り直しバージョン、手前がイノシシバージョン)。
f0236291_6423131.jpg


(参考) ちなみに昨年のミズキ団子作り。
・自画自賛話
・作り方紹介

2011年 03月 09日 | |
最近掃除にはまっています。
そもそもは、昨年末、移動図書館・かもしか号で掃除の本を借りてから。
大きな声では言いたくないけど、見て見ぬふりが結構得意で、結果掃除はずっと不得手。
だけど、何気なく手に取ったその本が思いもよらず私のやる気に火をつけて、それ以来、結構計画的に日常的に掃除にはげんでいる次第です。
あとは、昨年、居間や台所が近い新しい部屋に移ったのをきっかけに、少し家の中の片づけ、掃除にも気を配らなくちゃと思うようになったことも少々の理由。
いずれにしても、やりはじめるとこれがはまる。
苦手な隅々を毎日ひとつひとつ磨き上げていくと、なんとも言えない達成感。
さらにそれを少しずつながら毎日続けていくと、だんだんそれがすんなりなんてことはない習慣になっていくのがわかってくる。
ふとよみがえるのは、若かりし頃、ついていくのがやっとだった部活の練習にいつの間にかついていけるようになっていた時の気持ち。自分だけがわかるさわやかな爽快感。
なんにしても、やりはじめてみると、いつまで続くかはわからないけど、はまるのだ、これが。
そして普段なんとも思っていなかったことにもふと気づく。

先日、お風呂掃除に燃えた日のこと。
夜、きれいになったお風呂場へ、お湯をはりにかけていき、電気をパチンとつけました。
電気をパチンとつけたけど、お風呂の風景はいつもとかわらず。
ピカピカに新品のような輝きにしたはずなのに、お風呂はどこか薄暗く・・・。
うちのお風呂の電気って結構暗いな。人にしか照明があたらない。隅々には照明のしょの字もあたらない。
お風呂には200ワットくらいあってもいいな。ついでにトイレにも100ワットくらいつけちゃいたいな。
普段なんとも思っていなかったことにふと気づき、普通はいらないものまでほしくなる。
素敵で余計な掃除生活。

f0236291_1071175.gif



★ ちなみに本は、『掃除と洗濯のきほん おさらい帖』(後藤三枝子監修/小学館)です。私はとっても気に入っているのですが、好みや相性もあると思うので。
2010年 09月 08日 | |

農閑期を中心に山の仕事もしているわが家。
昨日はその山仕事の勉強会。近くの現場で作業をしているという人たちと数人で。
作業の安全についてのビデオを見たり、資料をみんなで読み込んだり。
安全第一、だけどついつい忘れがちだから、みんなも真剣な様子。
会場はシーンと静まりかえり、声をかけるのもくしゃみをするのもはばかられる雰囲気。

だからちょっと困りました。
「いい頃合を見て、出してちょうだいね」そう言った義母の言葉が頭の中をいったりきたり。
お皿を並べてはひっこめ、フォークを並べてみてはひっこめ。
でもだんだん面倒くさくなってきて、まぁいいか、出しちゃいました。

みんなが真剣な勉強会。
そのとき私は梨係。
おやつのタイミングは難しい。

f0236291_538794.gif



ちなみに梨は、埼玉の友人からの贈り物。梨は大好き。大好物。梨の美味しい季節も大好き。
Sさん、ありがたく、みんなで美味しくいただいてます♡
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon