北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
カテゴリ:■ 季節のおたより( 161 )
| |
|
2016年 01月 01日 | |
牛あずかいは牛の世話のこと。
新年めでたい元日の、そんな牛あずかいはちょっぴりお正月らしさあり。
牛はまったく関係のない、ごく一部のところではあるけ・れ・ど。

f0236291_22322470.gif



あらためて、新年明けましておめでとうございます。
今年はひとまず家族だけで静かな年越しをし、お正月を迎えています。
(天気は少し寒いですが、良い元旦でした。)
昨年末は予定が少し詰まってしまい、年末のご挨拶もしそびれてしまいました(がっかり)。
でも新年はまた楽しく日記が描けたらな、と思っています。
今年も一年、またよろしくお願いいたします☆


▼ ハウスではワサビが大きくなっています。
f0236291_2234181.jpg
▼ 花芽も少しとれました。しょうゆ漬けはお正月の煮しめのおともに。
f0236291_22343565.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 12月 19日 | |
雪はないし、日中はあたたかいこともあるけれど、朝夕はやはり冷え込んでいるこのごろです。そしてまた、釜津田の冷たい風!
そんな昨日、TAAさんが牛の世話へいく支度をしている隣人(私だけど)に、悲しそうな声をだしました。
「イイナ、それ、あったかいでしょ。本当は俺も欲しかったんだよね・・・・・」。
それはとてもあたたかい新しい手袋。
中はほわほわ、厚手で丈夫。だけどとてもしなやかで、箒をにぎったり、スコップをつかんだり、バケツをもったりするのもとてもスムースなすぐれもの。ただ問題はちょっとお値段が高かったこと。
私はすいと買ったけど(のんきだから)、TAAさんは値段と寒さを相互に比べ深く複雑に考えて、そのときは「不要」と判断したのだとか。
けれどやっぱり寒さはこれから。
だんだんに防寒手袋が恋しいレベルの寒さになったみたい。安いのじゃなく、ちょっと高めの本格的なやつを、ね。

寒さにはいろんなレベルがあるように思います。
薪ストーブをつけたいな、と思いはじめるレベル(秋口)。
薪にはナラの木がいい、と思いはじめるレベル(ナラの薪は暖かいから)。
もう一気に、外に出たくない!レベル(そして日がな一日ストーブの火にあたり、ナモミにおこられる)。
防寒手袋が恋しいレベル(レベルBT)は、上から二番目くらいのところ?

あらためて、冬はまだはじまったばかりかな、とも思い、新しい防寒手袋の購入をすすめはじめたところ。そしてまた、そんな感じのこの頃の釜津田です。

f0236291_692578.gif



▼ 昼11時の霜柱。
f0236291_6102537.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 12月 10日 | |
分類学上だったか何学上だったか忘れてしまったけれど、何かに名前をつける、ということはとても重要なことだった気がします。
名前を与えることで、それがそれと認識され、さまざまな影響をその人やそのものに与えるとか。そしてその名前のバリエーションは、そのものの重要性や特性と深く関わってもいくとかなんとか。

いつものうろ覚えの話だけど、でもだとしたら、「パンダ」、とか、「トラ」、とか「白いの」、とか「昔っからの」とかもとっても大事かな、といつもちょっと思っています。
生き物のパンダでもないし、同じく猛獣のトラでもないそれは、こちらの豆の名前。
そして先日は新しい名前も仕入れたんです・・・・・・♡

あくまでも分類学上だったか何学上だったかの問題の上で関心がある・・・としたかったけど、最後の「♡」でばれたかな。
田舎の豆の名前はかわいくて、かわいいは私の大好物。
そして冬はそんな豆の選別の季節(冬の日長にのんびりと)。ふとした拍子にそんな光景や新しいかわいいに出会えます。寒いけれど(昨日の朝は氷点下8度でした)いい季節になったなぁ。

f0236291_6293970.gif



▼ いっこ豆。お赤飯に入れるといいんだって。来年まくのさ。
f0236291_6353975.jpg
▼ 先日はバッケ。今の時期、たまに出たりするんです。
f0236291_6355818.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 11月 03日 | |
こちらではすごくメジャーで身近な話なのですが、
座敷童しがいる家は繁栄するといわれるし、
座敷童しを感じたら出世するとか(今時は)いうけれど、
それが北国の山の中の、秋の終わりから初冬のことであったなら、喜ぶ前に気をつけて。
だってそれは・・・・・・着物を着こなせないだけの家の嫁かもしれません―。

秋仕事もだいぶ終わり、今は”歳末”(助け合い芸能祭)にむけ、今年も踊りの練習の季節。
そもそもが、童しという肌のハリ、ツヤでも全くないし、ホントに、まったく、ゴメンナサイね。

f0236291_105143.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 10月 25日 | |
今月は本当に多忙なひと月でした。
稲刈り、ハセ掛けにはじまって、週末ごとに秋祭りや法事に敬老会、ほかにも外出用事も多い秋で、昼も夜も会議がやたらとありました(一部は毎年恒例のことなのですが)。そして子牛の共進会に、子牛たちの牛下げ(今週の市場にむけて)。それぞれその時々に時間を割くのはもちろんですが、地域や家族、牛などの用事はその前後にもいろいろと気働きが必要で、それがひとえにせわしない気持ちを作り出していたのかも。いずれ、ふー今日ももう終ってしまった~、が口癖のこのひと月でした。
そしてそう振り返ることができるのは、そんなせわしない秋の用事の中でも大きくそして欠かせないものが昨日無事に終わったから。
それはそう、稲こきです。
稲刈りから約三週間。ハセにかけ、天日で干した稲を昨日やっとこき終わりました。
あぁ、気分すっきり、ほっと一息!
そして昨夜さっそく食べた新米の味は、今年もやっぱりおいしかった!
香りをかいで、つやを見て、、、お決まりの新米の儀式(?)もちゃんとしました。
そしてジャジャン!と今年の新米!↓
f0236291_14325066.jpg


ちなみに今年の「新米ご飯がすすむくん」は、この日のために用意して冷凍しておいたイカとサンマのお刺身、春菊やブロッコリーなど今畑にある野菜を少々、そしてこの秋の山の実りのアミコ(きのこ)おろしに本シメジの芋の子汁風。
作業の後のご馳走(というほどでもないけど)づくりは面倒ではあるけれど、年に一度の新米ヌーヴォー、演出第一主義で最後まで頑張りました。

本格的な秋じまいは牛(親牛)たちの牛下げが終わってからですが(来月はじめ)、ひとまず本当にひと段落。
今年は忙しかったけど充実の秋だったな、と思っている今日一日です。

▼ ところで先日の共進会。結果はぴりかさん三等賞(ほぼ参加賞に匹敵)でした。で、ぴりかさん(こっちを向かず、がさすがはるちゃんの子、という感じ)。
f0236291_14571344.jpg
▼ こまちさんは一等四席(一等の上に優良賞(一頭)があるので全体の5位ということ)。我が家には充分満足な結果でした。こまちさん、おつかれさま。
f0236291_1458396.jpg
▼ ちなみにこまちさんは後姿がチャームポイントでした(かくっとしてて幅がある、とか)。
f0236291_1563190.jpg
▼ 予選敗退後、隣人ならぬ隣牛と友好を深めていそうだったぴりかさん。
f0236291_1513537.jpg

共進会には、メールでも応援をいただきました。お礼とご報告が遅くなってしまいましたが、結果は、以上のような感じでした。また、どちらの牛も親牛として家にこのまま置くことにもなりました。いい親牛になるよう、世話をしたいと思っています。

と、おまけの分が余計に長くなりましたが、
以上、近況報告スナップ版でした。
あぁそうだ。今日は時折、雨が雪に変わったりしていますよ。里の今年の初雪です(早い!)。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 10月 21日 | |
f0236291_13511598.jpg


秋晴れの続く中、秋仕事大詰め中です。
稲こき(わが家はひとまずモチ米だけ終了)や子牛の共進会(明日ですよ)、それらにあわせてのなんやかや、さらに恒例の”歳末”(毎年11月末に開催される演芸会です)の相談など朝から夜までばたばたです。
ひとまず今は、明日の子牛の共進会にむけ諸準備中。わが家ではぴりかちゃんとこまちさんをつれていく予定です。

画像は去年からはまっている切り干し大根づくり。ほかの家ではたくあん用の大根干しの光景もちらちらと見かけるようになっていますよ。


▼ 見返りこまちさん。共進会にむけ、運動中。
f0236291_1404284.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 10月 07日 | |
春のにおいを運ぶ風。
牛が草の香りを探す風。
カッコーの鳴き声を響かせる風。
畑の緑を揺らす風。
季節季節にはいろいろな風が吹くけれど、今こんな風が吹いていますよ。
そして気づけば紅葉がすっかりはじまっているこの頃の釜津田です。

f0236291_934581.gif




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 09月 16日 | |
このニ、三日、気持ちのよい秋晴れが続いています。長雨で乾きが悪く日々がっかりしていた洗濯物をここぞとばかりにしたり、長雨の中取るに取れずにいた畑の草取りをみんな(義父母)としたり晴れらしいことをしています。
さて、そんな中、こちらはクリ拾いの季節にもなっています。
拾ってきたクリを干しているのをあちこちで見かけて楽しいです。この前は、干しグリをつまみながら”クリ端会議”をする三人組に遭遇したりもしました。
今年はクリが豊作で、しかも実のできもなかなかいいようで、みんなちょっとホクホク顔。そしてそんな様子や顔をみるにつけ、クリ拾いは山では保存食という意味合いもあるけれど、なによりもやっぱり秋のレジャーのひとつだな、と思います。

今年は私もそんなクリを拾うぞ!と張り切っています。
とりあえず、毎朝は張り切っています。
そう、クリ拾いって意外とマメさが必要なんです。
おかしな自分を省みて、クリはマメ人のみが得られる山からのご褒美なんだな、としみじみ思ったりもしています。

いずれこちらはクリ拾いの季節。おかしな自分はとりあえず棚に上げ、今年はクリご飯も作りたいなぁと、夢をふわふわ描いています。

f0236291_12245274.gif



▼ それでも今日はいくらかそばへ行ってみました。つやつやの秋色。
f0236291_12283889.jpg
▼ たわわ。
f0236291_12294252.jpg
▼ 画像は今朝出あったイケメンさんですが、クルミも今年は結構いいみたいですよ☆
f0236291_12342452.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 08月 31日 | |
今日もまたすっきりしない天気の釜津田です。そろそろこんな天気にも飽きたナァ。

さて、昨日は牛の毛刈りと爪きりがありました。来る共進会の準備のひとつです。
わが家では今回のような共進会に牛を出すことがあまりないので(親牛のもの。子牛の共進会にはほぼ毎年出すのですが)、こうした親牛向けの手入れの作業はちょっと珍しい部類。それで今回も密かにワクワク、ドキドキ、待っていました。

毛刈りはそのとおり牛の毛を刈ること。ぼさぼさ伸びほうだいの毛を切りそろえ、より体のラインを美しくするのです(企業秘密なのでいいませんが、かっこよく見えるための刈りのポイントがやっぱりあるみたいですよ☆)。
さらに爪切りはこれもそのとおり牛の爪ー蹄をきれいに整えること。ふだんあまり気にしないけれど、蹄の形もいろいろで、また、伸びすぎたり、傾いたりなんて風になっているのです。それを整えると、立ち姿がぐんとシャープになる気がします。

シュシュシュシュシュ、カチャカチャカチャカチャ、トトトトトン、モ~。。
かみそりの音、はさみの音、爪をきる鉈(風のもの)と槌の音、そして時々牛の声ver.ぐずり系。
牛たちはこんな手入はあまり好きではないみたいだけど、飼い主(私か)はこんな様子を見るのは大好きです。
面白かったな、今回も。牛たちには共進会までもう少しお付き合いしてもらわなくちゃ。
人も牛もお疲れさま。そしてありがとうございました☆

f0236291_9201557.gif



▼ 爪きりさんはかっこいい。
f0236291_9212186.jpg
▼ サロン風景。手前が毛刈り、カミソリ班。
f0236291_922242.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 08月 25日 | |
お盆も終わり、本当にすっかり秋めいてきました。
昨夜から今朝にかけてはうんと冷え込み、ストーブをつけたくらい。日中はもちろんそれなりに暑いですが、朝晩の冷え込みに近づく秋を感じます。

さて、そんな秋めくこちらで、もうひとつ秋めいてきたなーと感じること。
それは彼らの登場です。
秋の実りの季節の手前に、毎年毎年いろいろな噂とともに現れ始める彼らですが、
今年もどうやら新しい噂とともにその季節をむかえたみたい。
そして、まだ噂の聞こえはじめなので確かなところはいえませんが、どうも今年は人の世と同じくスイーツブームな様子ですよ。

それにしても、毎年毎年、同じ噂はひとつとなくて、そこにちょっぴり尊敬の念さえ抱きます(→過去の噂話)。
ただ、だんだん人の領域と重なりはじめたな、とも思います。
お互いにいろいろ気をつける時代に入ってきたのかもしれません。
いずれ、彼ら―クマたちが里へ畑へくるモロコシ実る秋のはじまり。お盆の片付けと思い出話に浸っていてすっかり報告しそびれていましたが、そんな季節のこちらです。

f0236291_1326514.gif



▼ デントコーン畑と空。
f0236291_1341632.jpg
▼ スイーツ♡熊、イメージ図。
f0236291_13412924.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon