北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
カテゴリ:■ ひみつのプロジェクト( 6 )
| |
|
2015年 01月 24日 | |
先日書きましたが、今年のわが家の牛舎には子牛が一頭残っています。
先の春に生まれ、そのまま家において将来母牛になってもらうための牛です。そんな牛を<育成牛>といったりしますが、いずれ、そんな子牛が一頭いて、その成長が今年の冬の楽しみのひとつです。

牛は人の思いや世話とは違うところで減ったり増えたりするものみたい。
ケガや病気もあるし、いろいろな事情で手放す牛もいる。一方で、将来を見込んだり、いなくなった牛のかわりにしようと新たに家においたり迎えたりする牛もいる。そして、そんな新入りはやはり気になり、ひいては成長が楽しみになるものです。今年久しぶりに入った新人、もとい、新牛は、「久しぶり」も加わって、なかなかかわいい。

生れたときから家にいるのでざっとその可愛さは次のとおり。
生れてすぐから人を避けることなく、物静か。
しばらくすると他の子牛が皆いやがる風邪薬を無言で飲み、耳にチクン!とくる(ような気がする)耳標も暴れることなくつけさせる。
好物にガツガツくいつくこともなく、本当に手のかからないいい子牛。そう、いい子牛・・・・・・?!

実はちょっとのんびり屋。いや本当はかなりボーっとしている気が(以前にもちょっと書いたかも)。
少々心配。だ、大丈夫?!
でも最近は少し、ほんの少しだけど、やる気を少し感じます。本当にちょっとなんだけど。

本名は「こよし」。でもボサーッとしているので「ボサこ」。それが転じて「のさこ」。さらに少し恰好をつけてアルファベット表記の「NOSAKO」が愛称。
牛も人もきっと縁もの。
うちのNOSAKOは相変らず。でもそんなNOSAKOに癒されているこの頃です。

f0236291_1545543.gif




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 01月 22日 | |
しばらく牛の世話の話をしていませんでしたが、牛たちは元気です。今年は親牛7頭、親牛候補牛(つまりまだ子牛だけど、このまま親牛に育てていく牛)一頭の計8頭が牛舎で冬を過ごしています。
ちょっと頭数が減ったかも。でもまたじわじわと牛を増やしていきたいな、と思っています。

さて、そんな牛たちはどの牛もいまのところいたって健康。特に大きな問題もなく、平穏平安な感じです。
とはいえ、今年もだんだんと牛たちの体調や様子が気になる季節になってきました。
「ンモー」「モー」―これからの時期は牛舎からするふとした声や物音にちょっと敏感。「何かあった?」「どうかした?」。
それはひとえに心配から。牛たちは三月に出産をひかえます。今からがなにかと心配な時期になるからです。

そんな中、先日は朝早くに牛舎から何やら物音。ウー、だか、ヴヴ、だか、ゴトン、だか。
と、さっと布団を飛び出すTAAさん。あらまぁ、素敵。
だけどしばらくして戻ってくると何やらちょっとがっかりな様子。「何もなかったー。ただ動いただけだったみてー。うー、ひゃっけっっ~」。
でもうんと安心したみたい。ふたたびぬくぬく布団の中へ。

がっかりはよきことカナ。牛とわれらのこれからの季節。
と同時に、牛飼いの人ってえらいなぁ、と思います。布団のぬくもり<牛。
お布団の中から、飛び起き飛び出す家人をそっと応援する役の人間は、いつもそう思ったりしています。
やや(いや、相当に?)他人事的なまとめ方だけど、そこにはいつもより少し多めの敬意と感謝がこもっています。じ、つ、は、ね。

f0236291_11193167.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 01月 21日 | |
ちなみに、憧れているのはこんな感じです↓ 。
あ、薪ストーブのパチパチのことですYO☆

f0236291_11565023.gif


ちなみにちなみに、薪と一緒に焚きつけ用の細い小枝が薪置き場にきれいに束ねられていて、それがパチパチ~っというパチパチも大好きです。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 01月 18日 | |
このところ、すっかり冷え込んでいる釜津田です。
年明けから穏やかな気候が続いていたので、寒いのは好きではないけどやってきた寒さに冬を思いだし、どこかほっとする気持ちもしている今日この頃です。寒い時期にはそれなりに寒くないと、と思うのです。

さて、そんな中ではあるけれど、寒さがくると実は今年は特別少し悲しいことがあったりします。
薪ストーブの薪がなんだかいまいちな状態なのです。
シューシューシュー。薪をくべると聞こえてくるのはそんな音。本当はパチパチ、メラメラ、そしてカッと熱く、暖かくなるはずなのに。おかしいな、なんでかな。うううん、原因はわかっています。

薪がね、まだまだ生木みたいなのです。
水分が多い薪は燃えません。薪って、乾いてこその薪です。
だからそれなりにいろいろ工夫はしてるつもり。ひと冬の薪をつむ薪置き場では乾いた順につかえるよう順序良く積み上げるし、風通しだってそれなりに。でもどうしてか、今年の薪はいまいち生木。少しだけ準備が遅かったのかもしれません。

願わくば、今日運んだこの薪は、パチパチ、メラメラ燃えますように。数日おきの薪運びは今年はつねにお願いつき。
そしてそんなお願いとともに、薪作りの奥深さをいろいろなところからひしひしと感じている今年です。

f0236291_9371456.gif


ちなみにお願いの結果については、いつもより多めの「・・・」に静かに語ってもらいました。

AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 01月 07日 | |
今日は朝から冷たい風と雪がふきつけている釜津田です。
今年は年明けからずっと穏やか、あたたかだったので、今年最初の厳しい冷え込みかも。寒に入ってもいるし当然といば当然なのかな、とも思います(暦をめくってくださいねー)。

さて、そんな年明け7日目の今日ですが、今日もまたお正月の話。実は近年とってもはりきっているものがあるのです。
それはお正月料理づくり。
長く下準備係をしていたものが、この二、三年、事前準備係から調理係までをしていたりするのです。ふふ。
ただ、煮しめ、昆布巻き、なますや黒豆、フキの煮つけ・・・・・・料理は頭に入っていても、そして、長い下準備係期間があったとはいっても、一からやるとなるとやはりそれなりに「?」や「!」があっちこっちに。
結果、12月は後半半月は正月料理のことで頭がいっぱい!

けれどやってみれば面白いな、とも思っています。
食材は買うものも多いけれど事前に山や畑でとったり収穫して準備しておくものもあって、つまりまずは、一年かけて食材をそろえる楽しみ。
次に、クルミ和えやきんぴら(タラコ和えにする)など私的「こちらっぽい」ものの味の探求。
それは、基本的に何が本当の味かわかっていないので、探求せざるを得ないからではあるけれど、何かを機に、それらを近所の人にいろいろ聞くのもまた楽し、でもあるのです(大抵が想像以上に楽しい展開になっていく)。
あとは、世間一般のおせち料理などなどのいわれも急に身近になって、お節ばんばい!って気持ちになる。
作っても沢山あまっちゃったりするし、ずぼらが転じて夢中になりすぎるので気がつくと疲れちゃったり。でも、これでひとまず家中がいいお正月になって、ひいてはいい一年になる気がするのです。
一般的にはわからないけど、私としてはなんだか大事。

これから先、どんな展開になっていくのかわからないけれど、ひとまず今はそんな感じの私のお正月料理道。
というわけで、いろいろ張り切る(そして張り切った分のんびり飲んじゃう)この頃のお正月です。


f0236291_148132.gif

f0236291_1481569.gif



▼ ちなみにお雑煮はこんな感じ。去年は大根やニンジンも入れちゃったけど、本当は鶏肉とごぼうだけのシンプル醤油味だったそう(で、今年はそのバージョン)。鶏肉はあればヤマドリが一番ご馳走です。
f0236291_14115648.jpg
▼ クルミ和えは結構好き。薄味をつけたかんぴょうをクルミだれで和えたもの。でも味付けはいまいち不安。
f0236291_14124173.jpg
▼ そしてお正月の釜津田です。雪少な目、穏やかな年明けでした。
f0236291_14302520.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 01月 05日 | |
さて、世の中の仕事始めにあわせたわけではないですが、お正月”を”明け、久しぶりに絵日記を描いた昨夜です。
ずーっと以前に言ったことがあるのですが、わが家にとってお正月は、ゴールデンウィーク、お盆とならぶ完全休業日(牛の世話をのぞく)。そしてその年々の顔ぶれで飲んだり食べたりのんびりのんきに過ごすのですが、今年は少し特別なお正月でもありました。
というのも、TAAさんの弟M君が帰ってきていていたからです。
M君は、少し離れたところに暮らしていて、なかなかこちらに帰ってくることがありません。
一家にひとりのフーテンのTさん的存在?!いたって真面目に暮らしている(はず)ですが、そんな感じのMくんです。

とはいえ基本はやっぱり、飲んで、食べてのお正月。その年年で細かな違いやそれぞれのできごと(事件?)はあるけれど、飲むものをのみ、食べるものを食べ、そしてのんびり、のわが家のお正月。
いい一年になりそうだな、今年もちゃんと思いました。

f0236291_610190.gif

f0236291_6102675.gif



▼ 元日の朝。すがすがしい光の釜津田でした。(裏の水路にて)
f0236291_6225763.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon