北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
カテゴリ:□ お出掛け編( 39 )
| |
|
2014年 06月 22日 | |
先日町で映画の上映会があり、車でダッシュで(制限速度内)観に行ってきました。
きっとそれぞれに、それぞれの立場でいろんな見方をし、いろんな気持ちをもつのだろうな、と思うけど、私はとってもよかったです。
ちらしはまだ机の上に放り出したままだけど、心の小箱の中にはちゃんとはらりと入れておいてあります。
f0236291_5231237.gif



上映会の関係者、宮古シネマリーンKさん、スローフード岩手Mさん、過激派Aさん、、、他いろいろ(のみなさん)、お疲れ様でした&ありがとうございました☆
それから、あちこちで小さく上映会が開催されているみたいです。関心のある方は公式HPでご確認ください。
映画『ある精肉店のはなし』公式ホームページ


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2014年 01月 20日 | |
週末は用事で街へ出かけてきました。
いつもはTAAさんと出かけることの多い街ですが、今回はひとりの用事。
それでひとりで出かけたのですが、丁度今は一年で一番寒い時期であり、雪も毎日ちらついていて、それらの結果、街までの道も街の道も雪道運転が不安な私には少し脅威に感じられました。
なので今回はバスを選択。街までの路線バスで出かけてきました。

一年に何回かこうしてバスを使います。
バスはなかなかいいのです。
普段も助手席で気楽な立場が多いのですが、バスはもっと気楽です。
車高が高く、窓からの景色がいつもより少し上から眺める感じで違うところも不思議な気持ちです。
雪のシーズンは、雪のつもった木の枝が近くなり、遠くの雪原にころがる雪を載せた牧草のロールが見渡せ、
こちらの冬の名物であるワカサギ釣りのカラフルなテントもいつもより沢山数えることができます。
いつもはのぞけない道路下の沢の様子もよくみえて、あちこちで「へ~」と思ったりもします。

これで、小さな峠を越えて車で20分の最寄バス停がもう少し近ければなぁ!と思います(今回もTAAさんにそこまでは送り迎えしてもらう)。
でもいい旅でした。目的と同じくらい道中が楽しみな、バスの旅。

f0236291_6162363.gif



ところで今日から大寒ですね。
「季節暦」をお持ちのかたは大寒のページへ。大寒は凍み豆腐ずらり!なページです。


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
2014年 01月 08日 | |
もう十年も前ですが、こちらにきてすぐの頃、冬の夜の峠道で車を一回転(いや、二回転?)スピンさせたことがありました。
いわゆるスリップというやつです。路肩の側溝にタイヤがはまって止まったからいいものの、冬の道はなんと恐ろしいものかと、しばらく夢にもみた記憶があります。
そして当時の仕事場の人たちに「冬はそうだよねー。だからさ、何があっても、どこで立ち往生してもいいように、峠を越えるときは燃料は満タンに(燃料があればエアコンで暖だけはとれるから)、スコップも必ず車に積んでおかないとね」と教わった記憶もうっすらとあります。
そう、うっすらと・・・いや、正直言うとすっかり忘れていたのです。このお正月まで。

お正月のちょっとのお出かけの峠道。
峠のちょうどてっぺんあたりですれ違った車には、おじさん。
そしてそのおじさんの車の後部座席には、おじさんの愛用(らしき)スコップが一本。
そこで私は思い出したわけです。先の一連の雪道運転とスコップの話を。

そのおじさんは、冬道でのスコップの重要性を忘れた私に、いや、峠道を超えることへの覚悟を忘れた私に、いやいや、ひいては慣れと慢心におぼれる私に、それらのことを悟らせ、教えるために現れたのかもしれません。どこかへ出掛ければ、不思議な出会いがあるのだなぁ、としみじみと思います(←今年も大げさ)。
ありがとう、スコップおじさん。これからも時々思い出して、日々やってくる慢心を戒めたいと思います。

f0236291_1420624.gif



▼ 今日は朝から凍み大根をつくり(仕込み)ました。これはあく抜きのために水にさらしているところ。二日ほどこのままにしたら水から出して干して、凍らせ、作ります。
f0236291_14225553.jpg




人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
2013年 11月 20日 | |
先の週末、ちょっと街へ出かけてきました。
いつも「町」と書く町が昨日の岩泉地区なのに対し、「街」と書けばここではそれは盛岡のこと。車で一時間半ほどの(夏道時間)私の大好きな場所のひとつです。
普段は買い出しで忙しくまわることが多い盛岡ですが、先日は用事のあるTAAさんと別行動でほぼ一日自分ひとりのフリータイム。
当日気の向いたところへぶらりと出かけ、好きなだけうっとりし、悩み、うかれ、それは楽しい一日でした。
まるでいつもいる誰かがいなくて楽しいみたいだけど、そうじゃぁなくて(としておきます)、いいところだなぁ。あらためて思いました。


さて、そんな一日はこんな一日。ちょっとごちゃごちゃしています。自己満足系お出掛け日記。久々長編。

f0236291_612564.gif


f0236291_6134569.gif


f0236291_61462.gif


f0236291_6141830.gif


(イラスト中の光源社は光原社の誤りです。お詫びして訂正いたしますー)

おまけ・おのぼりさん的お出掛けショット
▼ 珈琲屋さんも素敵な光原社(今回は珈琲屋さんには入らなかったけど)。
f0236291_6151746.jpg
▼ つるべ井戸。
f0236291_615589.jpg
▼ 骨董市と外国からのお客さん。
f0236291_616824.jpg
▼ 盛岡城跡近くの交差点(こんな写真を楽しく眺めるとは、もはやただのおのぼりさん)。
f0236291_6165819.jpg



☆関連キーワード(気になる方は検索を。すみません、リンクをつける時間がなかったですー)
光原社
紺屋町骨董市
骨董市近くのプチお気に入りスポット「ひめくり」
盛岡城跡公園
中津川


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
2013年 08月 29日 | |
今朝は気温10度、涼しいを通り越して寒っ!と思った釜津田でした。ちなみに朝焼けがとってもきれいだった釜津田でもあります。

さて、昨日は用事で商店街へ行ってきました。
町の中心部にある商店街で、来週末の「いわいずみ手仕事市」の会場になる一帯です。
そして私の用事はといえば、その手仕事市の片隅にありがたく置いてもらうことになったイラストのお届け。
手仕事市の事務局である「ナドダーノ」さんまで駐車場からてくてくてくてく。

商店街はとってもいいです。
残念ながらシャッターのしまったお店も多いのですが、その分ゆったりとした時間が流れています。
古きよき岩泉の町のたたずまいがまだそこにあるからからもしれません。
そこを我が庭のように歩くのは少し気分のいいものです。

が。
昨日はいい塩梅のそよ風の吹く日。
ふふふん♪歩いていると、そのそよ風が、私がかかえていた大きなパネルを予想以上に強い力で押しやりました。
あーれー。原画パタパタ空を跳ぶ!・・・の寸前で抑えられたからよかったけど、あぁ、危なかった!

穏やかな昼下がりののんびりとした商店街。
道端で慌てふためく怪しい人もあたたかく包んでくれた(かな)。

f0236291_11183367.gif




▽ 商店街勝手にお気に入りスナップ集
▼ 気に入りの商店街への細い入口。
f0236291_11193729.jpg
▼ 昔っからの町家づくりがいいのです。
f0236291_11201757.jpg
▼ 古びた木戸。
f0236291_11205436.jpg
▼ 開けたくなる戸。
f0236291_11202691.jpg
▼ いい窓(実は戸・窓好き?)
f0236291_1120479.jpg
▼ 渋い看板も好き。
f0236291_11215636.jpg
▼ 今は教材屋さん(系)だけど、元は『こち北』を全国で一くらい沢山扱ってくれた本屋さん。(私が『ハリーポッター』の一冊目を買ったのもここ)。
f0236291_11221195.jpg
▼ 商店街裏の水の景色。
f0236291_11241986.jpg
▼ 事務局(ナドダーノ)界隈。手前の「あっけら館」が中心会場みたいです。
f0236291_11244371.jpg
▼ そして最後に自画自賛解説。会場等は当日手仕事市にてご確認ください♡
f0236291_11251037.jpg



☆「いわいずみ手仕事市」の詳しい情報はナドダーノさんへ
blog→「ナドダーノでひとやすみ」
フェイスブックページでも!→ナドダーノ(フェイスブックページ)

人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
2013年 07月 04日 | |
さて、昨日のつづきの正解編です。
先日出かけてきたその行き先は、岩手は県南・奥州市。
世界遺産の平泉が近くにあったり、短角牛的には雲上牛な、かの有名な前沢牛の産地でもある町です。
釜津田からは車で(高速をつかって)3時間ほどの場所なのですが、そこへ何をしに出かけたかといえば、おいしいランチ 牛関係の研修会だったのです。

訪ねたのはフレンチレストラン「ロレオール」。
岩手の地元の食材を使った本格的なフランス料理を”岩手フレンチ”として味わえるレストランです。
詳しくは「ロレオール」困ったときの「今日の田舎」さんにお願いしますが、そこで短角牛肉を厳選食材のひとつとして扱ってくれている上、シェフツアーでの交流などのきっかけがあり、ではみんなでお店に食べに行こう!というツアーになったのです。

と、なんにしても、そんな風ないきさつで出かけた「ロレオール」。
そこは、つまりは、いつも身近にみている食材のはずなのに、それが「へ~?」や「へ~っ!」となるお店。
岩手の食材が身近な人ならば「こんな食べ方もあるんだ!」と食材のあらたな一面を感じられるし、岩手の食材が身近でない人でも「こんなかわった食材があるんだ」ときっとびっくり、そして岩手らしい食材を楽しめるののかなぁ!と思います。そしてもちろん、おいしいの。もう感激!
食材の力って、料理ってすごいな、としみじみと思います。

素敵なシェフは、おままごとな手土産オクラまでお洒落な一皿にしてくださいました。
オクラのタネのような感激の涙、コロリ。

前置きが長くなりましたが、そうして出掛けたロレオールでの思い出はこんな感じ。
とっても美味しかったし、短角牛(のお肉の方)についても、ちゃんと勉強できましたYO!

f0236291_834263.gif


f0236291_8342844.gif


f0236291_8345644.gif



▼ あらためて、短角牛肉の超うまステーキ!
f0236291_934490.jpg
▼ 素敵オクラ。でもなんだか緊張してピンボケ&斜めになっちゃった、の図。
f0236291_935084.jpg
▼ そうしてあわせて行ったのは隣接の「牛の博物館」。こんな牛インテリアもいっぱい♡さすが前沢牛の生産地!
f0236291_9535.jpg
▼ 欲しい@博物館玄関ホール。
f0236291_95576.jpg
▼ 博物館ではこんな素敵資料もいただいてきました。勉強するのだ!
f0236291_9251524.jpg

今回あまり載せられなかったのですが(昨日の写真はほぼこっちだったのに)、「牛の博物館」は実は長いこと、長いこと、行ってみたかった場所のひとつ。
念願かなってこちらも拝観。どれもすごく面白かったです。いや、もう、大興奮。
いろいろ描きたいこともありますが、あまりに長編(そしてマニアック)になりそうなのでそれはまた別の機会に(←結局いつかは描くのか、ですが(笑))。

研修関係者のみなさん、大変お世話になりました。
ロレオールさんへは、TAAさんとまた行きたいな、と思います!



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 07月 03日 | |

f0236291_11154923.jpg


f0236291_11164351.jpg


f0236291_11163855.jpg


f0236291_11172926.jpg




そして、




f0236291_11173188.jpg




以上、ヒント編。岩手県内なのですが、県内では有名なので県内の方はわかる方も多いかも。
正解編はちかぢかに。とっても楽しかったのデス!



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 06月 25日 | |
少し遅ればせながらですが、先日は楽しい街遊びもしてきました。少し忙しいスケジュールではあったのですが、甘い物とカレー、焼きそばは別腹、と同じように、街遊びも別腹デス(←相変わらず、意味不明)。
そうして出かけてきた街は、いつもの街。だけど今回はちょっと特別。
なぜなら、最近よく遊んでもらっている知り合いがおいしいお店にご案内!というプランだったから。
しかもそれが短角牛肉。「もうね、美味しいから~」。そんな言葉にはめっぽう弱い私、以前からずっと行ってみたいと思っていたお店でした。

さて、そのお店。炙りもの屋さん。そして本当に美味しかった!
もちろんお肉も選びに選び、なのだと思うのですが、焼き加減を上手に伝授し、それが本当に絶妙な感じ!
表20秒、返して20秒・・・教えてもらった焼き方を、三日たった今でも、美味しいお肉になる呪文を知ったみたいに、ときどき唱えていたりします(注:そのとき食べたお肉”ぶりすけ”に限るので、万能呪文ではありません)。
それは当初、「美味しい短角牛肉を食べる会」、だったけれど、その実態は、「美味しく短角牛を味わえる会」。

なかなかね、そういうお店は少ないような気がするのです。
また行きたいな、と思います。釜津田の人か、牛飼いの誰かとも行ってみたいところデス。

f0236291_221538100.gif



ちなみにこの日はTAAさんは別行動。やはり仲良しの怪しい面々と、そちらはそちらで盛り上がったみたい。たまにはそんな街遊びの日も。

▼ で、短角ぶりすけ、赤い肉。肩バラ肉の一部だそう(目下、肉部位勉強中)。
f0236291_22155732.jpg
▼ ついでに(?)お煎餅焼きもしてきました。麗しの南部煎餅です(@盛岡手づくり村)。
f0236291_22174019.jpg
▼ ところで今日一時期ひどい雨。ひととき、畑が水没状態。
f0236291_22183986.jpg
▼ でもなんとか無事雨上がり。そして雨上がりの空(と、田んぼの見回りに行くTAAさん)。
f0236291_22192439.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 06月 04日 | |
先日、はじめてお琴のコンサートへ行ってきました。
琴もいろいろあるのかもしれませんが、今回のものは大正琴。会場は町の町民会館です。
東京にすむ親戚がそのコンサートのメンバーということで、会いに行ってきたのです。

自称、どこからどう見てもおしとやかでしっとりとたしなみあふれる大和撫子な私なのに、なぜかこれまで琴とは全く縁がありませんでした。
あくまでも自称ではありますが、どこからどう見てもおしとやかでしっとりとたしなみあふれ、お琴でも爪弾きそうな大和撫子な私なのに、なぜでしょう。
なんにしても、そうして出かけた初めてのお琴の時間は、ちょっと思っていた雰囲気と違いました。
華やかな衣装に歌う家元。へぇ~、お琴ってポップでロックでもいいのかも?

でもそうか、なんでも流派やいろいろな楽しみ方があるのだよな、ともあらためて思いました。
もちろんいろいろな演出あってのステージだし、そんな中、途中で流れた「南部牛追い歌」は琴の音色が本当によく合って、ちょっと感動しちゃいました。牛追い歌には琴だな、私の記憶にはそうインプット。
大和撫子な私だけど(←しつこい)、お琴にはこういう機会がないとこれからもなかなか触れる機会はなかったかもな、と思います。Mさん(&お友だちの方)おかげさまで楽しかったです。またコンサートに来てくださいね。ありがとうございました♡

f0236291_116493.gif



▼ 他、ボランティアをしながら歌を歌っているという二人組のミニライブも(”山とケ”さん)。いろんな人がいるのだなぁ、とも。
f0236291_118351.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 02月 08日 | |
一昨日と昨日とで私が勝手に”別荘”と呼んでいる、”別荘”へ行ってきました。
硫黄のにおいのするお湯がたっぷりのお風呂(しかも露天タイプも)がある”別荘”です。
はじめて行ったのはもう4年ほど前ですが(そのときは近くの別宿)、すっかりその硫黄のにおいのするお湯にとりつかれ、去年と今年とまた出かけてきたのです。
たった三回とはいえ、勝手知ったるなんとか、な気分のそこ。だから気分は”別荘”なのです。

今年の冬はFBをはじめたり、ツイッターをいじってみたり(これは夏からですが)、音コレをはじめてみたり、いろいろと好きに遊んだ冬でした。ずっとやってみたかったことなので、やっとできたな!な気持ちもいっぱい。
ある意味、充実の冬でした。
けれどそろそろそんな冬生活も終わりな季節になっています。
外の雪と氷がゆるんでくれば、徐々に気持ちは外向きに。うーん、まだ中にこもっていたい!と後ろ髪をひかれつつも、どこかで気持ちをきりかえていかないといけません。そういう感じの釜津田くらし。

もう少しすると子牛が生まれる季節です(3月はじめ頃から、かな)。
それまでに気分を子牛が生まれるモードにしなくちゃ。

今年はこの数年休んでいたワサビ作りを再開したいところです(去年も言ってた気がするけど)。
義父によるところ大なのですが、それでも準備をいろいろと。

オクラはもちろん頑張るつもり。今年は早めに種を播いてみようかな、と思っていて、だからやっぱり早め早めに気分を畑モードにしておかないと。

それからこの冬、念願のトラクターをとうとう手に入れたTAAさん(もちろん中古の、大特価車ではありますが)。
大事な愛車をかこっておくための小屋も早くなんとかしなくちゃいけません。
だから、物置という名のただのゴミ置きになっている裏の小屋の一斉片づけが当面の仕事。
絵日記も、だんだんにそんな作業日誌がふえるようになればいいなぁ、と思っています(←微妙に弱気?)。

・・・なんにしても、くらしは、そんなこんなの春モードへ。
”別荘”行はその前の冬の最後の楽しみであり、ギアチェンジのきっかけであり。
話は長くなりましたが、そんないろいろをところどころで思いつつ、楽しく温泉につかってきました。三回もはいっちゃった。泳いでもきちゃいました。
写真は朝のコーヒーをいただいた、ロビーの”べんけい”。
”べんけい”は囲炉裏のうえで、魚などを干すための道具です(さすがに今は人形だったけど)。
昔は釜津田やわが町にも普通にあった道具のひとつ。そういうのが結局好きな自分もまた思いだし、気持ちよくリフレッシュできた気がする二日間でした。

f0236291_6382968.jpg

(↑ 奥にちらりと見えているのはクマの毛皮ですよー。お気に入りのそんな深山の温泉宿です。)



追伸:春モードへ気分をちゃんと切り替えるため、しばらくコメント等へのお返事が書けなかったりするかもしれません。やりとりが一番の楽しみではあるのですが、我慢します。あわせて、失礼をご容赦いただけますように♡

人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon