北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
カテゴリ:■ 田んぼのしごと、畑のしごと( 79 )
| |
|
2013年 07月 16日 | |
雨上がりのち晴天の今日からわが家ではデントコーン畑の草取りをはじめました。
わが家のデントコーン畑は初期除草に除草剤を少し使いますが、以降は手取りが基本です。こちらではどの家でもだいたいそんな感じかも。
そして今はアカザやアキボコリなどの草の旬。つまりそれは、ひと雨、ひと暑ごとにめきめき大きく生い茂るそんな雑草の抜き時のひとつという意味でもあります。
そうして突入、草取り仕事onモロコシ畑。いやー、大変。先は長い!

以下↓は今日の草取りのイメージ図です。
デントコーンは現在草丈120センチくらい。だから外からは姿は全く見えないけれど、文字の下あたりに、義父、義母、私が潜んでいる、とそんな感じでご想像ください(TAAさんは別仕事)。
そしてまた、その文字はそれぞれこちらの草の名前。
今年実はとある場所でいろいろな草の名前を教えてもらう機会があったのですが、それがみーんなあるわが家の畑(さすが草の王国)。しかも、怪しげな名前がいっぱい、ワクワク、です♡

デントコーン畑の草取りはなかなかこれが大変。先もちょっと長いです。いろんな用事の合間を縫ってだから余計にね。
だけどせっかく覚え始めた草の名前の復習と、新しく買った草取り帽子のお披露目をかねて・・・ということで、地味に地道に頑張ろうと思います。
決意表明?決意表明!


f0236291_13385227.jpg



草の名前と面白話はまたあらためていつかどこかに描きたいなぁ、と思っています。マニアック度★5つくらいです。

▼ おニューの帽子。今年は明るめの帽子をチョイスしてみました。なんとなく、海の家のイメージです。
f0236291_14274746.jpg



ところで明日はブログサーバーのメンテナンスがあるそうです(今夜の夜中から明日のお昼まで)。その間、閲覧には問題はないと思いますが、コメントの送受信ができないことあるかもしれません。ご了承ください。

人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 06月 11日 | |
昨日は炎天下という好天の下で乾草取りが無事終わりました。
雨も降らず風もなく、一日中カラカラジリジリ痛いくらいの日差しの中で牧草もパリパリに乾き、えらく暑くてまいったけれどいい乾草が取れたと思います。(以下、また長めの写真日記で失礼します)

ばーん!いい朝♡
f0236291_832244.jpg


順調~。
f0236291_8334675.jpg


あ、TAAさん。
f0236291_8342318.jpg




さて、もしかしたらお気づきの方もいるかもしれませんが、
実は今回これまでと大きく違うことがあります。それは実は乾草の形!
で、去年の乾草取り↓。
f0236291_8414536.jpg


正確には、まとめた乾草の形なのですが、去年まではこんな感じ(わかりにくいけど)で円筒形だったのです。それがよくみると今年は四角に。実は新しい機械をむかえたわが家です。
で、それはこんな機械。コンパクトベーラー・・・とかいうそう(多分。コンパクトに牧草をまとめる、という意味みたい)。
f0236291_8463387.jpg


ここから乾草をとりこんで、
f0236291_8481842.jpg


こんな形にして生み落して、じゃなかった、落としていきます。世の中にはすごい機械があるものです。
f0236291_8484289.jpg




そして何より違うのはトラクターで引っ張って動く機械であること。
コーンな感じ。
f0236291_8492443.jpg



と、今まで小さな機械とともにひたすら歩く乾草取りだったのですが(上の去年の写真参照。真ん中あたりに小っちゃい機械と歩く人が)、これからはトラクター仕事になったわが家の乾草とり。
嫁はところどころで取りこぼしの乾草を寄せ集めたり、乾草運びが主な仕事。
冒頭で「えらく暑くてまいった」と書いたけれど、実はちょっと楽ちんになりました。
で、さっそく嫁はまたよそ見に夢中。
牧草地の上はすぐカラマツ林。
f0236291_8524130.jpg


f0236291_8534257.jpg

涼しげな林の中からは、昨日も一日ハルゼミの声が響いていました。一日中鳴き響くハルゼミの声は夏の釜津田のBGM。

牧草の穂。
f0236291_855144.jpg


あ、たんぺ虫!
f0236291_8555940.jpg


たんぺはつばのこと。このアワがたんぺみたい、とたんぺ虫と呼ぶそうです。中に虫が入っていて、釣り(イワナやヤマメ)の餌にいいのだとか。

休憩時間のトラクターからの眺め。屋根の日陰が贅沢な気分☆
f0236291_857677.jpg



そうしてじゃんじゃん乾草取りがすすみ、お昼過ぎにはすべての乾草をまとめ終わりました。
f0236291_8592038.jpg


今までは、朝から夕方薄暗くなるまで(休みもほとんどなしで)かかる仕事だったので飛躍的な仕事スピード。拍子抜けするくらい。
あとはこれを集めて牛舎の二階(ケタという)に上げておきます。そこでさらに乾燥させつつ、冬をまつわけです。


・・・と、全て終わって夕方4時。と思ったら、TAAさんがまた牧草地へ。
おともは、昨年までわが家の乾草取りの主役だったムシャムシャくん。
f0236291_8594515.jpg


大きな機械ではどうしても細かい仕事は苦手です。
あわせて、傾斜がきつく、石なども多いわが家の牧草地+初めての機械で運転に不慣れ、などもあり、とりこぼしの乾草が実は結構ありました。
早く終わったし、そんな取りこぼしを集めることにしたのです。
小さな牧草地で取れる乾草は、いつでも、冬の間の牛の餌としてギリギリの量。ちりも積もりば・・・な感じです。

そして最後にはTAA氏自ら乾草集め by ホーク。
f0236291_93187.jpg



お、高速!
f0236291_942625.jpg



と、そんな高速ホーク使いを見ているうちに(見ているだけ)、人の手が一番細かい作業ができるのだなぁ、とふとあらためて思ったりしました。
今は機械がうんといろいろなことをしてくれて、とても便利になりました。
わが家の機械はどれも旧式なのですが、それでも今年のスピード感と言ったら!
けれど少し前(私がくる前の話)はみんな手作業でやったという話にふと思いをめぐらすことがあります。
家族みんなで乾草をホークで集めてとりこんで。そんな話を、親戚や遠くの家族から聞くと、わー、大変そう!と思うけれど、そこには手作業だからわかる乾草の感覚や丁寧さがあったのかな、とも思います。
大きな機械はやはり大きな仕事をする感じ。細かい仕事は人の目と手と、そいう使い分けがいいのかな、と思ったりするこの頃です。

さて最後に、トラクターにてはしゃぐ嫁。
f0236291_985391.jpg



ゴルフ場のキャディーさんのよう。ふふふ~(笑)。もう本気で歳なので、今更だけど、日焼け対策は万全に。
なんにしても新しい機械はやっぱり楽しかったです。
&新しい機械の使い方を一から教えてくれたKさん、ありがとうございました。おかげさまでしたっ!

次の乾草とりは、二番草の乾草づくりが8月上旬の予定。
その時までに、機械に負けない何か新しい役割をみつけなくては、と思っています。うーん、何がいいかな。高速ホーク使いとか?
と、それはまたおいおいとして、ひとまず今回も無事終わって、安心、満足。次はいよいよオクラの季節がはじまります。


▼ そして今日は洗濯日和。遅ればせながら、なんちゃってもんぺデス(増殖中)。
f0236291_9144211.jpg


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 06月 10日 | |
じゃん!と乾草取り道具、その3。まぜまぜ君 (↓ :詳しくは今日の小窓をご参照)。

f0236291_5424361.jpg


今日の小窓にも載せましたが、さて、今日は乾草取り。
気になるのは、今日の天気と日焼け止め。
途中でいたずら雨が降りませんように。せっかくパリッと乾燥した乾草が湿気ったら台無しです。
どうかあんまり日焼けしてしまいませんように。いつも乾草取りのあとは真っ黒日焼けで街の人たちにびっくりされます。
だけどやっぱり一番大事なのは、いい乾草が沢山とれること。
いい乾草取りになるように、朝からはりきりつつもじわじわゆっくり、気合をいれはじめている私です。


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 06月 01日 | |
先日からちらりちらりと載せている「みのる」さん。今年わが家にやってきた新入り・手押し式種まき機械です。
釜津田では最近トラクターにつける大きな最新の種まき機が大流行中だけど、わが家の規模ではそれは少々高値の花。あ、間違えた、高嶺の花。
そしてそれを嘆いていると、知り合いが、「うちじゃもう使わないから持ってく?手で播くよりは少しは早いかも・・・」とみのるくんを紹介、譲ってくれたのです。
はじめはどんな機械だかさっぱりわからず「???」だったのですが、これがなかなかの素敵な道具(機械というより道具かも)。

みのるさんは、デントコーン播きの流れ―土を掘る、二つずつ種を落とす、土を寄せる(かける)、覆土を押し固める、を実に巧みに再現してくれるのです。
そしてそれを実現するためのさまざまな工夫―微妙な車輪の傾き、大きさ、角度・・・あぁ、誰かがどこかでここをこんな風に工夫したんだ、みのるさんの動きに感動さえ覚えてしまう私がいます。
世の中にはいろいろなことを考えて道具にする人がいるんだなぁ。本当にしみじみ。
が、完璧なものなどなかなかないもの。みのるさんもまたしかり。
素敵で実にスムーズな種まき作業を実現するみのるさんは、実は石ころ、傾斜、固い土、そんなオフロードチックな場所がちょっと苦手。いや、大分?そいういう場所ではカタンと動きが止まってしまうのです。
そして運の悪いことに、わが家の畑はそんな畑。というか、畑って基本的にそんなところばかりかも・・・。

ということで、なかなか悪戦苦闘だった今年のみのるさんの操縦。
けれど、どこか愛らしく、石に乗り上げガタガタ空回りしているみのるさんは、火星でちょっとつまずいた火星探査機のようにも見えます。
そしてまた、自立も苦手なみのるさんが、休憩時間に畑のかたわらに、コロンと横たわっている様子は、自転車を土手に投げ出す青春時代のようでもあり・・・。
つまり基本的には気に入ってしまったみのるさん。
来年は、みのるさんが苦手なオフロードをもっと軽やかに突き進めるような何かいい工夫をみつけて、みのるさんにパワーアップしてもらいたいな、と思っています。

f0236291_944711.gif



(あぁ、でも大型機械もステキだなぁ・・・嫁のつぶやき)。

▼ あらためまして、みのるさん。
f0236291_973029.jpg
▼ ホントに本名、みのるです。
f0236291_98616.jpg
▼ みのるさんの心臓部。ここの円盤が回転しつつ、穴から種が落ちていくしくみ。
f0236291_982169.jpg
▼ さて、釜津田はツツジのまぶしい季節です。
f0236291_930623.jpg




人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 30日 | |
季節と農作業が駆け足で一気にすすむこの頃の釜津田。
わが家ももれずにその勢いで、昨日、一昨日でデントコーン播きも無事に終えてしまいました。
デントコーンは牛たちの餌用トウモロコシ。あの(あの?)うんと背が高くなり、夏の釜津田の色ともいえる緑の畑を演出するトウモロコシです。

さて、そのデントコーン播き。今年はTAAさんと二人でこつこつ播きました。近所で大型のデントコーン播き機(トラクターにつけて、あっという間で播いてしまう、凄いもの)を貸してくれるという素敵な話もあったのですが、なぜでしょう、結局手播きをすることに。そして、まぁ、のんびりやるか、という感じで結局、結果、二人作業。あれー、おかしいな、と思いつつ、頑張りましたな今年でした。

そうしてその今年のデントコーン播き。ひとり地味に作業をしていると、急にコツがわかりました。もう10年近くやっている作業なのに、今年急に、あ!とひらめいてしまったのです。
それは種を播く左手の動き。
種を播くように掘った穴に種を入れるのではなくて、種を放るための穴をあけ、そこにただ、ぽとんっ!ぽとんっ!と放っていけばいいのです。あぁ、言葉では伝わらないかもしれないけれど、これがまぁ、コロンブスの卵的発見。そしてまた、その左手の、種を放る感じの軽いこと。

・・・で、ひとり(いや、二人)での地味な作業のことなので、そこからひとりあれやこれやと考えました。
そうしてわかりました。
その感じ。ピーナッツを口に放り込む感じとなんだか似てる。
そうしたらだんだんおかしくなってきて、それなら大きくみれば、地球のお口にピーナッツを放り込んでる感じなのかも♡

デントコーン播きは地味な作業。妄想はつねにその動力源。

f0236291_1041732.gif



素敵な「みのるさん」については、またあらためて。

人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 29日 | |
昨日まで長く続いた田植え日記 by photo。
本当に長々しつこく載せたり書いたりしたのですが、それはひとえにやはり楽しかったから。
みんなでワイワイ、天気もよく、作業もはかどり完璧な一日。
けれど少し心配にもなります。
こちら―大人たちはみんな多分とっても楽しかったけど、あの二人・・・そう、小学生のお二人は果たしてどうだったのかしら、と。
実は二人は運動会あがり。
偶然やってきたじいじとばあばとビネガー(←多分ここが一番大事?)の家で「明日は田植えだぞー」の言葉に、返ってきたのは確か「・・・・・・」だったような。

そんなこんなを踏まえてあらためて田植えの日を振り返り、思うのです。
農家の孫はえらいなぁ。嫁は見習うことが多いです。それもまた今年の一番の思い出のひとつです。

f0236291_5272775.gif




▼ さて釜津田は今度はデントコーン播きの季節。わが家も昨日、今日で頑張り中。(写真は今年の新入り、種まき機「みのる」君)
f0236291_5365144.jpg


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 28日 | |
(昨日からのつづきデス☆)

さて、最初のひと植えからエンストを起こし、みんなを心配させたTAAさん&田植え機でしたが、その後はすぐに復調。気を取り直して出発です。
ゴトゴトゴトゴト、カッシャンカッシャンカッシャン。うん、いい感じ。
f0236291_459484.jpg


あっという間に旋回(田んぼが小さいから)。なんにしても、順調、順調。
f0236291_514652.jpg


田植え機の肝。
f0236291_544644.jpg

ここの爪が苗の束から数本ずつの苗をちぎり取り、そのまま田んぼへカッシャン、カッシャンと植えていきます。静止画なのが残念なくらいいい働きっぷり。と同時にその動きはまさに人の手で、機械は人の動きを模したものなんだなぁ、とあらためて思います。

さて、田んぼの傍らでは「TAAさん&田植え機・仕事ぶり評価団」が二名に増員。薪割りから田んぼへ(やっと?)やってきたIさん。
f0236291_5103161.jpg


と、意地悪な嫁の視線を感じたのか、「あ、オレ、ならし方(かた)やるよー」と田んぼにとびこんだIさん。「ならし方」は、トラクターなどが凸凹にした田んぼの底をあらためてならす係。深さが凸凹だと、苗がうまく植えられなかったりして困ります。その予防。とっても大事。そして何より力仕事。Iさんありがとうデスーと、嫁、バンザイ。
f0236291_5165350.jpg


ちなみに上でIさんが持っているのが、先日入手したアルミの代かき。

f0236291_5214277.jpg

あ、キマッテル。

そうして作業は着々と進み・・・
f0236291_5183727.jpg


空にはピューンと飛行機雲。
f0236291_5194348.jpg


と、さし苗隊登場。TAAの弟Y君と義父の親子隊。
f0236291_523124.jpg


さし苗は、田植え機がうまく植えられなかった田んぼの四隅や、途中途中の欠株を補う作業。田んぼのなかをひたすら歩き、適宜苗を植えていきます。田植えといばこうして田んぼに入るイメージだったけど、今ではあくまでも機械の補助的な作業。昔を知っているわけではないですが、楽な時代になったのかな、とあらためて思います。

あ、増員。
f0236291_5302131.jpg


シンクロ!
f0236291_5314660.jpg


と、はしゃぐRちゃん(妹) ↓ 。写真がいまちだけど、実はここで踊っています。小学一年生には田植えの面白みはちょいと難しいのかもしれません?!
f0236291_5343484.jpg


と、と、と。あれ?よく見たらIさん、代掻きが木になってる。
f0236291_5394567.jpg

アルミ製の代かきは軽くていいと思ったのに、そこそこ重みがある木製がIさん的には気に入りだったみたいです。ちなみにIさん、職業は大工さん。田んぼの土を代かきでならしながら言っていました。「セメントを練るより難しいなぁ!」・・・そんなもの?!そして、とことん平らにならないと気が済まないのは職業病とか(笑)。田植えひとつ、代掻きひとつもいろいろな世界とつながっているみたいです。

さて、Iさんの代かき談義に脱線しましたが、Rちゃん(姉)は、黙々と刺し苗作業に没頭するほか、合間合間にはこんなこともしていました。苗箱洗いです。これがなかなかの大仕事&面倒くさい仕事。そして、小学5年生にしてこの瞬間移動的仕事ぶり。ただただ感心。
f0236291_5431374.jpg



ギャラリー増えてる。お客さま第二号はおとなりのおじいさん。
f0236291_5443449.jpg


お隣のおじいさんは、毎年田植え、稲刈りの時には必ずこうしてやってきます。田んぼや稲の様子、機械の調子、もしかしたらわが家の面々より毎年のことを覚えているかも。TAAさんはこの後、田植え機を降りてしばし談笑。一緒にお茶のみ。恒例も楽しい田植えです。
(そしてこの後、さらに近所のTさんも。写真がないけど、ときどき覗きにやって来て、こちらは進捗状況のチェックをマメに(笑))。

田んぼの隅にさし苗用に置いた苗束にはトンボ(見えるかな)。
f0236291_5511370.jpg


青いのも(色がきれいで大好き)。
f0236291_552929.jpg


そしてアカハラ~(イモリ)。
f0236291_5552100.jpg


↑ 今回背中のみですが、ひっくりかえすとお腹が真っ赤。私は大丈夫なのですが、今回の田植えメンバーにも釜津田の中でさえ、「きゃ~やめてー!」と苦手派多数。かわいいのになぁ。こんなアカハラも田植えの恒例メンバーの一員。

そうして田植えも気づけば終わり。
f0236291_55895.jpg



ちゃこさん、みんなをお出迎え。
f0236291_5591255.jpg



みんなでの田植え作業は1時過ぎごろの終了。それからみんなで外で焼肉・・・風味の焼きおにぎりをたらふく食べ、田んぼの水口で冷やしておいたお茶、ビール・・・等々で乾杯しました。
全ての片づけなどを含めると最終的な終わりは夕方5時頃でしたが、みんなのおかげでの夕方5時。
私もこんなに写真もとって、楽しい一日になりました。
収穫の楽しみ以外にも、こういうのが農家の楽しみなのかな、とふと思ったりもした一日。
最近いろいろ思います。しみじみ思ふ年になったのかもしれません。

なんにしても本当に楽しい一日でした。
長々おつきあい、ありがとうございました。今日はこれからデントコーン播き。牛の餌用のトウモロコシ播きです。ガンバリマス!



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 27日 | |
最近、田植え、田植えと言っていましたが、昨日がとうとうその本番のわが家でした。
昨日は今年の田植えは、前日からやってきていたTAAの弟Y君家族と当日急きょ参加の親戚のIさんと、総勢9人の、今までにない大人数でのにぎやかな田植えになりました。
にぎやかさが楽しかったのと、大人数で人手に余裕があって、少し写真をとる時間があったので、今年の田植えは写真日記で。
というか、また写真日記?最近このパターンが多いですが、お許しを。

さて田植えの朝は朝からとてもいい天気の中、風もほとんどなく(風があるとせっかく植えた苗が倒れたりしていまう)、「絶好の田植え日より!」とみんなが得意になるような日でした。田植え日よりだったのは、誰のおかげ?という感じで。
f0236291_5421750.jpg


朝一に田んぼ入りは、わが家の田植え機(まだ名前なし)。昨年知り合いから破格でゆずっていただいた、わが家のなかではかなり贅沢な機械のひとつ。ぴかぴかと少し得意気。
でもちゃこはあまり興味がないみたい。朝早くからヒトの往来が多いので、気になりつつもまだ寝ぼけ顔。
f0236291_5505970.jpg


そしてなぜか薪割りに夢中なIさん。今年はGW中の子どもたちといい、薪割りがわが家のまわりのプチ・ブーム?
f0236291_5533927.jpg



さて、ハウスでは、種まきから約ひと月ちょっとを育てて苗を運び出す作業がはじまります。
わが家は土の上にじかに苗箱を置いているので、根が地面まではっていて、それをはがすのが一苦労。
えいや、と苗箱を持ち上げて、そこについた土と余分な値を専用の板でそぎ落とします。
f0236291_5564596.jpg



今年の力強い苗箱運び隊。Rちゃん(姉)。
f0236291_5595391.jpg



姉妹共演(もとい、協働?)。
f0236291_615351.jpg


奥はママ。みんな貴重な仕事と学校の休みなのに、えらいなぁ・・・!(と、ここでわが身は振り返らない)。

一方、田植え機の横にはお客さま第一号(おむかいのT弥さん。後々3号まで登場)。
「さて、その立派な田植え機は今年はどんな働きぶりだか」。しっかり腰をおろしてスタンバイ。本人宅の田植えは明日だそう。
f0236291_654862.jpg


そしてTAAさん、渾身のスタート!
f0236291_69218.jpg


・・・・・・とのはずが、実はエンスト。かっこ悪~と、超焦っているTAAさんの図 ↑ 。
というところで、今日の日記はタイムアップ(今日はこれからさし苗とか、次のデントコーン播きの準備とかなのです)。
ということで、続きはまた後ほど。さぁ、どうなる?!わが家の田植え!?(つづく)


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 25日 | |
田んぼの代かきも無事終わり、水もいい感じに張られ、いよいよ田植えの本番を待つばかり!な田植え前の昨日のこと。午後、少し遅めの時間から急きょ街へ行ってきました。
田植え用の代かき(道具)やら食料やらをやはり買に行ってこよう!ということになったのです。
冬の間―この半年―というより、牛がいる間ではなかなかできない思い切り。
冬道をあちこちを迂回しなくてはいけない(つまり時間がすごくかかる)つい先月までではとうてい上がらない腰のこの軽やかさ。あぁ、こんなところでも春を実感。
と、そうして出かけてきた先で、急ぎ足だったけれど用がいろいろすみ、昨夜は帰宅後とっても満足。
もうみんな寝ているので、こちらもそのままバタンキューで寝れるの密かな楽ちんポイントでもあり・・・たまにはね、こういう強行スケジュールもいいかもね、と思いました。

なんにしても、これで心置きなく安心して、準備万端で田植えの週末を過ごせそう。
さて、わが家の田植えの本番はやっと?いよいよ!明日です。
f0236291_10135081.gif



そしてまた、田植えと一言でいうけれど、こういうバタバタした準備期間も含めてが田植えなのかなぁ、とも思うこの頃です。


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 16日 | |
今日は朝からわが家の田んぼに水が入りはじめました。
ザーザーザー。いい勢い、キラキラ綺麗。一冬静かだった田んぼが一気に生き返るみたいです。
f0236291_13353746.jpg



ザーザーザー。ジワジワジワ。水が少しずつ広がっていきます。
f0236291_13361865.jpg



田んぼの水は沢水で、沢水をひいた用水路のここから田んぼへ流れていきます。ジャブジャブジャブ、と今日は朝からこのあたりの草刈りやら補修やら。ここがわが家の田んぼの水の要なので、漏れたり決壊したりしないよう一応いろいろ注意して。
f0236291_13365372.jpg



一方、田んぼに水が無事流れ込みはじめたら、それぞれ他の外仕事へ。
今日は私はオクラハウスの草取りを少々。先日少し水をやったら、オクラも元気になったけれど、雑草も大きくなってしまったのです。
コツコツ、せっせ。
ちなみに私の草取りバケツ。毎年載せているような気がしますが・・・だってお気に入りなのです。ふふ。先日撮影。
f0236291_13381520.jpg



そしてオクラは今こんな感じ。葉っぱの裏のつぶつぶが大分増えてきました。これはオクラのねばねばの成分と同じもので、オクラが元気な証とか。触るとかゆくなるのですが、沢山ででてくるのが楽しみです。
f0236291_13385319.jpg



さて、雑草にまぎれていいもの発見。シソの芽です。先日のトマトと同じくこぼれ種から出てきたものです。そしてトマトと同じくこれもコツコツ集めてシソ畑の苗にします。トマトとシソは毎年こんな感じでつくっています。
f0236291_13395278.jpg



で、先日のトマト。大分大きくなりました。
f0236291_13403229.jpg



そしてジャーン!こちらは先日播いたワサビの芽!
なかなか芽が出る気配がなくて心配していたのですが、やっとちょびちょび出はじめました。
f0236291_13411830.jpg

ひょろひろの小さな野菜・アルファルファよりさらに小さいような芽です。でもこれからどんどん大きくなっていくはずです(多分)。

こちらの芽はシガワリ(絹さや)。春一番に蒔いて芽がでるたのもしいヤツ。
f0236291_1342252.jpg



アスパラはあっという間にこんなになって、採って食べるのに急かされるよう。
f0236291_13423570.jpg



雑草の種類がいつの間にか変わりました。ナズナの白にスズナの黄色。
f0236291_13431040.jpg



黄色といえば、スイセンの黄色に変わってタンポポの黄色が鮮やかな季節になりました。
f0236291_13442496.jpg



田んぼの水辺にはアサツキの茂み。
f0236291_13452843.jpg



これはノビル。酢味噌和えは田んぼの季節に時々登場するおつまみ もとい、おかず。
f0236291_13455829.jpg



そうこうするうちに、下の田んぼにも水が大分しみてきました。
f0236291_13464641.jpg


田植えは早くて今月末。それまでにいろいろ準備がはじまります。
以上、今日は写真de今日のお仕事日記でした。ふぅ!



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon